ジギングの根がかり対策 急潮のポイントでのジギングでは一考

シェアする

急潮カケアガリの好ポイントで根がかりを避ける

 meikeimaruの推論と失敗から生まれたノウハウ

meikeimaruの推論と失敗から生まれたノウハウ、テーマは、「ジギングの根がかり対策」です。

ジグにリーダーにと随分海を汚してしまいました。時合いの時の根がかりは悔しく、そんな失敗から私なりに考えたノウハウ集です。

大きなフックがたくさんついているジグは、磯回りのポイントでの根がかりは想定範囲ですが、何とかリスクを減じたいです。

潮の緩い場所ならば回避もできますが、明石海峡や鹿の瀬では、4ノット前後の潮の流れに船を乗せます。40mのカケアガリを釣れば、根がかりを避けるのは容易でなく、秒速2mの速さで動く対策です。

60mから20mへのカケアガリは崖

60mから20mへのカケアガリは崖。ここを秒速2mで移動する

 目次

○ 根がかりのリスク

〇 リーダーとPEラインの結束と双方の強さの関係

〇 フックの位置、数

〇 リングとの結束

〇 フックを眠らす

〇 あとがき

 根がかりのリスク

一番やっかいなのは、「高切れ」です。

例え、PEラインが切れなくても、ノットからリーダーを失うと、予備タックルがない限りその「時合い」はタイムロスで失います。

最悪でもジグだけのロストで済めば、すぐに戦線復帰できる、リスク管理です。

潮が速く流れる時でも、着底時期を見極めて、着底した瞬間にジグを動かすことが最大の効果です。着底を見過ごして磯場を引きずれば、まず根がかりです。まず一番の肝です。

 <私が気を付けていること>

  • 着底が近くなれば、ラインをセーブして着底をわかりやすくする。
  • 10-20mシャクって落とす、2回目は確実に糸ふけが大きくなっています。潮の速い時、3回目は絶対に一旦手元に回収してから再開。
  • 糸ふけが出れば着底が捉えにくく、根がかりの大きな原因。

 リーダーとPEラインの結束と双方の強さの関係

 <私の場合の基本>

・自分で熟度を上げたノットで、リーダーを丁寧に結束する。
・私は、MIDノットorフィッシャーマンノット改良版.
・リーダーの強度を上げ過ぎない。×4までのリーダー使用 PE2号なら8号までのリーダー。

リーダーの強度を号数で見た場合の×4以上は、高切れのリスクが高くなります。痛い目を何回もしています。2号の8号か3号の12号を多用です。

 リングとの結束

通常、クリンチノットでリングと結束しますが、ここを若干弱めにする結びがあります。弱いと言っても、基本的にブリもOKでしょう。リーダーやラインよりこの結束が比較で弱めならば、ここがヒューズとしてラインを救います。

 東田結び

図を参考にしてみてください。これは、結束部分をヒューズとする設定です。結構、明石海峡ではプロも使用しているようです。

東田結び

東田結び、これはリーダーを守るヒューズになる

東田結び

ハーフヒッチを2-3回と増やせば強度は上がるだろう

 フックの位置、数

磯場のあるところでのフロントフックのみは、一般的です。

私の場合、潮の速い大きなカケアガリで、潮流速度のピーク前後はフロントフックのみでリスク低減を多用、潮が速くない時間帯は、前後に装着させフォール主体の釣り方です。

潮の速い時にリア装着で随分授業料を払いました。

ジグのフロントフック、リアフック

ジグのフロントフック、リアフック

 一般的な対処方法、フロントフックのみ

潮が速い時の対策で、実効性があると思うフロントフックのみの設定。

ジグフロントフックは根がかり対策になる

ジグフロントフックは根がかり対策になる

 リアフックをシングルにして短くする

少し欲が出てくると、こうなりますということだが、若干本末転倒の思いです。

リアフックをショートのシングル

リアフックをショートのシングル

ジギング、フォール多様ならば前後フックのバランス

フォール多様ならば前後フックのバランスが必要

 フックを眠らす

エサ釣りとは違い、ジギングで魚はフックではなく、本体を食ってくるのをカケる場合が多いので、根がかりを減らす目的でハリを眠らすのは、魚へのかかりも減ってしまう可能性があります。

私の場合、底物狙いではなく、青物狙いでは眠らせず使いますが、いかがしますか。

プライヤーでフックを挟みハリ先を懐に入れます。滑る場合は、ゴムシートで挟みます。

ジグフックの先を懐に曲げて眠らせる

ジグフックの先を懐に曲げて眠らせる。一長一短です。

フックを眠らせるのはプライヤーで締めます

フックを眠らせるのはプライヤーで締めます

金属の塊に息を吹き込んだようにして動かし、魚に錯覚をさせ、ジグを食わして大物を釣る。ハリに付けたエサとは違い、ジグを色と動きでエサと思わせ、釣り上げる面白さは、やればやるほどに深みにはまりそうな、ボート釣りのジギングのお話です。

 あとがき

何をしても根がかる時はかかるのが私のジギングで、いつまでも上達しないですが、「着底時の意識と工夫」は、忘れないようにします。多くの根がかりは、ボケーッとした瞬間に訪れます。

大きなカケアガリには、ベイトがたくさんつきますので、それを狙って大きな連中も来ますので、最高のポイントです。根がかりを避けてフッキングさせて、50mの水深から引きずり上げる時にも、船は流れて崖に迫ります。今度は、根ずれとの戦いです。

だから、ジギングは面白いです。

野心を胸に海へ出て、大物を狙いましょう。

今釣れている旬の魚の実釣記録です。狙った潮で釣った胸のすく釣り、まぐれで嬉しい釣り、実力の貧果まで、来年の今日のための実釣記録です。99.9%ひとり気ままに午前中だけの釣りですが、おいしい魚の釣りものを参考にどうぞ。
meikeimaru の失敗から生まれた推論と実戦のノウハウ集です。ボート釣りでの仕掛けやタックル、釣り方など、実釣記録に基づく活きた内容として、情報提供をします。播磨灘で培った私のノウハウですが、参考にしてください。
meikeimaru のボートノウハウとメンテナンス ボートの操船や維持のノウハウや、艇体や船外機エンジンのオイル交換、グリスアップ、定期交換部品などのメンテナンス方法や作業手順をわかりやすくまとめています。