Daily Happening 過去ログ 13

過去ログページ 12(2024/01-2024/06)

過去ログページ 11(2023/07-2023/12)

過去ログページ 10(2022/12-2023/06)

過去ログページ 9(2022/06-11)

過去ログページ 8(2022/01-05)

過去ログページ 7(2021/09-12)

過去ログページ 6(2021/05-08)

============================

 2024/07/18 フックを根巻で巻き上げて作る

サビキ仕掛け以外は自分で作るようにしている。特にジギングフックは自分でアシストラインを結んできた。既製の市販品は予備以外は使わず、外掛けや内掛けで結んできた。理由は、コストも大きな要因だが、自分で作った仕掛けやハリで釣りたい。これだ。特に、仕掛けやフックラインの長さをいろいろ作って、うまくいくとそれは面白い。人が作ったものと自作では、根本が違うので、間違っていて釣れなくても、それも釣りだし、うまくいけば1匹でもうれしい。
最近は、トレブルフックのミノーもシングルフックで釣ろうかと、只今製作中。極短のラインで小さく軽いフックを継ぐと、リングと違いその動きの自由度が効果を生むそうだ。どうなのかはわからないが、やってみて正解だとうれしくなる釣りだ。まあ、どれが正解だかわからない場合もあるが、それでもいい。
このトレブルフックのシングル化は、前に書いたトラウマに起因している。7月の狙いものの画像の内、ツバスが並んでいる釣果写真で、1匹がエラ部分を切ってあるが、あいつが張本人で、エラから背骨を切って締めて静かにさせてから、フックを外した。その痕跡だ。
それを「結ぶ」ではなく、最近から根巻糸を巻き付けて市販品のように作っている。糸を巻き付けて固定したら、マニュキアを縫ってオリジナルにする。100円屋でじいさんがマニュキアを物色している姿が異様ながら、本人は面白がっている。
「結び」の在庫もたくさんあるので、通常のジギングではまだ登場しないが、キャスティングは先行登場だ。それでもジギング用は、小艇のフォールで釣る釣り方に、段差が大きくあるアシストシステムを試してみる。どちらもうまく釣れれば、お祝いだ。
だから、釣りは面白い。

  2024/07/11 梅干し

天気予報は、熱中症!熱中症!の連呼だ。確かに、7月上旬にも関わらず猛暑日が続くが、それにしてもエアコン環境を言い続ける。24時間エアコン付けになると暑さに対応できなくなるだろう。自分なりにものさしをつけないと、釣りに行ったらコテンとなりそうだ。まだ、海上では海水に冷やされた空気がるので、直射日光を避ければ何とかなるが、帰港後は容赦ない暑さに見舞われる。
釣りに行きたいが、熱中症にはかなり気を付けないといけない。水だけ飲んでも飲まないよりはよいだろうが、細胞に吸収されない。塩分とミネラルが必要で、双方を備えているスポーツドリンクと夏の定番の麦茶、必須だ。あれば、スイカにキュウリ。これらをたっぷりの氷を入れたクーラーで持参するのは、夏の釣りに欠かせない。
もうひとつ!「梅干し」。高価な南高梅でなく中華製でも何でもよいので、ボートに在庫を置いておくと効果がある。塩分とミネラルを備えているので、利き目があり、間違いない。朝と昼に1個づつ食べれば、水分の吸収がよくなるので、予防薬になる。勿論、先のスイカとキュウリも塩ふって食べればミネラルたっぷりの効果は、これ毎年実感する。梅干しと塩は、標準携行品だ。

ところで、ひとつだけご注意を。食べた梅干しの種、ペッと海に捨ててはいけない。種飛ばし競争のごとくペッとやりたくなるが、古くから「時化」を呼ぶと言われている。海に種を捨ててはいけないそうだ。ボート釣りに突然の時化は、怖い。ところが、時化になって種を捨てると時化が収まるとか……。語り継がれているような迷信でも、海の上のことは守ったほうがよいだろう。

 2024/07/02 トレブルフックのトラウマ

トレブルフック(トリプルフック)、そうルアーでは普通の3本のハリがあるフックで、一般的だ。ミノーの多くは標準装備なので、キャスティングをする時は、何も考えずに使用していた。ある日、99mm14gの小さなミノーをMクラスのシーバスロッドで、ツバスの群れを狙い小気味良い引きを楽しんでいた。ツバスは、抜き上げられるが、暴れるので玉網で捕るようにしていた。魔が差したのか、ホイと抜き上げたら案の定バタバタ始まった。押さえようと思ったところフックが指に刺さり、さらに暴れられがっちりフッキング、前後フックでツバスとつながってしまい、まことに素人なことをしてしまった。

暴れるツバスを締め、さてどうしたものか……、手段はひとつ、力任せにペンチで抜いたが、そりゃ痛かった。玉網で捕って、宙に浮かした状態にするとツバスはおとなしいが、ミスをした。こんなフック付けて医者に行きたくない一心だったが、恐ろしいことをした。突き抜けさせ、バーブをニッパーでカットが一番簡単だが、薬指は細くそれができず、恐怖を味わった。

以降、トレブルフックは、怖い。グローブで押さえて大人げないほどのプライヤーで抜くが、完全にトラウマになっている。でも、釣りたいが僅かに勝っているので、使うに使うが……。

そこで、最近は、ミノーのサイズを問わずにシングルフック化を始めた。同じハリでもシングルだと恐怖感が出ず、トラウマ感が消える。せっせと、根巻でシングルフックを作って、そろそろ始まる今シーズンに備えなくてはと、道具をそろえて作っている。

皆さん、トレブルフックは怖いですから、お気を付けください。