釣りの名文句「上げ七分、下げ三分」これは何?正しいのか。

シェアする

「上げ七分下げ三分」は、言いえて妙

 meikeimaruの推論と実戦ノウハウ

釣りの言葉に「上げ七分下げ三分」というのがあります。

釣れる時合いを表していて、確かに言い得て妙です。

明石市江井ヶ島海岸の美しい砂浜

明石市江井ヶ島海岸の美しい砂浜

海で釣りをして、釣れる時間帯、いわゆる時合いが来る時間帯を表しています。

いろいろなケースが考えられますが、70-80点の正解と思いますし、釣りをするタイミングの基本はこの時間帯を狙えば、釣れる確率は高いと言われます。

ただし、そのポイントの特性もありますし、またこの「上げ七分下げ三分」すべての時間帯が時合いとなるのではなく、時合いが一番多く出る時間帯が「上げ七分下げ三分」ということです。ここが難しいところです。

また、「下げ七分上げ三分」で釣れる場所や魚種もあるので、70-80点ということです。しかし、「上げ七分下げ三分」は、海で釣りをするときに潮汐がとても重要だと表している言葉です。

釣りをまったくしない人から見れば、毎日毎時間同じように海の至るところすべてに魚は泳いでいて、エサを見つければいつでも食べ、釣れないのが不思議?と思うかもしれません。我が家族は少なくともそう考えています。ましてや、ボートで沖に出て釣れないことがおかしいと思っているようで、「今日の潮では釣れない」という意味が、とても難しい解釈のようです。

池の鯉や金魚にエサを与える感覚です。

さて、上げ七分は、満潮へ向けて潮が満ちていき、七分ほど来たところを表現していて、下げ三分は、満潮から下げ潮で干潮へ向かい、三分ほど過ぎたあたりを言っています。七分は70%、三分を30%経過とします。

潮汐による潮の干満での狙い

 次のタイドグラフ(*海上保安庁HPより)は、2019/1/7の家島です。

タイドグラフ(*海上保安庁HPより)

  • 2019/1/7の干潮 4:28、満潮12:29と6時間1分後の上げ潮。
  • 上げ七分の70%は、干潮から5時間36分になる。
  • よって、午前10時過ぎから上げ七分になる。
  • 再び干潮は、18:18 で、それまで5時間49分間が下げ潮。
  • 下げ3分は、満潮から1時間45分後。
  • よって、午後2時過ぎが、下げ3分。
  • この場合、上げ七分下げ三分は、午前10時過ぎから午後2時過ぎまでの約4時間を示す。
  • 潮止まりの満潮時刻は、食いがいったん止まるのが通例。
  • 集中する時間帯は、満潮前後の2時間弱と、これでわかる。
  • 魚種やポイントによっていろいろだが、狙いはつけられる。
干潮から上げ三分 潮位50cm

干潮から上げ三分くらいの夜明け 潮位50cm 潮が動き始めたレベル。

満潮潮位130cm

満潮潮位130cm 砂利浜の上まで潮が来る。

潮汐は、大雑把に6時間単位で満潮干潮が繰り返されています。勿論、2時間や3時間や事例のように8時間で干満が出る場合もありますが、簡単に6時間と考えます。

上げ七分は、満潮時刻まで2時間を切った辺りで、下げ三分は、満潮から2時間を経過するころまでの3-4時間は時合いの確率の高い、魚が良く釣れる時間帯ということです。

基本的に時合いが来る時間帯だと思って釣れば、間違いがないです。さらには、満潮が朝の時間帯に来れば、狙い目の潮回りとなります。そしてそれが、潮の良く動く日で、天気に恵まれれば、なかなか良い思いができる釣り日和です。

そして、潮の流れが大事です。太陽と月の引力で海水は動きますが、単に潮位が上がればよいのではなく、潮汐により海水が高いところから低いところへ流れて行き、潮の流れが作られることです。これが肝です。

潮が流れることで、プランクトンが豊富に動き、それをエサにする小魚や甲殻類の活性が出ることで、それらを食べる魚も動き始め、食い気が出てきます。この食い気が出るピークが時合いです。

上げ七分から始まり、潮が満ちて潮位が高くなり満潮が来ます。この時は「潮の流れが止まる」という時間で、海がトロンと静かになります。潮が動かないと、食いが止まることが多く、そして干潮へ向けて潮位が下がり始めて潮が動き始めると、食いが再び出てくることになりますが、この満潮の前で時合いが来るのか、満潮の後で時合いが来るのかは、ポイント等で違ってきます。この七分から三分の時間帯は、その釣り場でチャンスをつかむ、良い時間帯でしょう。

また、潮位の大きさで大潮や小潮などがあります。満潮と干潮の潮位差が大きい大潮は、当然ながら潮の動きが速くなりますが、小潮でも潮位差の大きい時間帯があることもあって、潮の動きが速くなる日もありますので、潮汐表のタイドグラフでチェックして、潮の動きを予測します。

満潮潮位130cm

満潮潮位130cm 石積みのかなり上まで潮が上がった。

干潮から上げ三分潮位50cm

干潮から上げ三分くらいの夜明け 潮位50cm 潮が動き始めたレベル。

潮の流れ「潮流」も大事な要素

潮の速い海域のひとつとして明石沖があります。明石海峡の速い潮の流れの影響で、海峡から約5海里(約9km)ほど離れたポイントのカンタマやヒヤガリでも、ボートを5ノット(約9km)という速さで流して行く潮もあり、潮の流れを大きく受けるところです。

ここでは、満潮干潮を目安にするのではなく、上げ潮(西流)下げ潮(東流)の転流時刻や、さらに転流の中間時間帯の潮流最速時刻を目安にして、釣れる時間帯を見ていきます。

自ずから、青物、タイ、タチウオ、メバルや根魚、さらにはタコ、それぞれ狙う時間帯が変化してきます。明石海峡周辺のポイントでは、この潮流の速度でそれぞれの魚の食事時間帯が違います。そのポイントの釣れる潮の見極めはたいへんむずかしいですが、釣った時は至福の瞬間です。

 次のグラフ(*海上保安庁HPより)は、明石海峡の潮流状況を表しています。

  • 2019/1/6 21:00から1/7 21:00までの明石海峡の潮流状況を表すグラフ。
  • 縦軸が潮速。中心が0knotで転流点。
  • 上へ上げ潮(西流)、下へ下げ潮(東流)。上下へ伸びるほど潮速の速度は大きくなる。
  • 横軸は、時間経過。
  • 上げ潮最速時は、6.3ノットとかなり速い潮流になる。
  • 満潮時刻は、上げから下げへの転流時刻が、この日はほぼ近似値。
  • 明石海峡周辺の釣り場では、潮汐表より潮流状況が重要な役割になる。
  • タイやタチウオ、メバルや根魚を釣る時に転流時刻の前後はセオリー。
  • 上げ潮から下げ潮の転流を満潮として判断。
  • 青物の時合いは、場所で違うし、潮速で違う。

ただし、これは一般論で例外は多数あります。先の「下げ七分上げ三分」で釣れるポイントや魚種もあるくらいですから、自然相手で相手の食い気が左右するのですから、これまた難しいものです。

私も基本的に「上げ七分下げ三分」を狙っていますが、簡単に釣れてくれません。あくまでも一般論で、思うようにはいきません。これがしっかりできたら大したもので、漁師や釣り船の領域です。

明石海峡の潮流の流れを大きく受ける江井島沖

江井島沖は画面左の明石海峡の潮流の流れを大きく受ける。

*出典:海上保安庁ホームページ(掲載可能を確認済)
  海の情報-潮汐推算、明石海峡潮流情報 より
https://www.kaiho.mlit.go.jp/05kanku/contents/information/

今釣れている旬の魚の実釣記録です。狙った潮で釣った胸のすく釣り、まぐれで嬉しい釣り、実力の貧果まで、来年の今日のための実釣記録です。99.9%ひとり気ままに午前中だけの釣りですが、おいしい魚の釣りものを参考にどうぞ。
meikeimaru の失敗から生まれた推論と実戦のノウハウ集です。ボート釣りでの仕掛けやタックル、釣り方など、実釣記録に基づく活きた内容として、情報提供をします。播磨灘で培った私のノウハウですが、参考にしてください。
meikeimaru のボートノウハウとメンテナンス ボートの操船や維持のノウハウや、艇体や船外機エンジンのオイル交換、グリスアップ、定期交換部品などのメンテナンス方法や作業手順をわかりやすくまとめています。