マダコのオスとメスは、吸盤で見分ける

シェアする

明石タコの吸盤を見ると、雌雄の違いがはっきりとわかる

 meikeimaruの推論と失敗から生まれたノウハウ

マダコ500g程度の大きさのオス

マダコ500g程度の大きさのオス

meikeimaruの推論と失敗から生まれたノウハウ、テーマは、「タコの雄雌見分け方」

マダコの雄雌は、ある程度の個体になれば「吸盤」の形状を見れば、まず一目でどちらかがわかります。

八つあん、鉢巻締めているか、リボンをつけているかではなく、雌雄の違いの吸盤は、ゴツイ力強さと、きれいな優しさを表現しています。まさに雌雄の違いです。

しかしおもしろいことに、メスの方が最終的に大きく成長します。サワラやマゴチも80cm以上はメスですが、他にもメスが大きくなる種もあるようです。

マダコの顔つきはみんなこんな感じ

マダコの顔つきはみんなこんな感じ

〇 マダコとは

〇 雌雄の見分け方

〇 あとがき

 マダコとは

軟体動物 タコ目 マダコ科に属し、日本においては、常に需要が供給を上回るような食材で、近年アフリカや中南米産が一般的に出回っていますが、味の良さでのブランドは播磨灘明石沖の「明石タコ」でしょう。

産卵は地方により違いがあるようですが、明石沖では春と初秋です。お盆頃になると、マダコは産卵行動に入り釣れなくなります。産卵後、メスはひたすら孵化に向けてタマゴに水を送るなどの世話をして、生まれるのを見届けて寿命を終えるのが大半とされています。

タコの寿命は1年と言われますが、いくら大食漢で成長が早くても、1年であれほどに大きく成長できず、2-3年は寿命があるとされ、オスは一生に1回の交尾後に寿命を終えると言われています。

とにかく、マダコの釣りはおもしろく、賢い相手とのタコゲームはのめり込むように楽しく、そして、食材としては抜群のおいしさです。メスの方が味が良いと言われる向きもありますが、これはわかりません。数が釣れるのは夏タコで、秋冬は数より型物が釣れ、味が良くなるのは秋冬のタコだと感じます。旨味ののった上々を食することができます。

マダコ 型物の左がオス、右がメス 外見姿ではわからない

マダコ 型物の左がオス、右がメス 外見姿ではわからない

 雌雄の見分け方

雌雄の見分け方は、吸盤の大きさや並び方を見ると、画像のようにはっきりと分かります。

この画像のタコは、オスが1.8kg、メスが1.2kgの型物なので、はっきりとお判りいただけるでしょう。オスのでかい吸盤は、ひときわ大きく、ペットボトルのキャップほどの大きさがあり、これが彼の自慢の吸盤で、ライバルに見せつけて力を誇示させたり、メスを引き付けるのだそうです。どこの世界にもあるような話です。

吸盤の大きさや並び男と女に見える

吸盤の大きさや並び男と女に見える

マダコのオスは吸盤が不ぞろいの部分もある

マダコのオスは吸盤が不ぞろいの部分もある

オスの自慢の吸盤 見せつけて誇示をする大きさ

オスの自慢の吸盤 見せつけて誇示をする大きさ

メスは、女性らしくなどと近年言うと叱られるそうですが、上品に大きさの揃った吸盤が正しく並んでいます。オスの大きな吸盤を見て惹かれるのでしょうが、鉢巻とリボンのようです。

byPixabay

オス:吸盤に大小があり、組み合わさるように並び、誇示する特大がある。

byPixabay

メス:吸盤の大きさが、そろったように一定の原則で並ぶ。

新子のちびっこタコでは分かりにくいですが、ある程度の大きさになるとはっきりと分かります。キロオーバーのオスが足を広げると、ちょっと凄みが出てきます。

 あとがき

いかがでしょうか。雌雄がわかるからどう違うというのもありですが、釣りに面白みが出てきます。

釣りの対象魚としてのタコは、唯一脱走を試みます。隙あらば逃げる構えです。魚は跳ねますが、脱走の行動ではなく環境の変化で暴れているだけです。しかし、賢いタコは、海水から一旦出て逃げる知識を持っています。この相手と騙し合いのタコゲームが面白いわけです。

釣ったタコを見て、雌雄を判別してみてください。

今釣れている旬の魚の実釣記録です。狙った潮で釣った胸のすく釣り、まぐれで嬉しい釣り、実力の貧果まで、来年の今日のための実釣記録です。99.9%ひとり気ままに午前中だけの釣りですが、おいしい魚の釣りものを参考にどうぞ。
meikeimaru の失敗から生まれた推論と実戦のノウハウ集です。ボート釣りでの仕掛けやタックル、釣り方など、実釣記録に基づく活きた内容として、情報提供をします。播磨灘で培った私のノウハウですが、参考にしてください。
meikeimaru のボートノウハウとメンテナンス ボートの操船や維持のノウハウや、艇体や船外機エンジンのオイル交換、グリスアップ、定期交換部品などのメンテナンス方法や作業手順をわかりやすくまとめています。