出世魚は、成長過程でで呼び名がサイズで変わる

シェアする

出世魚はどのくらいのサイズで、出世するのか

 meikeimaruの推論と失敗から生まれたノウハウ

ひと潮一寸の成長をすると言われるハマチにメジロ

ひと潮一寸の成長をすると言われるハマチにメジロ

meikeimaruの推論と失敗から生まれたノウハウ、テーマは、「出世魚の成長サイズ」

出世魚は、稚魚から成魚までの成長段階において名前を変えていく魚で、ブリやスズキが有名です。これには、地方によって大きく異なる場合がありますので、meikeimaru の主たるエリアである播磨灘で通常一般的に呼ばれる名称に、いろいろと調べたサイズを記します。

釣り人目線で、「ハマチが釣れた!」「ブリが釣れた!」のそれぞれのサイズは、どのくらいという関心からですので、学術的なものではありません。

ブリ、スズキ、サワラという出世をした成魚は、標準和名でもあるので全国ほぼ共通でしょうが、成長段階の名前は、和名などの標準統一がされていなく、その名称は地方によって様々なのを聞きます。

さて、何センチの大きさだとブリやスズキなのでしょうか。

〇 皆さんいろいろな大きさ
〇 ブリ
〇 スズキ
〇 サワラ
〇 あとがき

 皆さんいろいろな大きさ

ベテラン釣師の方が、60cm以上でないと「タイ」と呼ばない!とテレビでおっしゃっていましたが、そうなると私なんかはタイを釣ったことがないことになってしまいます。大物タイ釣り師の目標を言われているのでしょうが、タイは出世魚でなく20cm前後までをチャリコやカスゴとも言いますが、20cm超は一般的にタイと呼ぶと文献にありました。その上で、ちっちゃいのは「小鯛」なのでしょう。

タイはすべて鯛で、出世魚ではなく、釣り人の願望が強い魚

タイはすべて鯛で、出世魚ではなく、釣り人の願望が強い魚

例えば、「ハマチ」は40-60cmサイズをいいますが、上下でかなり見た目のボリューム感が異なります。40cm半ばでもツバスとおっしゃられる方もいます。また、プロがテレビで、十分に立派なメジロサイズですが「かわいいサイズ」とも言われていましたが、メジロサイズはかわいいこともなく、先日快釣で4本連続でジギングで仕留めたら、強引に私はふらふらになりました。決してかわいいサイズではないです。まあ主観的なものなのでしょう。

情報交換の場では、この呼び名でどんな群れがいるのかがわかりますので、結構釣り人には大事な名前なんです。

ここで記した出世魚の成長段階ごとのサイズは、いろいろな資料から見た標準に近いものだと思っています。ご意見多々でしょうが、当サイトの釣果は、播磨灘で一般的に使われている名称で、このサイズで記しています。

 ブリ 鰤

ツバス → ハマチ → メジロ → ブリ これが、関東では ワカシ → イナダ → ワラサ → ブリ ともに稚魚クラスをモジャコ。

ブリは大きく太っている ツバスでなくハマチがこんなに小さい

ブリは大きく太っている ツバスでなくハマチがこんなに小さい

ツバス(ワカシ) 40cm以下

ハマチ(イナダ) 40cm超-60cm以下

メジロ(ワラサ) 60cm超-80cm以下

ブリ 80cm超

若魚のハマチは、40cmと60cmでは様相が大きく違い、太り方ボリューム感が出ます。それぞれの中で一番変化する頃でしょう。長さ以上に腹回りの太さが大きく違ってきます。

メジロとハマチの長さより太さのボリュームが大きく変化

メジロとハマチの長さより太さのボリュームが大きく変化

 サワラ 鰆

青物と、ブリと並んで呼ばれていますが、ブリはアジ科で、サワラはマグロと一緒で、サバ科です。

サゴシ 60cm以下

サワラ 60cm超

30cm以下をヤナギと呼ぶのもありますが、一般的にサゴシなんでしょう。オスよりメスの方が大きくなり、80cm超はほぼメスだそうです。初夏の大型の雌の卵は、それはそれはでかくて美味です。

釣ると、イケスに入れてもほとんどがすぐに息を止めます。とびきりにおいしい魚ですから、すぐに締めてクーラーに入れるのがおススメです。

サワラにメジロにハマチ それぞれ質感が違います

サワラにメジロにハマチ それぞれ質感が違います

鰆の卵は初夏の楽しみ 絶品のおいしさ

鰆の卵は初夏の楽しみ 絶品のおいしさ

 スズキ 鱸

セイゴ → ハネ → スズキ これが関東だと セイゴ → フッコ → スズキ と出世しますが、磯などで狙うヒラスズキは出世魚ではないようです。

セイゴ 40cm以下(30cm以下の場合も多くあり)

ハネ(フッコ) 40cm超-60cm以下

スズキ 60cm超

スズキには少々小さいハネ

スズキには少々小さいハネ

 あとがき

いかがでしょうか。ご意見多々でしょうが、サイトの多くが成長段階でのサイズです。まあ、一番標準的で、私もこれで馴染んでいます。10cmの差でも太り方が違ってきて、ボリューム感が長さ以上に変化する「ブリ」は、出世回数が多いようです。

釣り人としては、出世をした大きいのが目標にしたいですが、それぞれの大きさで脂の乗り方などが違い、大きさに限らず料理方法でおいしく、釣り方も様々です。そのさまざまな釣り方を色々と工夫することが釣りに楽しみで、若魚とライトタックルでやり合うのも、おもしろく楽しい釣りです。

サイズに関係なく、小鯛釣りは楽しくって、おいしいです

サイズに関係なく、小鯛釣りは楽しくって、おいしいです

今釣れている旬の魚の実釣記録です。狙った潮で釣った胸のすく釣り、まぐれで嬉しい釣り、実力の貧果まで、来年の今日のための実釣記録です。99.9%ひとり気ままに午前中だけの釣りですが、おいしい魚の釣りものを参考にどうぞ。
meikeimaru の失敗から生まれた推論と実戦のノウハウ集です。ボート釣りでの仕掛けやタックル、釣り方など、実釣記録に基づく活きた内容として、情報提供をします。播磨灘で培った私のノウハウですが、参考にしてください。
meikeimaru のボートノウハウとメンテナンス ボートの操船や維持のノウハウや、艇体や船外機エンジンのオイル交換、グリスアップ、定期交換部品などのメンテナンス方法や作業手順をわかりやすくまとめています。