ジグカラー ジギングのシーンでカラー選択

シェアする

ジギングで適切なカラーを選択するセオリー

 meikeimaru の推論と実戦ノウハウ

ジギングタックル

ジグカラー ジギングのシーンでカラー選択

 meikeimaruの推論と実戦ノウハウ。テーマは、「ジグカラーの選択」

金属の塊に息を吹き込んだようにして、魚に錯覚をさせ、食わせるジギングゲーム。偽物を本物のように動かして錯覚を起こさせるには、偽物の色、ジグカラーは大切なファクターです。

重量形状は千差万別で、そこへ色と来れば何をどうして良いのかというものですが、色の選択の基本を押さえると、魚との出会いがだいぶ近づきます。オフショアジギング、meikeimaru のボート釣りというシーンで説明をします。

 目次

〇 魚に認識させるジグカラー

〇 基本の3色

〇 追加の色合い

〇 あとがき

 魚に認識させるジグカラー

ジグを魚に錯覚させて食わすには、魚がジグをはっきりと見えなくては、食ってきません。エサのついているハリを食わすのではなく、ジグ本体を食わすので、アクションなども重要ですが、まず見せるカラーです。

目に見える色は、その色の光が反射して見えます。虹の色は7色は、赤・橙・黄・緑・青・藍・紫の配色ですが、これが色の基礎になっています。大気中で一番見える色は黄色で、水中では白系を除けば青から紫で、赤は一番最初に赤でなくなるそうです。

赤から紫までの色はそれぞれ波長があり、それは赤側が長く、紫側が短くなります。

赤などの波長の長い光は、水中で吸収しやすく、拡がりにくい。青や紫の波長の短い光は、吸収しにくく、拡がるということだそうです。

赤色は暗くなると一番早くに色を失い、赤い魚はグレーぽくなるということです。深いところの魚、金目鯛やキントキなど赤いのはカモフラージュかもしれません。そして、海が青く見えるのは青い光が水中で拡がっているからだそうです。

ということは、赤のジグは、早くに色を失い、緑から青のジグは、しぶとく見え続ける色ですね。

ジギングのカラーチョイスには、こんな科学がありました。今回のにわか勉強です。

釣り場の時間や、水色の濁りにより海中への光の入り方が違ってきますし、魚の食い気やる気もカラーチョイスの要素です。

太陽光の七色、虹の色

緑から青は、深くまで色が見え、 赤は深場では色を失う。

 基本の3色

普段使用しているジグは、基本の3色です。シルバー系のナチュラルカラー、派手目のアピールカラー、光を発するグローカラーで、ナチュラルカラーからスタートするのを基本ローテーションとしていけば、大きく外れません。

 シルバー系のナチュラルカラー

明るく太陽が昇り、水色が澄んでいるようなシーンのカラー。

いつも追いかけまわしているベイトの色合いに近いシルバー系がナチュラルカラーです。

条件の良い時に警戒心を与えない色で、派手さがなく視認性は低いですが、通常一番使用頻度の高いジグで、釣れるお気に入りがあります。

その中でも、シルバー単色とブルーシルバーは、探りを入れるカラーチョイスです。
通常の条件下では、ナチュラルカラーでスタートします。スタートは、地味目の色とゆったりとした動きからです。魚だって朝から騒がしいのは警戒します。

シルバー系ナチュラルカラーのジグ

シルバー系ナチュラルカラーのジグ

ピンクシルバーは、アピールカラーに近いです。薄めのピンクが背に入っているのは、ナチュラル系の派手目なところでしょうか。昨シーズンは、薄いピンクシルバーとシルバーを交互に使い、随分楽しい思いができました。

ナチュラルカラーは、基本中の基本の選択です。

 派手目のアピールカラー

朝マズメの薄暗い時間帯や海に濁りが入っているようなシーンで、魚の活性が低い時の気合を入れるカラー。

派手目の色、これは魚に対してのアピールカラーです。「どや、食ってみんかい。」と表現させ、この代表は「ゴールド」と「ピンク」です。ナチュラル系は海中にあるものの色合いですが、アピールカラーは海中に存在しない強烈な色で、相手に認識をさせます。

アピールカラー派手目のジグ

アピールカラー派手目のジグ

赤金、濃いブルーピンク、などなどサーカスの世界の色です。ナチュラルカラーで何をしても反応が得られないというような時にも、目を奪う効果が出ます。

認識力は強くなる半面、警戒心を与えてしまうリスクもありますから、アピールカラーばかりを使用するのは、危険です。

 光を発するグローカラー

夜間や濁り具合が強い場合など、視界が効かない光が弱いシーンのカラー。

グローカラーは、色の反射ではなく、ケイムラ塗料などの自ら発光するカラーで、見てくれない魚に強烈に光を発して見せます。

イカを食っている時に効果があるとも聞きましたが、以下も発光していますので、マッチザベイトになるのでしょう。

自ら発光するグロー系ジグ

自ら発光するグロー系ジグ

全体が発光するタイプから、ゼブラ模様になっているものまでいろいろですが、ゼブラ模様の発光が抑えられているものは、アピールカラーの一部でしょう。変化を与えたいときに使用することもあります。

 追加の色合い

追加の色合いは、もっと派手なアピールカラーです。ゴールド系の派手さ、キラキラと光を反射するボデーです。水中で際立って見える色は黄色ですが、輝きを加えた派手なゴールドは、アピールカラーの最右翼です。水中を強く透過する光は緑に近い青です。ここで緑のミドキンが登場します。濁りがある水色に効果を発揮します。

アピールカラージグ

さらにアピールするミドキンジグ

 濃いピンクとゴールドなどキラキラカラー

アピールカラーより派手なアピールカラーです。釣具店で目立っているようなジグがこれです。一長一短がありますが、魚に目を覚ませ、釣り人も気分転換などにもってこいです。
追加のジグでひとつやふたつ持つ追加のカラーです。

 切り札カラー ミドキン

水中で強く透過する光が緑に近い青ですので、緑金のミドキンは魚から強く見えるのでしょう。雨後の濁りがきつい時や、何をやっても食ってこないなどの時に、強くアピールします。
追加カラーとして、ミドキンは結構必須です。

ジグカラーの簡単な選択

ジグカラーの簡単な選択マトリックス表 meikeimaruの推論です。

ピンクシルバーとブルーシルバージグ

昨年一番青物を錯覚させたジグ「メタルフリッカー」

 あとがき

いろいろ試して、マイパターンを作るのが、楽しいジギングです。

しかし、いつでもナチュラルカラーが基本です。イワシやアジをまねるのが最大効果です。

ジグにさわりに来るもののフッキングにいたらな時は、一発派手目を使用してガツンと食えば大成功です。しかし、そのあと見切られないように、またナチュラルに戻すと変化が出ます。

いろいろ考えて選択したジグに食ってくるというのが、面白さのひとつでしょう。楽しいジギングで、大物を狙いましょう。

永遠の課題のようなリールハンドルは右か左かですが、定説ごもっともながら対象魚や釣り方で多くのケースが考えられます。ここでは、沖釣りに限っての meikeimaru は、右ハンドルの考え方です。惑わされることなく、ぜひ、自身のスタイルを作ってください
PEラインは、強度が抜群に大きく、そのしなやかさと合わせて、他に比較して圧倒的に細いラインが使え、これは釣りにおける大きなアドバンテージです。PEラインの特性、選び方、リール糸巻き量、ラインメンテナンスと寿命、などを、わかりやすく説明します。

 HOMEへ戻る

今釣れている旬の魚の実釣記録です。狙った潮で釣った胸のすく釣り、まぐれで嬉しい釣り、実力の貧果まで、来年の今日のための実釣記録です。99.9%ひとり気ままに午前中だけの釣りですが、おいしい魚の釣りものを参考にどうぞ。
meikeimaru の失敗から生まれた推論と実戦のノウハウ集です。ボート釣りでの仕掛けやタックル、釣り方など、実釣記録に基づく活きた内容として、情報提供をします。播磨灘で培った私のノウハウですが、参考にしてください。
meikeimaru のボートノウハウとメンテナンス ボートの操船や維持のノウハウや、艇体や船外機エンジンのオイル交換、グリスアップ、定期交換部品などのメンテナンス方法や作業手順をわかりやすくまとめています。