ジギングでコンスタンスに釣る 時合いに集中する

シェアする

時合いを逃さず、タイムロスゼロで釣果アップ

 meikeimaruの推論と失敗から生まれたハウツー

3号ラインロッド 2号ラインロッド 1号ラインロッド

3号ラインロッド 2号ラインロッド 1号ラインロッド

meikeimaruの推論と失敗から生まれた実戦ハウツー。テーマは、「ジギングでコンスタンスに釣る」

明石沖のボート釣りというシーン、訪れた時合いは、数だけでなく大物が身近になります。

釣れる日、潮、時間帯は、ある程度同じポイントに通うとわかってきますが、自然相手ですから絶対に間違いがないは、ないです。常にドキドキ感で、私は、時合いの無い日なのか、単純にヘタッピなのかわからない日、たくさんあります。

しかし、千載一遇のような時合いが訪れ、ロスタイムを減らせば、数釣りだけでなく、自身の記録ものとなる大物も近づきます。

玉網で取るのも狭いボートでは手返しが速くなる方法

玉網で取るのも狭いボートでは手返しが速くなる方法

〇 明石沖、青物のジギングシーンでの時合い
〇 体力を時合いに温存
〇 時合いで釣果アップのポイント
〇 食べる数を釣る、釣ったら食べる
〇 あとがき

お気に入りのシルバー系 信じれるジグ

お気に入りのシルバー系 信じれるジグ

 明石沖、青物のジギングシーンでの時合い

明石沖の青物は、潮の流れがすべてです。2ノット後半から4ノットまでで流れている時に時合いが来ます。遅くても速くてもだめで、その時合いに20-30分の「超時合い」があります。
魚探反応が賑やかになった、水面にハマチが現れた、ジグに何かが触れた、活性が上がり捕食行動を始めます。群れが大きいほど喰う競争をするので、さらに活性は高くなります。

朝はお腹が減っていて、朝一番の潮が効き始めはチャンスです。魚も一日中食べているわけでなく、食べる気になった時に食べ始めますが、そのきっかけは時間や潮の具合で、予測は難しくひたすら待ちます。

魚探反応 こんな反応が出れば、勝ちゲームになれるかも

魚探反応 こんな反応が出れば、勝ちゲームになれるかも

 体力を時合いに温存

じっと座って釣らないジギングは、すべての時間でジグアクションです。待ちに待った時合いにヘトヘトにならないペース配分は必要です。特に私のようなmid60は。
ジグアクションの緩急をうまく使いながら体力を調整をします。キャプテンアングラーのボートでは、何でもワンオペですから釣りの時間帯を考えます。潮が効き始める頃がスタート、おおよそ2-3時間でピークの潮の動きになり、その後の潮が緩み始める1時間、これで3-4時間、このタイムスケジュールを作らないと、私は、バテます。

ジギング ワンオペのボートでは短時間勝負

ジギング ワンオペのボートでは短時間勝負

 時合いで釣果アップのポイント

時合い到来。ここで釣らないと「ドヤ顔」になれません。時間の無駄を作らず集中して釣ります。

 予備ロッドは必ず準備する

新品でも代替のお古でも、ライトでもハードでも、ジギングができるセットをいくつか必ず準備しておきます。
私は、ハマチ主体では、PEライン1.5号と2号に合わせた2本、メジロ以上が多くなる10月以降は、2号と3号のセットを用意します。3号のラインはお守りですが、11-12月の時合いは、ハードロッドの頻度が高いです。2号ラインのスピニングロッドも準備します。
崖のカケアガリでの根ずれや、とんでもない大物、根がかりなど、ラインシステムの修復せずに、戦線復帰のための予備ロッドは、必要不可欠、備えあれば敵討ちができます。

シマノのフィッシュグリップ これが万能の働きをする

シマノのフィッシュグリップ これが万能の働きをする

 ジグアクション、どの動きで、どこで喰ったか

速い動き、ゆっくりの動き、スロー系フォール多用のどこで喰うか、アタリが出る動きを見つけます。どのアクションで喰うか。ブリよりハマチは俊敏で、速い動きに来ます。
釣れたら同じアクションが最良の方法ですが、サイズに不満があれば、緩急違うアクションを試み、サイズアップしたらそれが大物への入口だと思います。ハマチの数釣りより、型物メジロにブリを狙うならば試してみてください。

基本的にブリ一族の捕食帯は、このエリアでは、底層近くです。時合いになれば、10巻きまでで喰いますが、その喰うタナを把握するのは、無駄を作らない攻め方です。サワラは中層です。

至福のジギングゲーム ブリ2本はうれしい

至福のジギングゲーム ブリ2本はうれしい

 絶対に根がかりさせない

釣り場は、水深70mから20m迄の崖のようなカケアガリ。ベイトも多いですが、このカケアガリでジグを引きずったら、まず根がかりです。
フックをフロントだけにすれば多少は回避できますが、フォールでリアフックに喰う確率は高く、ハイリスクハイリターンです。
着底水深を予測して集中し、ラインが一瞬止まったらすかさず糸ふけを取って、引きずる前にジャークします。しかもこの瞬間に喰う確率結構高く、面白いところです。
船は、4ノット(7-8km/h)動きますから100%防止はできず、「あちゃー」があります。その時の予備ロッドです。時合いでのタイムロスを避けます。

テールフックは、フォール多用では必需品だが、根がかり注意

テールフックは、フォール多用では必需品だが、根がかり注意

 手返しを速くする道具や交換ルアーなど手元に置く

フックを外すプライヤー、フィッシュグリップ、交換用のジグ(カラーチェンジ用)とリングプライヤーは、手元に置き、特にフィッシュグリッパーで口を押さえ、フックを一発で外せる大型プライヤーは、手返しアップに必須です。グリッパーは、魚の口に差し込んで押さえれば、大暴れを軽減できます。

 食べる数を釣る、釣ったら食べる

食べないならば、弱る前にその場でリリースします。私は、我が家の食料ですから、全部食べます。また、食べる人にお裾分けします。

 必要以上に釣らない

食べないならば、写真を撮って、リリース。釣った海ならば弱らず、最良の方法です。
10匹までが私の許容範囲。全部食べます。冷凍や干し物といろいろできます。
ボート釣りの良さで、帰港後に下ごしらえをしますが、これだけで、頭や骨など随分いらないものを捨てて帰れますし、三枚おろしまですれば、後々が楽です。

 お裾分けは、三枚おろしをする

ハマチサイズでも丸ごともらったら、普通困ります。さばくのも大変ですし、ゴミも悩みの種です。多少骨が残っていても、3枚におろしてあれば、刺身も塩焼きもでき、切り身でお裾分けすると喜ばれます。

頑張りすぎた釣果 でもおいしく頂きます

頑張りすぎた釣果 でもおいしく頂きます

 あとがき

ハマチの数釣りは楽しく、それにブリやメジロが混じると果報者です。如何に時合いで無駄をしないかで、コンスタンスに釣果を伸ばせます。時合いの時間にどれだけ長くジグアクションができるかが、要です。

時合いで釣って、秋が旬の青物をたくさん食べましょう。

野心を胸に海に出て、青物を狙いましょう。

今釣れている旬の魚の実釣記録です。狙った潮で釣った胸のすく釣り、まぐれで嬉しい釣り、実力の貧果まで、来年の今日のための実釣記録です。99.9%ひとり気ままに午前中だけの釣りですが、おいしい魚の釣りものを参考にどうぞ。
meikeimaru の失敗から生まれた推論と実戦のノウハウ集です。ボート釣りでの仕掛けやタックル、釣り方など、実釣記録に基づく活きた内容として、情報提供をします。播磨灘で培った私のノウハウですが、参考にしてください。
meikeimaru のボートノウハウとメンテナンス ボートの操船や維持のノウハウや、艇体や船外機エンジンのオイル交換、グリスアップ、定期交換部品などのメンテナンス方法や作業手順をわかりやすくまとめています。