ボートのステアリングホイールにロッド用グリップテープ装着

シェアする

ステンレス製の素材にグリップ感が出るテープ

 meikeimaru のボートメンテナンス

グリップテープを巻き良好な感触のステアリングホイール

グリップテープを巻き良好な感触のステアリングホイール

meikeimaru のボートメンテナンス。テーマは、「ステアリングホイールにクリップテープ装着」

ボートのステアリングホイールにロッド用グリップテープを巻き、グリップ感などを向上させます。デストロイヤーホイールと呼ばれるステンレス製のステアリングホイールが標準装備です。海水に触れた手でつかむステアリングでは、ステンレス製というのは、ひとつの選択肢でしょう。

しかし、ステンレスむき出しは、清掃簡単なれど、他はどうもいろいろありです。そこで、グリップテープを巻いたところ、期待通りの効果で困りごと解決です。

〇 ロッド用グリップテープ
〇 グリップテープは良好で、困りごと解決
〇 グリップテープを装着開始
〇 あとがき

 ロッド用グリップテープ

ゴーセン製 オーバーグリップ コブメッシュという製品です。ロッドのグリップテープとして販売されていますが、元は同社のテニスラケットのグリップテープでしょう。

最初は、ブリ用のH255と長めのサオのグリップに巻いたのですが、フィット感良くお気に入りでした。ブリの強引は、両手でサオを支えるシーンが出てきますが、右手でリールの先の部分を適時握るのに、滑らずにグリップ感の良いものでした。

何より滑りにくく手に馴染むので、これをステアリングホイールに転用できないかが始まりです。

元々 ロッド用のグリップテープで使い勝手良しだった

元々 ロッド用のグリップテープで使い勝手良しだった

濡れた手に馴染み、滑らない

濡れた手に馴染み、滑らない

 ロッド用グリップテープは、良好

頑丈一点張りのステンレス素材のいわゆるハンドル。日本製ボートの多くがこの頑丈一点張りの愛想のないステアリングホイールを一挙解決。

頑丈一点張りのステンレス製ホイール このクラスのボートの標準装備

頑丈一点張りのステンレス製ホイール このクラスのボートの標準装備

ステンレス製ステアリングホイールの困りごと

  • ステンレス製は滑り、グリップ感が乏しい。
  • ホイール径が細く、つかみにくい。
  • 冬季は、冷たく感じる。特に朝の低気温時。
  • 回転を容易にするノブを取り付けたが、すべてを解決できない。

というような問題点をグリップテープを巻くことで解消できないかで、装着。そうしたら、問題点をほぼ解決できた良好なものでした。

 グリップテープを装着開始

ゴーセン製 オーバーグリップ コブメッシュを4本購入。サオに巻いた時の容量からステアリングホイールを巻くと4本は必要の見積もってのことです。

オーバーグリップ コブメッシュを4本使用

オーバーグリップ コブメッシュを4本使用

  • ノブの前後を空白にして、4分割のマークをします。これを目安に巻きます。
  • 巻き始めの部分を付属のテープで止めて、かぶせるように巻きを始めます。
  • 表面の保護フィルムをはがします。
  • 裏側中央にウレタンが入っているので、このウレタンの突起の手前で重ねながら巻いていきます。
  • 結構うまい具合に、1本でマークに到達。
  • エンド部分は、細くなって裏側のテープで止め、付属のテープで固定をする。
  • 続いて同じように2本目3本目と巻いていく。
  • ステアリングのバーの部分は、巻き付けるようにしていく。
  • 4本目終了で、付属の固定用のテープをしっかりと巻いて、終了です。完成。

オーバーグリップ コブメッシュを4本使用

オーバーグリップ コブメッシュを4本使用

 あとがき

通販サイトで手軽に購入することができます。こういう作業は苦手ながらも何とか出来上がりです。特段難しいこともなく、良く伸びる素材ですので、しっかりと巻いていくことができました。

滑りとグリップ感、細い、冷たい、すべてを解消したと思います。グリップ感は抜群で、しっとりとした感触は、微調整をする時にも確実な操作ができます。

ステンレスに問題を感じられている方は、これおススメです。もちろん、本来の目的のロッド用グリップテープとしても高得点です。

海水で濡れた手でも問題なく、すべてが解決した

海水で濡れた手でも問題なく、すべてが解決した

今釣れている旬の魚の実釣記録です。狙った潮で釣った胸のすく釣り、まぐれで嬉しい釣り、実力の貧果まで、来年の今日のための実釣記録です。99.9%ひとり気ままに午前中だけの釣りですが、おいしい魚の釣りものを参考にどうぞ。
meikeimaru の失敗から生まれた推論と実戦のノウハウ集です。ボート釣りでの仕掛けやタックル、釣り方など、実釣記録に基づく活きた内容として、情報提供をします。播磨灘で培った私のノウハウですが、参考にしてください。
meikeimaru のボートノウハウとメンテナンス ボートの操船や維持のノウハウや、艇体や船外機エンジンのオイル交換、グリスアップ、定期交換部品などのメンテナンス方法や作業手順をわかりやすくまとめています。