ボートの電装系レストア作業 Section1 ヒューズボックス

シェアする

BLUE SEAヒューズブロックに交換する

電装系レストア作業 Section1

 meikeimaru のボートメンテナンス

本体の上半分がマイナス用の6端子、下がブラス用の6端子 機能的に配置される

本体の上半分がマイナス用の6端子、下がブラス用の6端子 機能的に配置される

meikeimaru のボートメンテナンス。テーマは、「ヒューズボックスを交換 電装系メンテ」

ボートは、エンジン付きで航行するだけのスタンダードなスッピンで販売され、ボート内で使用される電装品は、艤装作業の一部として、その後行われます。工場作業か、オーナーがDIYでするかの違いですが、すべて後からの作業です。

GPS魚群探知機から室内や外部の照明、無線機やオーディオに至るまで購入後の作業になります。中古艇で前オーナーの艤装がOKならば、この作業はありませんが、中古購入のmeikeimaruは、既存は除去してすべて私のDIYで作ってきました。

今回は、DIYの5系統ヒューズを市販製品に交換をしました。

BLUE SEAヒューズブロックで、一般的な自動車用ヒューズを使用して、全体で100A、1個で最大30Aの大容量にも対応できる製品です。BLUE SEA社の製品は他にも使用していますが、信頼できるボート用パーツが多くあります。

〇 ハウスユースバッテリーから電源供給
〇 BLUE SEAヒューズブロック取付
○ 使用工具
〇 あとがき

 ハウスユースバッテリーから電源供給

電装製品がせいぜいGPS魚群探知機や照明くらいならば、エンジン用のバッテリーから電源供給しても問題ないでしょうが、車とは違う環境ですので、いわゆる、エンジンスターティングバッテリーとハウスユースバッテリーに分けて、エンジン用のバッテリーは始動用等に限定をします。

 ハウスハウスユースバッテリー

ハウスユースバッテリーとは、魚群探知機や無線機、オーディオに照明の類の電力供給用で、エンジン系とは違うACC系の電装品用の電源です。

バッテリーは、左舷バウロッカーに80Aが2個、ハウスユース用に格納して、ここからキャビン内のヒューズボックスまでケーブルで接続します。船中泊でも、一晩、電気を使える容量です。

これにより、エンジン始動からの電源を賄うのは、スターティングバッテリーで、これは温存ができます。

80Aのバッテリー2個が電源 ブレーカーを経て8sqケーブルでヒューズへ供給

80Aのバッテリー2個が電源 ブレーカーを経て8sqケーブルでヒューズへ供給

 8sqケーブルで電源供給

マリングレードタイプの8sqケーブルで、バッテリーから各電装品へ配電するヒューズブロックに接続しています。

DIYでは、8sqケーブルが作業的にも容量的にも扱いでも、限度でしょう。許容は、60Aですから12Vで720W、安全性を考え半分でも360Wですので、十分な供給量です。船尾からのケーブル保護で、バッテリー横に40Aのブレーカーを設置。そして、各機器との間には、ヒューズが存在します。大容量の調理機器でもない限り、これ以上は不要です。

ケーブル仕様表 比較用参考値

ケーブル仕様表 比較用参考値 この数値の1/2が私の目安仕様

 BLUE SEAヒューズブロック取付

通販サイトで、この製品は購入ができます。これは6端子ですが12端子など仕様が多くあります。プラス側にヒューズ経て6端子分岐、マイナス側も6端子分岐になるので、非常に使いやすい設計です。

 取付開始

内部は、プラスマイナスともに金属プレートで完結している

内部は、プラスマイナスともに金属プレートで完結している

いかにもDIYですが、容量もあり圧着端子で確実性を出した

いかにもDIYですが、容量もあり圧着端子で確実性を出した

本体を固定して、各々を配線して接続 完了

本体を固定して、各々を配線して接続 完了

ヒューズブロック交換完了

ヒューズブロック交換完了

 使用工具類

  • スパナ(mm + inch)
  • ドライバー +#2
  • プライヤー や先細ペンチにニッパー
  • 電動ドリル
  • 電装圧着ペンチ
  • 接続端子類各種

等々、工具箱と電装パーツ箱のいろいろ

使用工具の一部

使用工具の一部

 あとがき

ボートの先進国は間違いなくアメリカです。多くのボートビルダーが存在し、その部品メーカーも数多くあります。船外機エンジンは、日本のメジャー2社のシェアは圧倒的ながら、ボートの様々なパーツは、made in USA の存在は群を抜きます。アメリカ製の電気製品…?と思いがちながら、その性能は信頼できるものです。そして、工夫された使いやすさは、かなり満足できます。今回のBLUE SEAヒューズブロックもそのひとつです。

meikeimaruでは、結構多くのアメリカ製パーツやアイテムを使用していますが、その独自性はかなり満足できます。

今釣れている旬の魚の実釣記録です。狙った潮で釣った胸のすく釣り、まぐれで嬉しい釣り、実力の貧果まで、来年の今日のための実釣記録です。99.9%ひとり気ままに午前中だけの釣りですが、おいしい魚の釣りものを参考にどうぞ。
meikeimaru の失敗から生まれた推論と実戦のノウハウ集です。ボート釣りでの仕掛けやタックル、釣り方など、実釣記録に基づく活きた内容として、情報提供をします。播磨灘で培った私のノウハウですが、参考にしてください。
meikeimaru のボートノウハウとメンテナンス ボートの操船や維持のノウハウや、艇体や船外機エンジンのオイル交換、グリスアップ、定期交換部品などのメンテナンス方法や作業手順をわかりやすくまとめています。