ボートのデザインデカールを新調 個性的なボートにしたい

シェアする

ちょっとカッコをつけて「ブリマーク」と「ロゴ」

 meikeimaruのボートメンテナンス

今回は、メカニカルなメンテナンスとは違い、少しお化粧をしました。

少しは個性的にしたいと考え、「ブリ(鰤)マーク」のデカール作成、見た目のデザインを作ってみたいと、これまで以上のサイズのマークに変更して、見た目のデザインを変えてみました。

 デカール作成によるデザイン変更

「ブリ(鰤)」マークと「Harimanada Yellowtail Angler」というロゴをともに作成して、今シーズンのスタートにしました。

切文字は、どうやっても自分では作成できないので、切り文字作成のショップに依頼をしました。

  • 作成したい文字、フォント、文字色を指定して、文字の長さを決めると、作成されます。
  • 文字:「Harimanada Yellowtail Angler」
  • フォント:ゴシック体のサンセリフの中から選択します。
  • 文字色:ダークイエローを選択します。
  • 材質:スタンダードシートを選択(屋外5年耐久なので、十分)します。
  • 文字の長さ:この場合、最初の「H」から最後の「r」までの長さを指定します。今回は、140cmにしました。

web上でこれだけ指定すると作成されます。多くの切り文字を扱うショップがありますので、お好みを検索してください。

Harimanada Yellowtail Angler

Harimanada Yellowtail Angler(播磨灘鰤釣師)

 完成したロゴを貼る

  • 貼付位置を決める。台紙には一切触れずに、マスキングテープを利用して、ハルの貼り面に仮止めします。
  • 左右同じ位置になるように、メジャーなどで位置決めをします。
  • ロゴステッカーの下部分に合わせて、マスキングテープで水平ラインラインを作ります。
  • このマスキングテープに位置を合わせて貼付するので、必ず水平になるように採寸をしながら、遠目で見て確認をします。
  • これが曲がると、見栄えが悪いので、注意してください。
  • 位置決めができたら、貼り面の脱脂。シンナーなどを使用して、ハルのWAX分等を落とします。
  • スッテカーの仮止めをします。ステッカーを貼り付けていく方向の手前の端をマスキングテープでしっかりと止めます。他の箇所の仮止めはしません。左から右へと貼っていくならば、例えばこの場合「H」の文字の左側が仮止め位置です。
  • この時に、水平にマスキングテープを貼りましたが、最初の仮止めが、水平のマスキングテープ添うように、しっかりと左端の仮止めをします。
  • この時、台紙の左端を少しめくって、はがしていく準備をしておきます。
  • 貼付。台紙をはがしながら転写シートごと文字面を、ゆっくりとスキージー(ゴム状のへら)で押さえながら、(小さければ、指で押さえるも可)ゆっくりと少しずつ進めていきます。
  • 台紙は、徐々にはがしながら貼り付けてください。最初に全部はがしてしまうのは、絶対にNGです。
  • この時の注意は、曲がらないように貼る面の方向を確認し、慌てずゆっくりと作業します。
  • この場合、全長が140㎝と長かったので、半分にカットして2回で貼りました。
  • 貼り付けていないステッカー部分が、他の部分に触れないように注意します。
  • 転写シートごと文字をすべて貼付したら、しっかりと再度文字面を押さえます。
  • 転写シートをはがすのは、貼り付け後1-2時間してからです。文字の貼り付け接着力が上がってから、転写シートをはがします。
  • 転写シートをはがす際の注意は、少しずつゆっくりと少し斜めの角度を作ってはがしていきます。
  • 気泡がある場合は、気泡をカッターの先で突っついて空気を出すように押さえます。
    すべて、ゆっくりと少しずつがキーワードです。

 「ブリ(鰤)」マークの作成

今シーズンのデザインを新調します。

ブリのイラストをプリントして、これを拡大コピーを繰り返し、実寸大の型紙を作り、その型紙でカッティングシートをカットして、「ブリ(鰤)」マークのデカールを作成します。

  • ブリのイラスト画像をA4でプリントします。
  • そのプリントを拡大コピーでA3にします。
  • そのA3を半分にカット(A4サイズ)して、半分ずつA3に拡大コピーして、希望の大きさになるまで繰り返します。
  • 拡大されたコピー紙を貼り合わせて、1m前後のブリの型紙の下絵を作成します。
    ブリマークの実寸になる大きさの用紙を用意します。カレンダーの用紙を貼り合わせると、厚みもあり型紙に向いています。
  • コピーを繰り返して作った下絵を形に添ってはさみで切って、貼り合わせてブリの形を作り出します。
  • 型紙の上に、ハサミで切った下絵を載せて、型紙の上にマジックで線を引き、ブリの形を作り出します。
  • 修正しながら繰り返していく手間がかかりますが、それほど難しい作業ではありません。
  • ブリの型紙ができたら、ハサミで型紙を切り抜きます。これが、カッティングシートを切り抜く型紙になりますので、丁寧に切ってください。
  • 実物大の型紙の出来上がります。型紙は、1枚あれば表裏で左右の形になります。
  • カッティングシートの左右裏表を間違えないようにして、型紙に沿ってラインを引き、切り抜き用のカッターで、ゆっくりとラインを切り抜きます。
  • カッティングシートは、大手ホームセンター(プロ向け店)で切り売りをしていますので、好みの色を調達してください。

この手法は、いろいろなものに応用ができます。

ブリマーク

なんとかなったブリマーク

 「ブリ(鰤)」マークの貼付

  • 貼付位置を決める。台紙には一切触れずに、マスキングテープを利用して、ハルの貼り面に仮止めします。
  • 左右同じ位置になるように、メジャーなどで位置決めをしながら、遠目で実際に確認しながら位置を決定させます。
  • 位置決めができたら、貼り面の脱脂。シンナーなどを使用して、ハルのWAX分等を落とします。
  • ブリマークが水平に貼付できるように、ロゴの時のようにマスキングテープで水平ラインラインを作ります。
  • ブリマークの左端の台紙を少しはがし、マスキングテープで仮止めをして、貼付位置を決めます。
  • 左端から台紙をはがしながら、スキージーや指で押さえながら、ブリマークを貼っていきます。
  • 全体が貼付できたら、再度全体を押さえ直します。
  • 気泡がある場合は、気泡をカッターの先で突っついて空気を出すように押さえます。
  • 台紙は、徐々にはがしながら貼り付けてください。最初に全部はがしてしまうのは、絶対にNGです。

最後に、これらの貼付作業は気温との関係が生じます。気温が10度以上ないと、接着面の十分な粘着力が発揮できません。また、真夏のような高温下、特に直射日光だと、シートがどうしても熱で柔らかくなりすぎ、ゆがむ可能性が大きくなります。気温に気を付けてください。春秋が一番良い施工時期です。もし夏ならば、早朝です。

文字の Harimanada Yellowtail Angler は、播磨灘のブリ釣り師というところでしょうか。通販でオーダーして作ってもらったのですが、文字色をどうしようかと考え、青物だから青か、イエローテイルだから黄色かと頭をひねって、結局 濃い目の黄色になりました。この大きさのブリが、そう簡単にポコポコ釣れるわけではありませんが、恰好を付けてみました。

 HOMEへ戻る

今釣れている旬の魚の実釣記録です。狙った潮で釣った胸のすく釣り、まぐれで嬉しい釣り、実力の貧果まで、来年の今日のための実釣記録です。99.9%ひとり気ままに午前中だけの釣りですが、おいしい魚の釣りものを参考にどうぞ。
meikeimaru の失敗から生まれた推論と実戦のノウハウ集です。ボート釣りでの仕掛けやタックル、釣り方など、実釣記録に基づく活きた内容として、情報提供をします。播磨灘で培った私のノウハウですが、参考にしてください。
meikeimaru のボートノウハウとメンテナンス ボートの操船や維持のノウハウや、艇体や船外機エンジンのオイル交換、グリスアップ、定期交換部品などのメンテナンス方法や作業手順をわかりやすくまとめています。