ボートの電装系レストア作業 Section2 電源操作系

シェアする

ライトなど外部電装機器と操作盤の作成

 meikeimaru のボートメンテナンス

外部電装品のヒューズ、スイッチに配電端子と右上に集中させました

外部電装品のヒューズ、スイッチに配電端子と右上に集中させました

meikeimaru のボートメンテナンス。テーマは、「電装系レストア作業 Section2」

今回のSection2は前照灯、後退灯、点滅灯、ホーン、デッキ照明、デッキ電源(海水ポンプ)などボートの外側で使用される機器の交換とヒューズやスイッチ電源制御のレストアです。

電装系レストア作業 Section1 ヒューズボックスを交換 

● 電装系レストア作業 Section3 航海機器、無線機等のキャビン内機器の配電盤レストア

● 電装系レストア作業 Section4 ハウスユースバッテリー交換、配線レストア(2022年予定)

DIYの電装系等を操作性向上、メンテナンスの容易化を目指して作業開始です。

まず、外部で使用している電装機器の交換と配線を整理します。追加で装着した結果、操作パネルもダッシュボードやデッキにあるものすべてを右上部に集中させます。魚探や無線機は、独立した機器なので電源をつなげばOKですが、ライトやホーンは、自作で電源やスイッチを設けていく必要があり、手間時間が長くなります。

〇 レストア対象電装
〇 レストア完了
〇 活躍便利ツール&パーツ
〇 あとがき

 レストア対象電装

風雨、紫外線、塩害にさらされる外部機器とその電源操作系をレストアします。

 電源と操作系の修復

電装品の追加で、スイッチやリレーなどが増えケーブルも増えます。さらに、使い勝手で改修すると、温泉旅館の本館別館新館で風呂の行き帰りで迷うように、複雑化していき、点検が容易でなく、大きな問題点です。
レストア部分は、ダッシュボードとデッキにある操作系をヘルムステーション(運転席)右上部に集中させ、電源もここから配電するようにして、単純化させます。

スイッチとモニターLEDは、アルミ箱に穴あけから始まり

スイッチとモニターLEDは、アルミ箱に穴あけから始まり

 外部機器の交換とケーブル保護

ライトなどの外部の機器は、風雨、紫外線、塩害にさらされ経年劣化も大きく、ケーブル類等の保護は必須です。ボディー内配線より、修復の容易な外部配線でチューブなどを使いガードをしています。外部配線部分のケーブルは、二重被覆やマリングレードを使用します。

元々 操作盤の一部があった部分は、各機器の接続BOXで、ここからキャビン内に導線

元々 操作盤の一部があった部分は、各機器の接続BOXで、ここからキャビン内に導線

 Section1のレストア完成

 操作制御部分

電源配電+ヒューズ、リレー、スイッチ、を分離して電装品ごとに配線を明記。そして、外部電装品のケーブル接続。これで、トラブルの際は、どこまで電気が来ているかがわかりやすくなりました。
ライトが点灯しない、接続BOXまで通電があれば、ライトそのものの問題、あとは、ヒューズでほぼ解消します。
なによりも、接点の見える化ができ、維持操作性がこれでOKです。

右端にキャビン内照明の電源端子を作成だが、内部電装はこの先の予定

右端にキャビン内照明の電源端子を作成だが、内部電装はこの先の予定

内部の接続端子 ここから外へ出ていくケーブル 作業中で無線のケーブルはむき出し

内部の接続端子 ここから外へ出ていくケーブル 作業中で無線のケーブルはむき出し

 外部機器類

前照灯とデッキライト、点滅灯(パトライト)を交換しました。
そして、ケーブル劣化の保護は大事な要素で、いわゆる電材用のPF管で配置をし直しです。以前より使用していて、紫外線や塩害での損傷もない素材のため新品に交換して、これでOKでしょう。

ルーフ上、各機器は、二重被覆ケーブルとチューブで劣化保護

ルーフ上、各機器は、二重被覆ケーブルとチューブで劣化保護

小型前照灯LEDの進化だ。アルミ板とステーで台座を作成。アルミは加工が容易 

小型前照灯LEDの進化だ。アルミ板とステーで台座を作成。アルミは加工が容易

左舷側に海水ポンプ等用のソケット 下穴だが錆が出るのは承知で交換しやすいように作成

左舷側に海水ポンプ等用のソケット 下穴だが錆が出るのは承知で交換しやすいように作成

  活躍便利ツール&パーツ

 ケーブル配線端子接続

ケーブルの接続は、はんだ付けもありますが、大半が端子で接続します。耐久性など確実性が高く、プロ仕様の一部です。カーショップなどの自動車用よりごつく、配電のケーブルを配線するには、端子台で接続、「裸圧着端子」「スリーブ」などが必要ですが、端子そのものは安価なもので、圧着ペンチもボート作りの必需品になりますし、これまた楽しい工具です。
工具も増えました。壊れず捨てずで物置にごろごろですが、釣り道具と同様の大事なものです。

裸圧着端子は、ギボシより確実なので、今回は多用した。ピンセットは大いに役立つ

裸圧着端子は、ギボシより確実なので、今回は多用した。ピンセットは大いに役立つ

 ポリエチレンのまな板

マリーナの工場で、電装品や艤装品の取付に白い樹脂を台座にしていましたが、高い樹脂素材なんだろうと思っていました。ある日、あれは何?と聞いたらびっくり。家庭でもどこでも使っているまな板でした。それを切って、グラインダーで研磨すれば誠に便利。
320×200×10mmの大きさでお店より断然低価格の380円で通販購入。素材は、耐候性があるポリエチレンなので、安心して使えます。今回の操作盤台座は見栄えで木を使いましたが、その他の台座はまな板を加工しました。穴あけもスムーズで、タッピングビスも良く効きます。
また、大きな力がかかる手すりなどは、ステンレス製を使用しますが、ステーなどはアルミを使うと加工が楽です。ホームセンターでも、ステーになるアルミ材は各種あるので、使い勝手が良いものです。

本物のまな板 低価格で加工しやすく、台座にするのにたいへん重宝した

本物のまな板 低価格で加工しやすく、台座にするのにたいへん重宝した

ボートのメンテナンスTOPページ DIYレベルでできるいろいろを実技解説します。船外機の油脂交換から部品の定期交換、電装系メンテや取付、艇体艤装関連、メンテナンスのページです。DIYerメンテは、ボートの楽しみを広げます。

 あとがき

思ったより時間が必要でした。ボート以上に私が経年劣化で、3倍以上の時間がかかるようになっています。だから、将来的に今のうちにレストアして、メンテフリーに近づけておいて正解でした。
釣りだけをするなら釣り船が一番ですが、ボート作りもボートの楽しみのひとつですから、時間がかかって腰も痛くなりましたが、ひとつひとつできあがると、これまた楽しいボートです。

今釣れている旬の魚の実釣記録です。狙った潮で釣った胸のすく釣り、まぐれで嬉しい釣り、実力の貧果まで、来年の今日のための実釣記録です。99.9%ひとり気ままに午前中だけの釣りですが、おいしい魚の釣りものを参考にどうぞ。
meikeimaru の失敗から生まれた推論と実戦のノウハウ集です。ボート釣りでの仕掛けやタックル、釣り方など、実釣記録に基づく活きた内容として、情報提供をします。播磨灘で培った私のノウハウですが、参考にしてください。
meikeimaru のボートノウハウとメンテナンス ボートの操船や維持のノウハウや、艇体や船外機エンジンのオイル交換、グリスアップ、定期交換部品などのメンテナンス方法や作業手順をわかりやすくまとめています。