ボートのバッテリー常時電源と暗電流

シェアする

暗電流を理解して電源取得の変更

 meikeimaru のボートメンテナンス

byPixabay

byPixabay

meikeimaru のボートメンテナンス。テーマは、「バッテリー常時電源と暗電流」

家電製品も車やボートの電装機器は、電源に接続すると何らかのメモリーやスタンバイ等の電流が発生します。現代の車の場合、多くは1-2か月エンジンを始動させないとバッテリーが上がり、車載機器が初期化する可能性があります。

ボートは、1-2か月以上エンジンを始動させないこともあり、バッテリースイッチで電源を遮断して、電源を維持する構造です。

電装機器の本体スイッチと関係なく、メモリー維持などで流れる電流は「暗電流」と呼ばれています。

ボートの電装機器は、電源遮断でも問題ありません。しかし、オーディオ機器にカーオーディオを使用していて、メモリー保持に別配線で常時電源接続をしていました。

これが、電源保全に問題がないものの気に入らず、他の機器との同一回線にしたい悩ましいことでした。

〇 暗電流
〇 バッテリー常時電源 なぜ必要
〇 電源取得の変更
〇 あとがき

 暗電流とは

暗電流とは、車で例えると、イグニッションスイッチを切った状態でも、エンジンのコンピューター、セキュリティーシステム、オーディオ、カーナビ、時計、等々の電装品で、メモリー維持などのために常時消費される30-50mAくらいの電流です。バッテリーが上がると、これらが初期化します。

ボートは、実際には電装機器に電流が流れますが、バッテリースイッチで電源を遮断して保管が基本ですから、暗電流は必要ありません。

運用のインターバルが車に比較して長く、バッテリースイッチOFFでバッテリーを保護する仕組みになっています。

電源スイッチをOFFにしないと、エンジンのコンピューターは何かを考え続け、無線機やGPS魚群探知機のスタンバイ機能が、微電流を消費して、いずれはスターターが動かなくなります。

 バッテリー常時電源 なぜ必要

暗電流を生じないボートで、バッテリー常時電源が必要な理由が、私の場合ひとつだけありました。オーディオ機器です。

オーディオはなくても航行できますが、釣りだけがボートではないので、やはり欲しい。と設置したのですが、メモリー維持のための電源が唯一必要な機器です。

GPS魚群探知機、無線機は、スイッチOFFでもスタンバイ機能が動き、微電流を消費しているようですが、常時電源は必要ありません。

カーオーディオなので常時電源を遮断をすると、日時、ラジオ局選択、音質設定のすべてが初期化します。日時は無くても良いし、ラジオ局はオートサーチすれば問題なし、しかし、気に入った音質設定を毎回するのは、少々厄介です。以前は、毎回航行準備行程のひとつでしたが、面倒で、常時電源設定を選択が経緯です。

オーディオ機器は、電源遮断で常に初期化される

オーディオ機器は、電源遮断で常に初期化される

 暗電流の値はどのくらい

車の暗電流30-50mAと言われています。

1日には単純計算で 0.7-1.2A、1か月ならばとても大きな消費で、ボートのように電流遮断ができない電気です。

 meikeimaruの暗電流

実測しました。エンジン系は別配線ですから、電装機器だけの数値で、29mAでした。すると、単純計算で1日に 0.7A です。

電装機器は、GPS魚群探知機、無線機、オーディオと、既に機械的に遮断がある灯火や室内照明で、エンジン別で29mAです。

暗電流の計測値 29.2mA

暗電流の計測値 29.2mA

 電源取得の変更

気に入らない電源配線を今回変更して、オーディオ機器も通常の電装品と同様の電源取得で、常時電源の別配線は取り除きました。

電装品用バッテリーから取得している常時電源

電装品用バッテリーから取得している常時電源

ダッシュパネル内でオーディオ機器に接続

ダッシュパネル内でオーディオ機器に接続

常時電源を取外し、通常電装機器用電源から取得

常時電源を取外し、通常電装機器用電源から取得

 バッテリー電源ONでの問題

エンジン系のバッテリーは、OFF。電装品用のバッテリーのみONは、長期間でなければ、基本的には問題はないでしょう。

電装機器用電源は、エンジン系と違うバッテリーなので、エンジン始動には問題なし。エンジン始動で、すべてが充電ができ、そのバッテリーも容量が大きく、電力枯渇に強いディープサイクルバッテリーです。

1日 0.7A程度の暗電流の消費は、エンジン始動とともに充電されますが……。

 これからの運用

エンジン以外の電源は、保管中の通電は微々たる暗電流だけで、1か月は十分でしょう。それでも、基本的には、オーディオだけの問題ですし、車だとACCの常態とほぼ同様ですから、短期間に連続航行以外は、バッテリースイッチOFFにするのが懸命でしょう。暗電流の理解で、悩ましい問題に踏ん切りがついた勘定です。

しかし、朗報。電源遮断でも音質設定は初期化しないモデルを、メーカーでお聞きしました。

現在のパイオニア製より上位機種で、音質に定評のあるモデルです。これが、解決策ですね。

マリン用でないと基盤が痛むという説もありますが、前のは10年使って音質改善で代替でしたが元気でした。

ボートのメンテナンスTOPページ DIYレベルでできるいろいろを実技解説します。船外機の油脂交換から部品の定期交換、電装系メンテや取付、艇体艤装関連、メンテナンスのページです。DIYerメンテは、ボートの楽しみを広げます。

 あとがき

別配線での常時電源という何か不安定要素で気に入らず、暗電流の理解で区切りをしました。どうにも悩ましい問題は解決です。しかし、車は随分と電流が勝手に流れていて、バッテリーに負担をかけているのですね。

オーディオのアップグレードの口実を作れました。ウフフ

暗電流は、電装機器の健康状態でしょう。スイッチやリレーなどの不具合が出ていれば、暗電流も変化するでしょうから、1年1回の定期的な計測も必要なのかもしれません。

今釣れている旬の魚の実釣記録です。狙った潮で釣った胸のすく釣り、まぐれで嬉しい釣り、実力の貧果まで、来年の今日のための実釣記録です。99.9%ひとり気ままに午前中だけの釣りですが、おいしい魚の釣りものを参考にどうぞ。
meikeimaru の失敗から生まれた推論と実戦のノウハウ集です。ボート釣りでの仕掛けやタックル、釣り方など、実釣記録に基づく活きた内容として、情報提供をします。播磨灘で培った私のノウハウですが、参考にしてください。
meikeimaru のボートノウハウとメンテナンス ボートの操船や維持のノウハウや、艇体や船外機エンジンのオイル交換、グリスアップ、定期交換部品などのメンテナンス方法や作業手順をわかりやすくまとめています。