玉網、ボート釣りは、使いやすいさで万全を期す

シェアする

釣り上げは、魚に応じた玉網を使う。裏方だが重要

 ひとり気ままな meikeimaruの推論と失敗から生まれたハウツー

魚に対してで大きすぎの玉網だけど、至福の瞬間

魚に対してで大きすぎの玉網だけど、至福の瞬間

meikeimaruの推論と失敗から生まれた実戦ハウツー。テーマは、「使いやすい玉網」

沖釣り、meikeimaru のボート釣りというシーンで、玉網についてのお話です。魚の大小問わず、最後の最後にハリ外れで海に帰られるのは、かなり凹みます。魚の顔を見ただけに、そりゃ悔しいです。

ひとり気ままなボート釣りですが、大物をかけてやっとの思いで浮かした後、玉網に入れは、なかなかどうしてたいへんです。船長!リーダー入ったで!と言ってみたいですが、キャプテンアングラーのセルフランディングです。ここが一番の緊張で、がっちりとカンヌキにかかっていれば心配ないですが、不安定なフッキングだと震えが来ます。

尺サイズ以上は、積極的に玉網を使うのが無難で、そのためにも自分に使いやすい玉網を用意しましょう。

このジグのかかり方は、思い切り走られるパターン メジロに勝った

このジグのかかり方は、思い切り走られるパターン メジロに勝った

〇 使いやすい玉網とは
〇 meikeimaru の玉網
〇 こんなところチェック
〇 あとがき

 使いやすい玉網とは

■魚に応じた枠の直径

大きければ大きいほどすっぽり入るが、過ぎたるは及ばざるで、枠の横幅は 50-60cm前後が使いやすい。

■魚に応じた網の深さ

枠幅と同等以上の深さがないと、魚長の2/3は入らない。

■軽い

片手で扱うから軽いのは条件だが、強度を考える。

■ハリが網に絡まりにくい

大事。ハリが絡むと外すだけで、手返しが遅くなる。

■水切れが良い

魚を追いかけてはいけないが、移動はさせるので、水の中で動きやすいもの。

■枠が頑丈でグラグラしない

ボート釣りの玉網は、持ち運び浮揚のため固定枠の方が、丈夫で使いやすい。

タコは丁寧に玉網を使うのが無難

タコは丁寧に玉網を使うのが無難

meikeimaru の玉網

狙いの魚で使い分けしていますが、50cm幅のものが使いやすさにもっともかなっているので、常に使用しています。

一番大きいのは、60cm幅で、ブリ狙いの時は持って行きます。

ラバーネットは40cm幅、ライトジギングでハマチやツバスのサイズには、フックが絡まず、手返しが速く重宝します。ネットは、若干浅めで水切れが悪いので重めに感じますが、便利です。

左からブリ用、使いやすいラバーネット、汎用性高い50cm枠

左からブリ用、使いやすいラバーネット、汎用性高い50cm枠

ハマチやツバスサイズならば抜き上げもできますが、床に置いたとたんに強烈なバタバタを始めます。押さえつける間にフックでケガをしかねないですから、玉網の中、それも浮かした状態が手早いです。おまけに血でも出していたら、大騒ぎで、洗浄だけでも大きな手間なので、必ず玉網で取り込みます。

タコ用としてもぴったりです。タコの最後にポロリは、悔しいので、面倒がらずに使います。

常用は、50cm幅とラバーネットです。よろず使いとイケス用の35cmや小アジ生餌用のかわいいのは、後方部隊です。

小さめサイズの後方部隊の玉網

小さめサイズの後方部隊の玉網

こんなところチェック

船で使う玉網は、持ち歩く必要がないので格納できる機能は不要です。

 網の目と枠の取り付け部

網が張りのある糸で作られていて、目が粗いのが、ハリやフックが絡まなく、手返しが速くなります。絡むと、意外に外すのに時間がかかり、時合いを少しでも無駄にします。

網は、粗目の方がジギングではフックを外しやすく手返しが速い

網は、粗目の方がジギングではフックを外しやすく手返しが速い

持ち運ばないボートでは右の取付タイプが丈夫でガタが来ない

持ち運ばないボートでは右の取付タイプが丈夫でガタが来ない

網の補修や交換

サワラの歯や何かの加減で破れます。破れると、そこからさらに破れますので、釣具店にある補修糸で修理すれば、十分に使えます。また、紫外線で必ず弱くなり破けが出た時は、交換します。丈夫な枠ならば、結構長持ちしますし、網を交換すると気分一新です。

切れて破れたら必ず補修をする

切れて破れたら必ず補修をする

あとがき

なんだかんだと言いながら、この玉網に大物が入ったら、「ウォーッシ!!」と下品に大声上げています。自分で最後までやり遂げた達成感があります。このセルフランディングにこだわるボートアングラーは多いと聞きます。至福の時です。

ブリやメジロにサワラのでかいの、タコのキロもの、尺アジ

1年に何回もあるわけでないし、そう簡単に大物は釣れませんが、玉網入れは、渓流釣りや清流の鮎、磯の上物、へら 皆セルフランディングですが、格好いいですよね。揺れる船上でもあんな風にできたらと思いながら、ドタバタやっています。

野心を胸に海に出て、玉網をバンバン使う大物を狙いましょう。

今釣れている旬の魚の実釣記録です。狙った潮で釣った胸のすく釣り、まぐれで嬉しい釣り、実力の貧果まで、来年の今日のための実釣記録です。99.9%ひとり気ままに午前中だけの釣りですが、おいしい魚の釣りものを参考にどうぞ。
meikeimaru の失敗から生まれた推論と実戦のノウハウ集です。ボート釣りでの仕掛けやタックル、釣り方など、実釣記録に基づく活きた内容として、情報提供をします。播磨灘で培った私のノウハウですが、参考にしてください。
meikeimaru のボートノウハウとメンテナンス ボートの操船や維持のノウハウや、艇体や船外機エンジンのオイル交換、グリスアップ、定期交換部品などのメンテナンス方法や作業手順をわかりやすくまとめています。