リールのメンテナンス

シェアする

リーダー交換 リールのメンテ

リールメンテナンス

リールメンテナンス

冬からこっち、釣りをしていなかったので、いよいよシーズンインですので、釣りのリールのメンテナンスとリーダーラインの交換を夜な夜な行いました。桜も咲いて暖かくなると、寒いうちは億劫だったことを少しずつほぐすようにして、始めるのは毎年のことのようです。

釣行の後に、使用したリールを水洗いして、塩抜きは毎回実施していますので、深刻なダメージを受けているならばメーカーにオーバーホールに出せばよいのでしょうが、通常はシーズンインのこの時期に、それなりにグリスアップとPEラインのシリコン塗付をしっかりしておけば、この1年も快調に魚を釣り上げることができそうです。

最近のリールの性能は益々よくなっていますので、シーズン中は、PEラインのシリコン塗付くらいなもので、あとは使用後のしっかり水洗いで、海水の塩を落としていけば、大丈夫です。基本的に錆びるようなパーツが使われているのではないですから、塩対策だけをしっかりとシーズン中はしておけば、コンディションを保てます。

PEラインを使用する際のリーダーラインは消耗品ですから、適時交換をしていかないと、いざという時に切れたりのライントラブルを発生させ、悔しい思いをしなくてはなりません。

リーダーラインの交換には、必ずPEラインとリーダーラインを結び連結させる作業が出てきます。釣りのラインは、特殊なものですから特殊な結び方をしないと強度が保てないのは、ご承知のとおりですが、このラインを結ぶという作業が、上手な方は素晴らしいものですが、不器用な私は、もたもたとしてしまいます。

最近は、リーダーラインと道糸のPEラインの交換で結ぶ際は、「ラインツイスター」電池で動く便利な機会を愛用しています。便利で素早く均一な結び方が作れるので、お気に入りです。何が良いかというと、均一的にできるというのは失敗が少なくなります。年とともに老眼も進み細かい作業が辛くなるものですが、このような問題を救ってくれている、便利な機会です。考えた方はすごいですね。

リールのオイルとグリスはシマノ純正を使用しています。ギア物の部分は、結構いろいろなもので純正にこだわります。エンジンオイルなんかがその代表ですね。

反面、PEラインの滑りを良くして、耐摩耗性向上のシリコンスプレーは、KURE のシリコンスプレーを使用しています。

シーズンへ向けての、メンテナンスは「道具」や「機械もの」を扱うのならば、必ず必要です。これを怠ると、必ず後で良くないことになりますし、最近のメーカーものの道具や機械は、しっかりとしたメンテナンスをすれば、耐用年数は非常に長く伸びていきます。

メンテナンスをしながら長く使うことが、好きなのかもしれません。楽しんでいます。

今釣れている旬の魚の実釣記録です。狙った潮で釣った胸のすく釣り、まぐれで嬉しい釣り、実力の貧果まで、来年の今日のための実釣記録です。99.9%ひとり気ままに午前中だけの釣りですが、おいしい魚の釣りものを参考にどうぞ。

meikeimaru の失敗から生まれた推論と実戦のノウハウ集です。ボート釣りでの仕掛けやタックル、釣り方など、実釣記録に基づく活きた内容として、情報提供をします。播磨灘で培った私のノウハウですが、参考にしてください。

meikeimaru のボートノウハウとメンテナンス ボートの操船や維持のノウハウや、艇体や船外機エンジンのオイル交換、グリスアップ、定期交換部品などのメンテナンス方法や作業手順をわかりやすくまとめています。