ジギングのアシストフックを簡単な方法で作成する

シェアする

作ってみよう。自前のアシストフック

 meikeimaru のボート釣りHowTo

簡単に作れるアシストフック

簡単に作れるアシストフック

アシストフックの多くは、自前で作成しています。

それは、複雑な工程で、セキ糸で巻き上げていくようなことをしないで、アシストPEラインというような名称で売られているラインを使用して、エサ釣りのハリのように内掛け結びや外掛け結びで、フックとラインを接続して、使用しています。

市販のアシストフックも使用しますが、自前作成のフックでトラブルを生じたこともなく、快適に使っています。

使っているうちに、アシストラインは軟らかくなり、ラインそのものに張りがなくなってきて、ジグに絡むようなことが出てきます。当然、フッキング率も悪くなるので早めに交換をします。

食わせて口にハリをかけるのではなく、ジグに寄ってきたところを口の周囲に引っ掛けるというパターンですから、ラインに張りがないと、フッキング率は低いでしょう。パーツをそろえれば、低コストで交換できますので、自前で製作がおすすめです。

使い込んだアシストフック

験が良いので使い込んだアシストフック

右側は、随分使い込んでいますが、験を担いで使い続けましたが、これで多くを釣りました。こうなると、ジグにはからむし、フッキング率も確実に下がってきます。少々貧乏性の使い過ぎですね。

準備するもの

 ライン

100lbがレギュラーサイズで使用。50lbは、ライトジギング用、35lbは、タイラバ用です。150lbも使ってみましたが、そこまで必要ないですね。

ラインは何種類か用意

ラインは何種類か用意

 ソリッドリング

#5-#6クラスを2-3種類用意すれば十分。

ソリッドリング

ソリッドリング #5 #6

 熱収縮チューブ

チモトのカバーに使用する熱収縮チューブは、釣り用の赤色も、安価な電設用の黒も同様で、内径4-5mmサイズがあればきれいにできます。

熱収縮チューブ

熱収縮チューブ 黒が電設用安価

 フック

好みのメーカーで、2/0、3/0、4/0があれば、80グラムから200グラム以上のジグに対応できますし、ツバスからブリまでOKです。

フック 2/0 3/0 4/0

フック 2/0 3/0 4/0

作り方

 フックにラインを結ぶ

メーカーや大ベテランの方々は、市販製品のようにセキ糸などを使い編み込むように作成しますが、なかなかどうしてそれは難しく時間もかかります。強度的に問題があればですが、普通に外掛け結びか内掛け結びで強く締めこめば、通常これまでにトラブルはありませんでした。外掛けか内掛けかどちらも強度は変わらないと考えています。これは、どちらも試して、気に入った方を使えばOKのレベルと思います。ここでは、撮影しやすい内掛け結びにしていますが、私の大半は外掛け結びです。理由は、早く結べるからです。

結んだ、ラインは両端を引っ張り締め込み、ラインとフックを持って締めこんでください。ここは重要です。瞬間接着剤をわずかに使用するのも安心のためにお勧めです。

ラインをフックに結ぶ

ラインをフックに結ぶ

 ラインの長さを決め、両端にフック

ラインの長さを決めて、両端にフックを結びます。このラインの長さは、使用するジグで多少の長短に好みで出てくるでしょうが、5-6cmくらいに調整が平均的です。

ラインの長さを決めて両端にフックを結ぶ

ラインの長さを決めて両端にフックを結ぶ

 ソリッドリングを結ぶ

中間点をそのままリングにくぐらせ回し込みます。これだけでは動きますので、1回転結びます。どちらも単純な結び方です。

ソリッドリングを結ぶ

ソリッドリングを結ぶ

 熱収縮チューブ

チューブを2cmくらいの適当な長さに切って通し、ライターなどで炙り収縮させれば完成です。炙り過ぎは、ラインを損傷させますので、サッと炙り縮めば完了です。瞬間接着剤と、この熱収縮チューブですっぽ抜けのトラブルは防止できます。

これで、アシストフックの完成です。簡単に十分な強度持つフックが出来上がります。ぜひ、お試しください。

アシストフック完成

アシストフック完成

 ストックする

フックのサイズやラインの長さを変えた在庫を持っておけば、いつでもスプリットリングでジグに取り付けて、ジギングのスタートです。

アシストフックのストック

アシストフックのストック

 アシストフックに限らず、キス釣りの小さなハリや、のませ釣り用の大きなブリ狙いのハリ、さらにはサビキハリも市販のものでそろえるより、自前で作るのも楽しいです。

コストで考えると、それは釣行回数で大きく左右されますが、釣果を考えながら夜な夜な様々な仕掛けを作るのも、釣りの楽しみのひとつで、好きな時間です。

 HOMEへ戻る

今釣れている旬の魚の実釣記録です。狙った潮で釣った胸のすく釣り、まぐれで嬉しい釣り、実力の貧果まで、来年の今日のための実釣記録です。99.9%ひとり気ままに午前中だけの釣りですが、おいしい魚の釣りものを参考にどうぞ。
meikeimaru の失敗から生まれた推論と実戦のノウハウ集です。ボート釣りでの仕掛けやタックル、釣り方など、実釣記録に基づく活きた内容として、情報提供をします。播磨灘で培った私のノウハウですが、参考にしてください。
meikeimaru のボートノウハウとメンテナンス ボートの操船や維持のノウハウや、艇体や船外機エンジンのオイル交換、グリスアップ、定期交換部品などのメンテナンス方法や作業手順をわかりやすくまとめています。