ボート釣り 明石沖、夏の照りタコ数釣りの終盤戦 2019/8/11

シェアする

 meikeimaruのボート釣り 狙いは、「夏タコ数釣り」

明石沖のボート釣り最新情報をお届けします。

夏もピークの暑さが続きますが、青物狙いで失敗ばかりをして凹んでいるところにこの暑さで、ボートに乗る気力が衰えていましたが、タコのオーダーが入りプレッシャーを感じながら、暑さとタコの数にチャレンジしました。

夏タコは順調

釣られてしまい頭をかくタコ

朝の潮止まりを狙い、潮が動き日差しがきつくなる前に沖上がりを目論見、なんとか20ハイを釣りました。

大型が出るような雰囲気はないものの、新子タコがそれなりに大きくなり、楽しい数釣りになり、また例のケミホタルの効果か、紫ヘッドのタコエギ効果かはわかりませんが、3時間弱で、忙しい釣りができました。8月いっぱいはこんな数釣りが楽しめそうです。

 概況

 2019年8月11日(日)若潮 満潮 5:04 干潮 12:48 (二見)

 明石海峡転流 7:25 最速 東流 10:51 3.5kt

 海況:波穏やか 水温27.1℃

 釣果 タコ 200グラム超-500グラム 20ハイ

 仕掛け タコエギ2本+小型スッテ ケミホタル蛍光色使用 オモリ40号

ポイント 明石二見沖、禁漁設定エリア外

タコの下ごしらえ完了

いろいろなサイズで20ハイ 下ごしらえ完了

 状況 釣行(出港帰港)時間 5:10-8:30

7時25分の明石海峡の転流ですので、二見沖は6時半頃から潮止まりになるでしょうから5時過ぎには釣り開始です。熱帯夜が続き体調不良ですが、夜明けの海は何とかなる気温です。

二見沖の禁漁区を出て、さらに沖の水深16mのポイントに入ります。ここは、上げ潮で稼げていたポイントですが、タコ網の漁船が多い時は釣りにくく避けていました。今日は、網漁船をほとんど見かけませんので、ポイントをしっかりと狙いえます。潮は、上げ潮の最終で1ノットを切ろうとしていますので、絶好の状況です。

最初のタコエギは、紫ヘッドの黄色ボディーと薄いグリーンで攻めます。リーダーにこのところ使い続けているケミホタルを使用します。効果のほどは数値化ができないのでわかりませんが、なんとなく面白くて使っています。

タコエギとケミホタルのコンビ

秘密兵器のケミホタルと紫ヘッド

さて、スタート。最初の着底後、少しの間で前アタリのヌンという重みが出ました。焦るなと自分に言い聞かせ、ふた呼吸待ってアワセを入れると、ズンと重みが伝わります。タコ釣りの最高の面白さです。ひと流しで3連続で、もううれしくてうれしくてと、やはりケミホタルかなと考えていますが、潮と場所が良かったのでしょう。

良いペースが続きましたが、潮がさらに緩み始めると乗らなくなりましたので、タコエギのグリーンを白色に変更したら、再び乗ってきました。カラーが当たったようです。潮が止まるまで、順調に釣れ続きますので楽しく、サイズも200グラムを超えたようなサイズもいるにはいますが、300-500グラムが釣れます。

潮の変化や何かの加減でアタリが遠のいたらエギの交換です。少し色を変えることでタコの目先を変えることができそうです。今年は、雨が少なかったので、水が澄んでいたようで、黄色や緑の柑橘系カラーの絶好調が続きました。ここへきて、白色で釣れたというようなうわさがありましたが、どうやらピンポンだったようです。

ケミホタル。好奇心の塊で縄張り意識の高いタコですから、あの怪しげな光に反応しないとは思えません。タチウオでは効果があるということで、多くの釣り人が夜釣りやテンヤ釣りで使用されていますが、タコはどのように見ているのでしょうか。

逃亡を試みるタコ

油断も隙も無い。常に逃亡を試みるタコ

下げ潮に転じてからは、潮が速くなるタイミングが早く、8時過ぎには1ノット以上になってきました。釣果も20ハイになりましたので、十分なものです。3時間弱の釣りですから、生産性高く釣れましたね。まだ暑さも控えめのうちに沖上がりにします。これが、ひとり気ままなボート釣りの良いところです。

タコの風呂上り

風呂上がり

干しタコを炙る

干しタコを炙る

タコの干し物を作りました。小さめのタコを塩を振って丸干しですので、簡単にできます。しかも、この強烈な日差しですので、きれいに乾いてくれます。これを、網で炙って、ちぎって食べますが、肴として、とてもおいしいものです。

このおいしさを味わうと、盆明けの時期、青物狙いになるものの、タコを釣ってきたくなります。この釣りは、ゲーム性があって、はまってしまう面白さと、何といっても美味しいタコが呼び寄せ、暑くても何回も行ってしまう釣りです。

 HOMEへ戻る

今釣れている旬の魚の実釣記録です。狙った潮で釣った胸のすく釣り、まぐれで嬉しい釣り、実力の貧果まで、来年の今日のための実釣記録です。99.9%ひとり気ままに午前中だけの釣りですが、おいしい魚の釣りものを参考にどうぞ。
meikeimaru の失敗から生まれた推論と実戦のノウハウ集です。ボート釣りでの仕掛けやタックル、釣り方など、実釣記録に基づく活きた内容として、情報提供をします。播磨灘で培った私のノウハウですが、参考にしてください。
meikeimaru のボートノウハウとメンテナンス ボートの操船や維持のノウハウや、艇体や船外機エンジンのオイル交換、グリスアップ、定期交換部品などのメンテナンス方法や作業手順をわかりやすくまとめています。