ボート釣り 明石タコ狙いなれどはしりは数が出ない 2019/5/4

シェアする

 meikeimaruのボート釣り 狙いは、「明石タコ」

明石沖のボート釣り最新情報をお届けします。

「meikeimaruで釣れた」という、正真正銘間違いないものですが、必ずしも毎回釣れるとはいかないです。釣りができる日に、朝の時間帯短時間釣行で、週に2-3回の釣り情報をと目論んでいるものの、タコの数は伸びなく凹んでいます。

 概況

 2019年5月4日(土)小潮 満潮8:02 干潮15:02 

 明石海峡転流10:23 最速 西流7:43 4.3kt

 海況:晴 風波ともに穏やか 水温14.7℃

 釣果 タコ 4/29 600g×1、5/2 400g×1、5/4 950g×1 と、毎日1ハイのトホホ

 仕掛け タコエギ ラインPE3.0号、リーダー12号、オモリ40号

 タコエギに加えて、タコスッテを1本入れた3本仕掛け

 サオ:タコ専用ロッド、おすすめ

 リール パワフルタイプ

5/4の950グラムのタコ

5/4の950グラムのタコ このサイズが2ハイ釣れるともう満足

 状況 釣行(出航帰港)時間 6:30-9:30

天候も回復して春らしい天気になり暖かい釣行ができます。しかし、サイズは良いものの数が伸びなく毎日「トホホ」が続きました。今日こそは今日こそはでしたが、ちょっと残念な貧果になってしまいました。

4/29の600グラムのタコ

4/29の600グラムのタコ

それでも、5/4は、あと僅かで1キロに達する950グラムを引っ張り出し、食べ応えのある大きさです。これが2ハイ来るともう満足なのですが。

ハイシーズンは1ハイ釣ると、その周辺で続けざまに釣れることが多いのですが、それが無く、タコの寄り場がガラガラに空いているようです。

タコエギの色を変えて、スッテもいろいろ試してみるものの、2ハイ目が出ない不満があります。

スカリの網目から、逃亡を常に考えている

スカリの網目から、逃亡を常に考えている

誘い方は、大きく3種類です。

  • 細かく細かくトントントンと小刻みな動きを送り続けます。
  • もう少し大きく、トーントーンと繰り返し、しばらく底に着けて待ちます。この繰り返し。
  • 単純なズル引きです。

いずれの誘いも、「ヌン」と重みが出ますので、ひと呼吸待ってから思い切り合わせます。巻き上げでバレる時は、この思い切りのアワセが効いていないと思われますので、思い切り合わせてください。

この時の重量感が、タコ釣りの真骨頂です。

ボート釣りで粘って3ハイ前後が平均値のようです。私のようにあきらめが速いとダメですね。もっと粘らないと。乗合船は、7時間くらい釣りますので徹底をしていますね。やはり、腕前の違いも大きいようですが、このサイズですと、1ハイでもいろいろな料理を堪能できますので、3ハイ目指して狙ってください。

タコの刺身は定番、煮ダコはうまい、ガーリックソテーも好物

タコの刺身は定番、煮ダコはうまい、ガーリックソテーも好物

連休最終迄のタコゲームが楽しみです。その後も、日に日に良くなりますので、大いに楽しみです。

皆さん、明石のタコを狙いましょう。ボート釣りで短い潮どまり前後を狙う釣りは、面白いです。また、午前午後の潮止まり2回を狙うのも釣り応えがあります。また、二見港の乗合船もタコの数も多い良いスタートをしています。おいしい明石タコを狙ってみませんか。

 HOMEへ戻る

今釣れている旬の魚の実釣記録です。狙った潮で釣った胸のすく釣り、まぐれで嬉しい釣り、実力の貧果まで、来年の今日のための実釣記録です。99.9%ひとり気ままに午前中だけの釣りですが、おいしい魚の釣りものを参考にどうぞ。
meikeimaru の失敗から生まれた推論と実戦のノウハウ集です。ボート釣りでの仕掛けやタックル、釣り方など、実釣記録に基づく活きた内容として、情報提供をします。播磨灘で培った私のノウハウですが、参考にしてください。
meikeimaru のボートノウハウとメンテナンス ボートの操船や維持のノウハウや、艇体や船外機エンジンのオイル交換、グリスアップ、定期交換部品などのメンテナンス方法や作業手順をわかりやすくまとめています。