ボート釣り シロギスを狙う3 家島諸島で夏本番の面白さ 2019/7/28

シェアする

meikeimaruのボート釣り 狙いは、「シロギス」

明石沖のボート釣り最新情報をお届けします。

家島群島上島沖のシロギスのボート釣り3です。

へえ、キス釣ってるの?面白い?と言われることがありますが、間違いなく面白く時間の経過を忘れてしまう楽しさです。私の小物釣りで、キスにベラ、そして小アジにイワシは、ブリを狙うのと同じくらい楽しく、おいしく食べたい釣りです。

しかし、一気に夏になり暑いのなんの。まだまだ、これから潮が効いてくるのに、暑さに負けて10時に沖上がりです。家島の満潮が6時だったので、8時くらいから潮が動き始めました。6時くらいから潮が動けば、ちびっこガッチョの猛攻の前、そして暑くなる前に、釣りができたようです。

夏本番のシロギス釣りです。キス独特の軽快なアタリを味わい数が狙える時期です。

きれいなシロギス

きれいなシロギス

 概況

2019年7月28日(日)若潮 満潮 6:02 干潮 13:20 (家島)

 明石海峡転流 7:02 最速 東流 10:44 3.6kt

 海況:波穏やか 水温26.6℃

 釣果 シロギス 12-16cm×18匹

 仕掛け テンビン1本ハリ仕掛け ラインPE0.8号、リーダー4号、オモリ12号 ハリ流線8号

 サオ:軟調 2.7m 錘負荷8-12号

 ポイント 家島諸島 上島の北側砂地

シロギスの良い釣果

シロギスの良い釣果

 状況 釣行(出港帰港)時間 6:30-10:30

家島の満潮は6時なので、7時くらいからの釣りが潮を見た感じになるだろうと予測して、ゆっくり目の6時半の出航で、西に向かって30分走ります。

上島北側のポイントは、まだ潮の流れになる前の段階で、のんびりしています。エサの石ゴカイを1匹刺しで探り始めます。水深22m、12号のオモリで静かに攻めます。キスとは違う、プンプンプルンという、そうです「ちびっこガッチョ」のアタリです。潮が動く前の猛攻に会いました。5匹連続ガッチョが来たので、6匹目は海に返さないで、バケツに入れておきました。きっと、「エサ食べても大丈夫だよ。釣られても返してくれるよ。」と言っているのかもしれません。「あれっ、帰って来ないよ。」「食べたら危ないかなあ。」と言っているかはわかりませんが、バケツに4匹入ったところで、キスがぼちぼち出てきました。誘いを速くしたり大きく動かしたりとしましたが、どうしても潮が緩い時はガッチョが出てきます。ガッチョやテテカミが連続するのは、潮が緩いか誘いが遅いかです。

8時過ぎには、潮が流れるようになり、キスが連続します。つぬけの10匹釣ってにっこりで、11匹目が来たと思ったところで、穂先が突っ込みます。エソです。ハリが小さいのでハリがかりはしていなく、海面まで来て40cm以上のエソの大きな口からキスが飛び出しました。ハリがかりしたキスを、いきなり丸飲みしたのですね。あー怖い。キスの鱗がなくなっています。

エソにやられたシロギス

エソにやられたシロギス

その後、順調に釣れ続けるものの、気温が上がり日差しはきつくなってきて、我慢のひもが切れてしまったのが、18匹釣ったちょうど10時で、ここで沖上がりにしました。

前回同様の快釣さで、忙しいくらいの釣りでした。ちびっこガッチョもキスと同数くらいは釣っていますので、小物いじめながらも楽しい釣りです。潮が効くまでは、どうしてもガッチョやテテカミのエサ取りが来ます。潮が動き始めて、誘いをきっちりとするとキスが確実に釣れてきます。

サイズは残念ながら20cmなんてなかなかの状態ですが、もともと夏のシーズンは、小さいサイズの数釣りですのでこんなところでしょう。暑さ対策をしっかりとして、潮を読んで朝一番から午後まで狙えば、本当のキスの数釣りの釣果になるでしょう。それが狙える季節です。

上島周辺は砂地が展開

上島周辺は砂地が展開

上島周辺は、砂地のポイントが広がっています。潮に乗せて大きく流しながらアタリが出た場所をマークしていきます。それらは、キスの寄り場だったり、高速遊泳の通り道のはずで、この時期は毎回狙えるはずです。

軟調のサオでキスを釣る面白さ

軟調のサオでキスを釣る面白さ

私のこだわりは、軽いオモリとそれに応じたやわらかいサオ。これで、プルルンルンルーンと穂先をひったくるようなアタリが連続して出てくると、至福の時です。ブリのズンズンズーングイーンのアタリと同じように楽しいです。その気持ちの良いキスのアタリを感じるためにも、やわらかいサオと軽いオモリは欠かせないです。

多くの人が防波堤や砂浜から狙うキス釣りをライトタックル1本ハリでボートから狙うと、趣の違った楽しい釣りができます。砂地のポイントを見つけて、気持ちの良いアタリを見せるキスを釣ります。ミニボートでもできるライトタックルのキス釣り基礎編です。

ボートからのシロギス釣りが夏の数釣りパターンになってきました。朝の短時間でコンスタンスにストレスなく釣れるようになりました。潮を選んで朝一番の涼しい時間帯での短時間勝負が快適です。塩焼き、天ぷら、唐揚げ、ソテーと何で食べても美味しい魚です。狙ってみましょう。

夏の定番、シロギスをボートから家島諸島上島沖で狙います。白身のおいしさは、焼き、天ぷら、唐揚げ、型物は刺身と上品な味を暑い季節に堪能させてくれます。20匹を目標にして、そこで沖上がりとしましたが、潮はこれからでしたのでまだまだ釣れ続ける、絶好のシーズンです。

 HOMEへ戻る

今釣れている旬の魚の実釣記録です。狙った潮で釣った胸のすく釣り、まぐれで嬉しい釣り、実力の貧果まで、来年の今日のための実釣記録です。99.9%ひとり気ままに午前中だけの釣りですが、おいしい魚の釣りものを参考にどうぞ。
meikeimaru の失敗から生まれた推論と実戦のノウハウ集です。ボート釣りでの仕掛けやタックル、釣り方など、実釣記録に基づく活きた内容として、情報提供をします。播磨灘で培った私のノウハウですが、参考にしてください。
meikeimaru のボートノウハウとメンテナンス ボートの操船や維持のノウハウや、艇体や船外機エンジンのオイル交換、グリスアップ、定期交換部品などのメンテナンス方法や作業手順をわかりやすくまとめています。