ボート釣り 明石タコの大物を狙う 2019/5/24

シェアする

 meikeimaruのボート釣り 狙いは、「明石タコ」

明石沖のボート釣り最新情報をダイジェスト版でお届けします。

明石のタコ、連日安定した釣果が出るようになってきました。

=========================================

 概況

2019年5月24日(金)中潮 満潮2:52 干潮18:49

 明石海峡転流9:44 最速 西流11:41 1.4kt

 海況: 波穏やか、水温18.4℃

 釣果 タコ 1.5キロから400グラム×6ハイ 1kg超が3ハイのご機嫌釣果

 仕掛け タコエギ ラインPE3.0号、リーダー12号、オモリ40号

 タコエギに加えて、タコスッテを1本入れた3本仕掛け

 サオ:タコ専用ロッド、おすすめ

 リールはパワフルなパワータイプ

ポイント 明石二見沖 来週からは禁漁エリア設定あり

タコの乗りが良い日

タコの乗りが良い日

 状況 釣行(出航帰港)時間 5:30-9:00

今日の潮は、明石海峡では上げ潮も下げ潮もあるようですが、二見沖ではメリハリのない下げ潮が一日続く模様です。それでも潮位グラフでは、7時頃に止まるような緩みが出る感じです。ここが今日の時合いと見て、7時過ぎからのタコ狙い、その前に神鋼ケーソンでスズキ狙いをしてみました。

5:30過ぎの下げ潮は、神鋼ケーソンの白灯付近で1.5ノットくらいの流れを作っていて、ベイトの反応もありますので、調査を兼ねて狙ってみました。

結果は、シーバスロッドに30グラムのバイブレーションで一度だけあたってきましたが、フッキングはできませんでした。ここも、潮が効いていれば面白いことになるかもしれません。またの機会の課題です。

さて、7時から二見沖のタコ釣りです。7:30-8:30までの間、集中して乗ってきました。それに今日は、大物ぞろいで、キロオーバーの型物タコが3ハイも釣れました。1日でキロオーバー3ハイは自己記録です。最大は1.5キロクラスでしたが、このサイズになるとアワセを入れた時、動きません。たまらない快感で、釣り上げるまで冷や冷やものですが喜びは大きいです。

昨日は、アワセるタイミングが早くなり連続バラシをしていましたが、今日はしっかりとしたタイミングを心がけ、ばらしませんでした。

キロもののタコ

キロもののタコ

エギとスッテは、オレンジ、イエロー、ピンクの派手系を昨日同様使用しています。どうやら正解のようで、良い反応をしています。また、スッテの効果も大きいようです。掛かりの良いスッテが足の奥に入っているケースが多々見られました。

派手系のエギとスッテで、トントンと小刻みに海底をたたいていくと、「ヌン」と軽い重みが出ます。ひと呼吸おいて、両手で思い切りのアワセを入れます。重量感ある手ごたえは、タコゲームの真骨頂です。また、釣れた場所は、必ずもう一度攻めます。かなり高い確率で乗ってきます。タコの寄り場です。

8:30までの1時間、コンスタンスに稼ぎましたが、潮が緩むとアタリが遠のき始めたので、8:45に十分な短時間勝負の釣果で沖上がりにしました。

タコの釣果、キロもの含めてごちゃごちゃ

タコの釣果、キロもの含めてごちゃごちゃ

タコの集合写真がうまく撮れなく、ヌルヌルと滑ってごちゃごちゃになってしまいましたが、太い腕の立派な奴です。

ボート釣りで、潮どまり前後の短時間を狙う釣りはおもしろいです。気楽なボート釣りの良いところです。10時には帰宅です。
また、二見港の乗合船も良いスタートをしています。おいしい明石タコを狙ってみませんか。

明石沖のタコのボート釣りには、禁漁区などのルールがありますので、順守してください。海上保安庁や西二見漁協に尋ねたら本年も昨年同様のルールだそうですので、明石市漁業組合連合会の「明石地先におけるタコ釣りに係る漁場利用規程」パンフレットPDFを参考にしてください。

 HOMEへ戻る

今釣れている旬の魚の実釣記録です。狙った潮で釣った胸のすく釣り、まぐれで嬉しい釣り、実力の貧果まで、来年の今日のための実釣記録です。99.9%ひとり気ままに午前中だけの釣りですが、おいしい魚の釣りものを参考にどうぞ。
meikeimaru の失敗から生まれた推論と実戦のノウハウ集です。ボート釣りでの仕掛けやタックル、釣り方など、実釣記録に基づく活きた内容として、情報提供をします。播磨灘で培った私のノウハウですが、参考にしてください。
meikeimaru のボートノウハウとメンテナンス ボートの操船や維持のノウハウや、艇体や船外機エンジンのオイル交換、グリスアップ、定期交換部品などのメンテナンス方法や作業手順をわかりやすくまとめています。