ボート釣り 明石沖のタコ朝一番で狙う 2019/6/13

シェアする

 meikeimaruのボート釣り 狙いは、「明石沖のタコ」

明石沖のボート釣り最新情報をお届けします。

明石タコのボート釣り、おいしく面白いタコゲームですが、6月に入り夏のタコ釣りになってきました。新子が釣れ始めて、サイズは100グラム以下リリースのローカルルール対象のちびっこタコが、多くなりました。7月8月には、彼らも少しは大きくなり、小さいながらも美味しいタコになります。

 概況

 2019年6月13日(木)若潮 満潮6:30 干潮13:08

 明石海峡転流7:44 最速 東流10:53 4.0kt

 海況:波穏やか、水温20.4℃

 釣果 タコ 600-300グラム×3ハイ 200グラム×5 ちびっこタコ多数(リリース)

 仕掛け タコエギ ラインPE3.0号、リーダー12号、オモリ40号

 タコエギに加えて、タコスッテを1本入れた3本仕掛け

 サオ:タコ専用ロッドは、おすすめです。 

 リールはパワータイプは必須。

 ポイント 明石二見沖禁漁エリアのさらに沖

 状況 釣行(出港帰港)時間 5:30-8:30

6時前から二見沖のタコ釣り開始です。いきなり、根がかりでタコエギにスッテ3個失いました。お気に入りで活躍しているグリーンとイエローがなくなり、朝からもう凹み、帰りたくなりました。

タコエギ 活躍のグリーンとピンク

今日、活躍のグリーンとピンク

仕掛けを作り直し、ピンクを入れて気分転換です。着底でいきなり軽い乗りが続き、3連発でちびっこタコの新子です。帰りたくなります。やっと、ズンと重い600グラムサイズが釣れ、ご機嫌が戻ってきます。釣れるペースは順調そのもので、数だけならば満足ですが、リリースサイズが続きます。200グラムクラスのリリースサイズの兄貴分も含めて、コンテナに海水を入れて観察していましたが、小学校のグラウンドみたいで飽きない面白さです。

チビタコはお帰りを願う

小学校のグラウンドのように動くちびっこタコ。この後お帰り願う。

二見沖東側の18m水深のポイントですが、ちょうど良いくらいの上げ潮の流れですが、大きいサイズが乗るまでに、ちびっこタコが素早くエギに来てしまうのでしょう。何ともなりません。

それでも、600gクラスから300グラムクラスまで3ハイとちっちゃい兄ちゃんクラスの200gを合わせて8ハイで、上げから下げに潮が替わり、沖上がりの合図のような1ノットを超える流れになり帰港の途です。

100グラム以下リリースのちびっこタコには海に帰ってもらいます。6月はこんな感じが続くのでしょうが、新子の合間に大きいのを拾っていく釣りになりますが、活性はあるので結構楽しい釣りです。

タコにかじられた跡が残るタコエギ

タコにかじられた跡が残るタコエギ

<タコの採餌行動について>

この使い古されたエギ。頭と背中の表布が破れていますが、これは、タコにかじられて破れました。採餌行動がわかるもので、足(手)でエギを押さえるのが前アタリ、その後、シメシメとエサと間違え乗っかってきます。そして、足の付け根の口でガブリと来るのですが、このカジリつくまでを待って、大アワセを入れれば確実に足の付け根にかかるフッキングで、バレる心配はありません。前アタリ、待つ、大アワセ、この時のタコの行動をイメージしてください。足で覆うようにエギに乗るまで待つのが、タコゲームの奥義です。

夏ダコの季節に入ろうとしています。明日14日から天候悪化、16日日曜は晴れる予想でも風は残り出航不可。来週はいよいよ例年だと鹿ノ瀬にアジが回って来る6月の満月です。さて、アジの顔を見れるか、楽しみにしています。雨が降れば、タコにも魚にもスイッチが入り、海の様相が変化しますので、いよいよ期待の季節です。

明石沖のタコのボート釣りには、禁漁区や100グラム以下リリースなどのルールがあります。6月1日から禁漁区設定がされていますので、禁漁区以外の場所でボート釣りをしましょう。明石市漁業組合連合会の「明石地先におけるタコ釣りに係る漁場利用規程」パンフレットPDFを参考にしてください。

 HOMEへ戻る

今釣れている旬の魚の実釣記録です。狙った潮で釣った胸のすく釣り、まぐれで嬉しい釣り、実力の貧果まで、来年の今日のための実釣記録です。99.9%ひとり気ままに午前中だけの釣りですが、おいしい魚の釣りものを参考にどうぞ。
meikeimaru の失敗から生まれた推論と実戦のノウハウ集です。ボート釣りでの仕掛けやタックル、釣り方など、実釣記録に基づく活きた内容として、情報提供をします。播磨灘で培った私のノウハウですが、参考にしてください。
meikeimaru のボートノウハウとメンテナンス ボートの操船や維持のノウハウや、艇体や船外機エンジンのオイル交換、グリスアップ、定期交換部品などのメンテナンス方法や作業手順をわかりやすくまとめています。