ボート釣り 初夏の明石タコを狙う 2019/5/23

シェアする

 meikeimaruのボート釣り 狙いは、「食べごろな明石タコ」

明石沖のボート釣り最新情報をダイジェスト版でお届けします。

明石のタコは、徐々に活性が上がって来て、楽しくなってきました。

 概況

2019年5月23日(木)中潮 満潮8:29 干潮17:56

 明石海峡転流8:49 最速 西流10:47 1.7kt

 海況: 波穏やか、水温18.3℃

 釣果 タコ 700グラムから400グラム × 5ハイ

 仕掛け タコエギ ラインPE3.0号、リーダー12号、オモリ40号

 タコエギに加えて、タコスッテを1本入れた3本仕掛け

 サオ:タコ専用ロッド、おすすめ

 リールはパワフルなパワータイプ

 ポイント 明石二見沖

タコ食べごろのおいいしいサイズ

タコ食べごろのおいいしいサイズ

 状況 釣行(出航帰港)時間 5:30-9:00前後の3時間少々

昨日から素晴らしい天気になってきました。風もそう強くもないので、ボート釣りの海況として申し分ないです。

朝5時半に出航で、明石二見沖のポイントでボート釣りのタコを狙います。

水温も順調に上がり18℃を超え、タコの活性も上がってくる状況になりました。前回19日(日)に中型4ハイを短時間で釣りましたので、柳の下のタコを狙います。

ボート釣りの短時間勝負で、そこそこの塩梅になってきましたね。

中型の食べごろサイズのタコ

中型の食べごろサイズのタコ

6月1日からは、タコ禁漁区の規制が始まりますが、エリア外に出ての釣果が上向いていますので、十分な感じですね。乗合船の多くは、カンタマやヒヤガリ等へ行っていますが、二見沖から神鋼の沖にかけてのポイントを探ります。カンタマやヒヤガリのポイントは30m-40mと深場ですが、二見沖は10m前後の釣り易いポイントです。

タコ釣りの短時間勝負

タコ釣りの短時間勝負

いつものように派手な色のタコエギを2個つけて、さらに上側にタコスッテを1個つけ、3個のアピールでタコを寄せます。前回同様に、この選択は良いようで、しっかりと乗ってきます。

ポイントを探りながら移動をしますが、朝のうちは結構潮が流れていて、おまけに朝の風が陸から吹いていますので、少々釣り辛く、案の定、暇な時間になってしまい、もう少しゆっくり出てくれば良かったかとぼやいてしまいます。

タコ食べごろの良型

タコ食べごろの良型

潮が緩んで1.0ktになった時、重みが出て乗ってきました。アワセを入れるとズンと手ごたえ。よしっと思ったのもつかの間で、ばらしてしまいました。なんと、これをもう1回続けてから気づきました。アワセのタイミングが早いんだ。いつもよりひと呼吸待つようにして、3度目の正直で今日のお初を釣りました。潮が止まるまでに3ハイ。再び潮が動いて2ハイ追加。5ハイ釣れれば上出来です。9時に沖上がりをして帰港しました。

大きいのは、700グラムはしっかりある太いタコです。また、しばらくおいしいタコが食べれます。ありがたいことで、海に感謝です。

ペットボトルを切って、タコエギ入れ

ペットボトルを切って、タコエギ入れ。これ便利です。

ボート釣りで、潮どまり前後の短時間を狙う釣りは面白いです。気楽なボート釣りの良いところです。

また、二見港の乗合船も良いスタートをしています。おいしい明石タコを狙ってみませんか。

明石沖のタコのボート釣りには、禁漁区などのルールがありますので、順守してください。海上保安庁や西二見漁協に尋ねたら本年も昨年同様のルールだそうですので、明石市漁業組合連合会の「明石地先におけるタコ釣りに係る漁場利用規程」パンフレットPDFを参考にしてください。

 HOMEへ戻る

今釣れている旬の魚の実釣記録です。狙った潮で釣った胸のすく釣り、まぐれで嬉しい釣り、実力の貧果まで、来年の今日のための実釣記録です。99.9%ひとり気ままに午前中だけの釣りですが、おいしい魚の釣りものを参考にどうぞ。
meikeimaru の失敗から生まれた推論と実戦のノウハウ集です。ボート釣りでの仕掛けやタックル、釣り方など、実釣記録に基づく活きた内容として、情報提供をします。播磨灘で培った私のノウハウですが、参考にしてください。
meikeimaru のボートノウハウとメンテナンス ボートの操船や維持のノウハウや、艇体や船外機エンジンのオイル交換、グリスアップ、定期交換部品などのメンテナンス方法や作業手順をわかりやすくまとめています。