ボート釣り 春のガシラを狙う 2019/4/17

シェアする

 meikeimaruのボート釣り 狙いは、「ガシラ」

明石沖のボート釣り最新情報をお届けします。

 概況

 2019年4月17日(水) 中潮 満潮8:49 干潮14:39 

  明石海峡転流9:53 最速 西流6:28 5.5kt

海況:晴時々曇り 風波ともに穏やか 水温13.0℃

釣果 ガシラ(カサゴ) 24cm×2

ガシラのサイズは十分

ガシラのサイズは十分ながら数が出ない

仕掛け 胴付2本バリ ラインPE1.2号、リーダー5号、オモリ30-40号、ハリメバル10号、ハリス2号

サオは、汎用性ある船用でオモリ負荷40-50号くらいを使用。私は、シマノライトゲームH200とリールはグラップラーを使用。水深が20-30mならば、30号負荷でM200となります。

状況 釣行(出航帰港)時間6:30-10:00

本日の狙いのポイントは、明石海峡の上げ潮(西流)がまともに当たってくる林崎沖のカンタマです。潮流が最速時では速過ぎで少し緩んだ7時過ぎからの釣りです。

150m近い最深部から潮が上がって来て、崖のようなカケアガリに潮が当たります。ここがポイントで、60m前後の水深を狙います。崖のようなカケアガリですが、ウィード(海草)に引っ掛けなければ、根がかりの少ない特徴のポイントで、ハッキリとしたアタリを送ってきます。

エサは、生イカナゴ(自前の冷凍保存)を使用時に塩で締めます。それと冷凍海エビを使用しましたが、食いは良いですし、サバなどの身エサもOKです。

生いかなごと海エビがエサ

生いかなごと海エビがエサ

底を取り、ガシラ君が潜んでいそうなところを探って行きます。今シーズン初めてのガシラ釣りで、数が潜むポイントをつかめなかったですが、最近少ないサイズの24㎝台は型物で、2匹でも初ガシラに満足な朝でした。

冬場に狙う魚ですが、ガシラとて水温が温かい方が活性は上がります。まだ釣り物の少ない大型連休の上げ潮(西流)で、この大きなカケアガリは狙い場です。ただし、下げ潮(東流)の時は、ここでは釣りにならないので、二見沖の磯場に移動をします。まだ、乗合船もガシラ狙いでしょうからGWの狙いはおいしいガシラ釣りです。

横で、乗合船がタイラバでタイを何枚か上げていますね。水温も13℃まで来ましたので、少し活性が出たかもしれません。いいですね。

 HOMEへ戻る

今釣れている旬の魚の実釣記録です。狙った潮で釣った胸のすく釣り、まぐれで嬉しい釣り、実力の貧果まで、来年の今日のための実釣記録です。99.9%ひとり気ままに午前中だけの釣りですが、おいしい魚の釣りものを参考にどうぞ。
meikeimaru の失敗から生まれた推論と実戦のノウハウ集です。ボート釣りでの仕掛けやタックル、釣り方など、実釣記録に基づく活きた内容として、情報提供をします。播磨灘で培った私のノウハウですが、参考にしてください。
meikeimaru のボートノウハウとメンテナンス ボートの操船や維持のノウハウや、艇体や船外機エンジンのオイル交換、グリスアップ、定期交換部品などのメンテナンス方法や作業手順をわかりやすくまとめています。