ボートのキスベラ仕掛けと五目釣り

シェアする

小物五目釣りの楽しさは格別

 meikeimaruのボート釣りHowTo

キスやベラの五目釣り

キスやベラの五目釣り

 初夏から秋の穏やかな日和に、気合を入れての大物狙いを一休みして、こんな小物たちと遊ぶのもいかがでしょうか。マイボートの釣りの原点みたいのが、この小物五目釣りに代表されるキスやベラの釣りです。

マイボートの釣りを始めると、まず大概はここからスタートで、「鮒に始まって鮒に終わる」という釣りの言葉がありますが、マイボートの釣りはキス釣りからでしょう。

基本的にこの五目釣りは、チョイ投げと呼ばれる少し仕掛けを投げて周辺を探る釣りです。
この五目釣りの仕掛けは、一般的なテンビン仕掛けで、写真にもあるようないろいろなテンビンが市販されていますので、お好みを選んでみてください。

サーフの投げ釣りと違いますので、投げても30mくらいで、アンダーキャストですので、小さい目のテンビンを使用します。

各種テンビン

各種テンビン

もうひとつは、胴付き仕掛けです。テンビンは写真の赤いのを使います。先端はオモリだけ、根元に仕掛けを、それにリーダーという具合になります。2本バリで図は示していますが、リーダーをテンビンオモリに直接結び、同じ個所に40-50cmのハリスを1本つないで、手返し良くするのもありです。これが、なかなか使いやすく、それでいて、仕掛けも変に絡みませんし、手返しが速く、誘いもかけやすく、アタリもシャープで、最近のお気に入りです。

 キス仕掛けのポイント

  • 単純なテンビン仕掛けで、市販のものでも、たくさんの種類があります。
  • ただし、サーフの投げ釣りと違いますので、2本ハリまでです。また、仕掛けの全長も短いものを使用します。
  • ハリの大きさは大事。キス流線7号から11号までを選択。最初は9号から始め、食い込みや魚の大きさで交換をすることを前提にします。
  • 食いが悪い時は、9号を8号に変更するだけで、違ってきます。
  • ハリスは、1号で余裕あります。
  • サオは、船釣り用のキス専用もありますが、汎用性高い柔らかめのサオが面白いです。今年は、メバリングロッドを使用しましたが、なかなか面白いアタリと引きを演出します。
  • 柔らかいサオの利点は、面白さ以外に食い込みの良さです。アタリと同時にサオ先が引き込まれるのですが、この時の抵抗感が気に入らない魚もいますので、柔らかいサオは食い込みの抵抗感を弱くする利点があります。
  • オモリは8号を基準に水深に合わせてください。私は、水深20mまで8号か10号で釣りますが、軽いオモリは、魚をダイレクトに感じさせてくれます。
  • 軽いオモリは抵抗感を少なくしますが、もうひとつの抵抗の根源はラインです。PE0.6-0.8号を使用としますが、0.6号がいいですね。水切れの良さが抜群になります。
  • 30cmを超える尺キスを「肘たたき」と言いますが、もうそう簡単に釣れるサイズでは無くなりました。ナイロンラインの時代に尺キスの引きは、糸鳴りをするほどでした。それから考えれば、ライトな仕掛けにライトなロッドは、キスやベラ釣りの楽しみを拡げてくれます。

標準的なボートの小物釣り仕掛け

標準的なボートの小物釣り仕掛け

ダイレクト感が面白い胴付き小物仕掛け

ダイレクト感が面白い胴付き小物仕掛け

ボートからのシロギス釣りが夏の数釣りパターンになってきました。朝の短時間でコンスタンスにストレスなく釣れるようになりました。潮を選んで朝一番の涼しい時間帯での短時間勝負が快適です。塩焼き、天ぷら、唐揚げ、ソテーと何で食べても美味しい魚です。狙ってみましょう。

 キスの釣り方ポイント

  • ボートからアンダーキャストで20mほど投げて、底を取ります。
  • テンビンが、水面に接触する寸前にリールスプールを手で触り一瞬ラインを止めると、仕掛けが絡みにくいです。絡んだ仕掛けではいつまで待っても釣れません。
  • エサは、石ゴカイ。ハリに通し刺しで、エサのタラシは1-1.5cmくらい。釣具屋で売っている石材の粉「石粉」をまぶすとつかみやすく扱いやすく、これはおすすめです。
  • ジッとしてたら食いは悪いので、目立つように誘い、エサをアピールします。
  • テンビンが動くと砂地では、砂煙が上がり、魚が興味を示し寄ってきますので、動かすことは大事な誘いです。
  • テンビン仕掛けに加えて、胴付き1本ハリ仕掛けも使ってみる価値があります。
  • キスは、海底から20-30cmのところを群れで遊泳しているか、また、カケアガリに群れています。イメージしてください。ベラは、磯場や藻場に隠れたり出てきたりですが、基本的に夜は砂に潜る魚たちですので、砂地の周辺に生息しています。
  • ここでいうベラは、豊富なベラ一族のなかの「キューセン」と呼ばれる釣り対象魚のベラです。
  • 同じベラでも、磯ベラが釣れると、そこは磯場に近くなっているので、少し移動して、砂地に戻ります。
  • キスとガッチョは同じところにいます。ただし、仕掛けの動きが遅いとガッチョが先に食ってきます。
  • アタリに対してアワセはシャープに。このタイミングは日により変わり、瞬間的か、ひと呼吸待つか、向こうアワセか、いろいろですが、そのあとの引きを楽しんでください。
  • 活性が低い時は、エサが大きいと先っぽだけつままれて、ハリがかりしませんので、タラシを短くします。
キスがたくさん釣れた。

キスがたくさん釣れた。

胴付き仕掛けの良いのは、キスの遊泳層とエサが一致しやすいです。キスの遊泳層は、底から20-30cmを群れで泳ぎます。ピタリです。同時に、根がかりが少なくなるのは、間違いありません。
20mくらいまでの水深ならば、オモリは8-10号で十分で、軽いオモリでアタリと引きを楽しむのが、この釣りの面白さです。

キャストして、底を取ったら誘いをかけては待つを繰り返すと、気持ちの良いアタリをくれます。キスもベラもガッチョも楽しい釣りをさせてくれます。
活性の高い時は、どんどんアタリを送ってくれます。しかし、小さい彼らも潮の影響で時合いがあり、潮が止まったり、流れが変わると食いがピタッと止まります。

海岸周辺や島回りの風光明媚な場所のポイント多いので、キスを探してポイント移動をして、時合いを見つけてください。


ロッド・リール=サオやリールは、浅場ですからやわらかい軽いがBESTです。とにかく楽しさ倍増。 お好みで結構です。

私は、各メーカーの船釣り用キス専用ロッドは無難です。ただし、錘負荷は一番軽いライトモデルです。リールもPEラインならば、0.6-0.8号ですし、ナイロンラインならば2-2.5号が巻ける、小型リールです。ごついサオやリールは楽しさが半減しますので、注意ください。

 HOMEへ戻る

今釣れている旬の魚の実釣記録です。狙った潮で釣った胸のすく釣り、まぐれで嬉しい釣り、実力の貧果まで、来年の今日のための実釣記録です。99.9%ひとり気ままに午前中だけの釣りですが、おいしい魚の釣りものを参考にどうぞ。
meikeimaru の失敗から生まれた推論と実戦のノウハウ集です。ボート釣りでの仕掛けやタックル、釣り方など、実釣記録に基づく活きた内容として、情報提供をします。播磨灘で培った私のノウハウですが、参考にしてください。
meikeimaru のボートノウハウとメンテナンス ボートの操船や維持のノウハウや、艇体や船外機エンジンのオイル交換、グリスアップ、定期交換部品などのメンテナンス方法や作業手順をわかりやすくまとめています。