ボート釣りジギング | ジグでブリクラスの青物を狙う釣り方

シェアする

ジギングで釣る大物は、ボート釣りに醍醐味

 meikeimaruのボート釣りHowTo

ジギングでブリを釣る

ジギングでブリを釣る

150g-200gのジグにラインもPE2-3号を使用して、ハードなロッドで豪快ジギングアクションで1mのブリを狙うのは、これまた面白い釣りです。力と力の勝負で1回でもブリを釣ると、もう病みつきになります。

今回は、そんな豪快なジギングの釣る方法です。

明石沖のライトジギングは、ラインをPE1.2号を基本に、40-80gジグを基本に軽い自然な動きで青物を狙います。それに対して、今回のジギングは、PE2.0号を基本に、150g前後のサイズのジグをメインに使用します。

ナチュラルカラーのジグ

ナチュラルカラーのジグ

150g-200gのジグをアクションさせると、なかなかにヘビーで、時間の経過とともに疲労も出ます。真夏の暑さが消えて、海風が心地良い季節になると、少しは気楽になれますが、ジギングは体力勝負ですが、頑張ると魚も近づきます。

片腕だけでロッドをジャークさせると、その腕の負担が大きいですが、リールハンドルを1回転して、ハンドルが真上に来た時にジャークされば、両腕の力でできますが、初めのうちはこれが難しいのですよね。

ブリ一族は、いわゆる出世魚で、当才魚をモジャコ、25cmを超えて40㎝未満の1-2才物をツバス、2-3才の60cm未満をハマチ、3-4才で60cmを超えて80cm未満をメジロ、5才になり80㎝を超え8kgくらいになってブリと呼ばれるようになります。関東だと、ワカシ、イナダ、ワラサ、ブリとなり、地方により名前が変わりますが、ブリはブリでしょう。

播磨灘で通常狙える№1パワーファイターです。サイズ的にはサワラの方が最長寸は大きいものも釣れますが、ブリのパワーはサワラの比ではないので、最強の相手です。

「ひと潮一寸」と言われるくらい成長が速く、2週間で3㎝大きくなるならば、3か月で20cm近く大きくなります。良く食べて太り、迫力が身につき、ツバスたちも冬には立派なハマチになっていきますし、夏にハマチだったのは、メジロに成長したものもいるでしょう。そして、ブリもさらに大きくなり、貫録を増していることでしょう。

アワセを入れた瞬間、何も動かせない空白ができてしまうか、それとも一気にドラグ音を響かせてラインが走るかですが、どちらも心躍る感激を味わえます。

アピールカラーのジグ

アピールカラーのジグ

金属の塊に息を吹き込んだようにして動かし、魚に錯覚をさせ、ジグを食わして大物を釣る。ハリに付けたエサとは違い、ジグを色と動きでエサと思わせ、釣り上げる面白さは、やればやるほどに深みにはまりそうな、ボート釣りのジギングのお話です。

 ジギング チェックポイント

  • 力負けしないロッドとリールで、相手に食べたいという反応を引き出す動きが基本です。
  • 60cm近いハマチを最低クラスとして、メジロにブリをターゲットにします。
  • ロッドは、M、MH、Hクラスを使用。ラインPE2.0-3.0、ジグウェイト150g-200gを表記しているクラス。
  • リールは、スピニングならば、シマノの番手で5000前後-8000番。ベイトリールならば、300番や1500番クラスのジギングタイプで、PE2.0号が200m以上巻けるサイズ。
  • リールの巻き上げスピードは、パワータイプ、ハイスピードタイプ、エキストラハイスピードタイプとギアー比で変化をつけていますが、お好みを使用ください。私は、ギアー比が高くないのを好みます。速く巻くはできますが、遅く巻くのは難しいからです。
  • ラインは、PE2.0。リーダーも基本は32Lbクラスでセットします。ブリの群れが来たら、PE3.0号リーダー40Lb以上もありますが、かなりのヘビーデューティーです。
  • しかし、使用しなくてもハードのロッドでPE3.0号で常に用意しています。また、キャスティングロッドもスタンバイしています。
  • ジグは、200gまでを使用。水深は30-40m位のポイントだと150gクラス。明石海峡の小磯や鎌瀬を狙うとなれば、200g以上が必要ですが、播磨灘のカンタマやヒヤガリを狙うならば、150g前後を多用します。
  • タチパターンで、太刀魚の子供を演出する場合の250-300gクラスの使用は、大きさ重視です。
  • 潮の速い明石海峡の小磯や鎌瀬を狙う時は、とにかく早くジグを落とさないと、ポイントを過ぎてしまうことがあるので、重たいジグを必要とします。潮速が3kt以上ならば、150g以上で対応します。
  • フックは、フロント2本を基本にします。潮の速い磯場周辺のポイントでは、リヤフックは根がかりリスクがあります。
  • PEラインとリーダーとの結束は、重要です。正確に結束作業をして、不安があればやり直しましょう。不正確なノットは、一番の不安要素になります。
  • リールのドラグ設定。まずは、使うラインに対して、正確なドラグ設定をして、感覚的に把握をしてください。それを基準に、弱くしたり勝負に出る時の強さを加えたりをスプールを回したり、ラインを引いて把握してください。
  • ジグとの接続は、ライトジギングではスナップを使用していますが、ブリやメジロ狙いになると、スプリットとシームレスのリングを使用します。ラインのヨリ対策には、スイベルを追加する場合もあります。

ジギングはロッドでの1本勝負

ジギングはロッドでの1本勝負

さあ、ジギングで、釣ってみましょう。

 ジギング アクションポイント

  • ワンピッチジャーク、ジギングの基本の動かし方です。1回ロッドをジャークさせて、同時にリールを1回転巻きこむパターンです。ロッドのジャークの幅、リールの巻き上げスピードの違い、リールのギアー比で、ジグの動きが変化します。
  • ワンピッチジャークで、ジャークの幅やリールのリトリーブスピードの違いを作って、どのアクションに食って来るかを探ります。
  • ただ巻き。底をとったら、ひたすらリトリーブさせる。一定の速度で速く、遅く、3回転でわずかに止め食う間を与える等々、ただ巻きでもいろいろなパターンがあります。このただ巻きに限り、海面まで追いかけてくる魚を見ることができます。食う間が無かったり、反射的に食うことをしなかったのでしょう。次は、軽いジャークを加えたり、リトリーブの間を入れて、反射的に食わしてみてください。来ますよ。
  • 3mリトリーブ、すかさず2mフォール、この繰り返しです。1mずつ上がります。
  • 底を取ったら、ロッドを大きく真上までジャークというよりあおる、そして、ロッドを下ろしていきジグをフォールさせ、その間にリールを1回転巻く。これの繰り返しです。ヒラヒラとフォールさせて、これは食ってきます。「コツン」とアタリが出るので、すかさずアワセを入れます。一番好きな釣り方です。
  • 水深が30mから浅いところでは20mを切るようなポイントが、このヒヤガリ周辺のポイントです。通常の捕食帯は底から5mまででしょうから、手返し早く捕食帯のみを攻めるのも大事です。
  • 3-5回に一度は、海面まで巻いて来て、ラインが潮に流されている角度を修正します。同時に、捕食帯以外のレンジも探ってみます。
  • フォールアクションで食わせて、その巻取りでバラシが続いたら、アワセが決まっていないと疑ってください。アワセを2-3回入れてください。解消する確率は高いです。それか、思い切ってリヤーフックを着装します。
  • その日のパターンが必ずありますので、早くつかめば大漁です。食う時は、時合いの中に30分は絶対にあります。この時にどんな動きでもよいですから、疲れてもジグを動かします。信じれば、必ず釣れます。
スプリットリングとソリッドリング

スプリットリングとソリッドリング

リトリーブ中やロッドアクションを加えた時、力が加わっている時のアタリは、ガツンと来たりグンと来たりでわかりやすいですが、フォールでのアタリは意味不明なところがあります。では。

 フォールでのアタリ

  • ラインの出が止まり、糸ふけが出る。
  • テンションフォールだとジグの重さを感じなくなる。
  • いきなり横にラインが走る。
  • 落ちてくるエサに反応をするので、ジグに寄って来たり、ジグをくわえた信号です。
  • 速攻で、リールを巻き、糸ふけを取り、大きくシャープに合わせる。
  • 上へ走ってきているならば、さらにリールを高速巻取りをして、追い付いた時点でアワセをさらにする。
  • フォールで食った時のアワセは、甘くなる可能性があるので、確実に行うことが大事です。
  • フォールで食った魚は、釣られたことがわからないで、いる場合も結構あって、途中からそれがわかって慌て始めるのんきな魚も出てきます。
  • フォールで釣るのは、面白いです。やってみてください。
ベイトリールとスピニングリール

ベイト、スピニングリールともにPE3号の大物用

12月初旬まで青物は播磨灘に滞在します。その後、群れは温かい水温の紀淡海峡へ向かい、さらにはもっと南に行くのでしょう。

金属の塊に息を吹き込んだようにして、魚に錯覚を起こさせ、食わせるジギングゲーム。偽物を本物のような錯覚を起こさせるには、偽物の色、ジグカラーは大切なファクターです。カラーチョイスで、大物に近づきましょう。

 時合い

成長が速いというのは、「良く食べる」そうですが、青物は夜にエサを食べないで、朝一番に見つけたエサには、お腹が減っていて飛びついて来るそうです。夜明け後、海中に光が入り見えるようになった時は、大きなチャンスです。そこに、ベイトになる小魚の群れがいれば、これは頂き物のチャンスです。

  • 朝一番転流があり、上げ潮が動き初めた時が、1回目の時合い。
  • 上げ潮が効いてきて、ピークの1.5-1時間前くらいからのチャンス。
  • 効いていた潮がピークを過ぎ、少しずつ緩み始めた時。
  • 昼前の転流で、下げ潮が動き初めの瞬間。
  • 午後の下げの潮が効いてきて、ピークを過ぎてからの時合い。

ポイントごとに違いますが、どれかにきっと時合いが当てはまります。そのポイントの時合いを集中して狙いましょう。

アシストフック

仕掛けはアシストフックだけのようなもの

強烈な引きを楽しんでください。相手の大きさがわかるようになれば、これまた戦い方に余裕が生まれます。1mのブリが食って来たら30分のファイトになるかもしれません。ボート釣りで、ワンマンだとその間もボートは潮に乗って流されています。周囲の船の動きを見張るのも船長の仕事です。たぶん、周囲に誰もいないようなところまで流れているかもしれません。

魚が上へ向かない時は無理することなくドラグに任せて、こっちを向いたらリールを巻きます。たまらなく面白いです。腕がヘロヘロになり、勘弁してくれと思いますが、釣りあげればすぐにもう一度釣りたいと思います。

一生懸命にジグロッドをシャクって、疲労蓄積が出てくる腕にガツンとアタリが出て、体力勝負の引っ張り合いをすると、この釣りはやめられなくなります。明石沖で味わえるジギングの素晴らしい面白さです。

 HOMEへ戻る

今釣れている旬の魚の実釣記録です。狙った潮で釣った胸のすく釣り、まぐれで嬉しい釣り、実力の貧果まで、来年の今日のための実釣記録です。99.9%ひとり気ままに午前中だけの釣りですが、おいしい魚の釣りものを参考にどうぞ。
meikeimaru の失敗から生まれた推論と実戦のノウハウ集です。ボート釣りでの仕掛けやタックル、釣り方など、実釣記録に基づく活きた内容として、情報提供をします。播磨灘で培った私のノウハウですが、参考にしてください。
meikeimaru のボートノウハウとメンテナンス ボートの操船や維持のノウハウや、艇体や船外機エンジンのオイル交換、グリスアップ、定期交換部品などのメンテナンス方法や作業手順をわかりやすくまとめています。