青物用チョクリ仕掛けの全長とハリ数の短縮改良版

シェアする

タナを広く探る仕掛けの全長とハリ数を扱いやすくする

 meikeimaruの推論と失敗から生まれたノウハウ

meikeimaruの推論と失敗から生まれたノウハウ、テーマは、「チョクリ仕掛けの全長とハリ数」です。

青物狙いのチョクリ釣りは、群れに当たると数釣りが面白みです。明石沖周辺での青物のタナは底周辺なので、広く探れる長い仕掛けは不要で、短い仕掛けが扱いやすいです。

サビキ仕掛けやチョクリ仕掛けは、タナを広く探る理由から全長が長く、ハリ数も多くなっています。広く探れるが、その扱い方は長いので面倒、仕掛け回収しながら自身でオマツリもします。

今回は、青物狙いのチョクリ仕掛け、扱いやすい半分の長さとハリ数でも十分な釣果が出る、改良版について。

タイ用のサビキ仕掛けとチョクリ仕掛け

タイ用のサビキ仕掛けとチョクリ仕掛け

 目次

〇 チョクリ仕掛けと対象魚

〇 チョクリ仕掛けの全長を短くする

〇 活性が高い時の釣れ方

〇 あとがき

 チョクリ仕掛けと対象魚

タイ狙いのサビキ釣りは、1年中明石周辺では行われ、釣りにくい時期もありますが人気があります。同時に、青物を狙うチョクリ釣りは面白く、好きな釣りのひとつです。

青物用チョクリ仕掛け

青物用チョクリ仕掛け8号ハリス全長14.5m

 対象魚は何か

明石沖で、チョクリ仕掛けで狙うのは、大きく分けて、タイと青物です。

同じような仕掛けを使用しますが、幹糸やハリスの太さが大きく違います。タイならばグンと細くなり2-3号なども使われます。半面、青物用になるとハリスは6-8号の太仕掛けです。

アジ、中アジ大アジ釣りに使う場合もあります。

 チョクリ仕掛けとサビキ仕掛けの違い

チョクリ釣りの対象魚の青物とタイ狙いでのチョクリ仕掛けとサビキ仕掛けは、似ていますが、明確な違いがあります。

 チョクリ仕掛け
  • 疑似餌は、ビニールを使用
  • 枝は短く10cm程度
 サビキ仕掛け
  • 疑似餌は主にサバ皮
  • 枝は平均的に40cm前後と長い

どちらに分があるかは、難しいです。好みやそのポイントでどちらが釣れるかでしょうが、私は、青物狙いのエダスが短くダイレクトな感覚で、チョクリ釣り仕掛けを多用します。

ハリスが短くビニールの疑似餌のチョクリ仕掛け

ハリスが短くビニールの疑似餌のチョクリ仕掛け

 チョクリ仕掛けの全長を短くする

とにかく仕掛けの全長が長いのが特徴で、ハリス6-8号の青物用では、全長14.5mを購入しています。

タイは、タナが変化するので、長い仕掛けで釣るのは道理ですが、青物狙いでは、群れがいれば確実に食ってくるので、扱いやすい短い仕掛けが釣りやすく、仕掛けの全長を短くしています。

 なぜ10m前後の長さが主流か

長い仕掛けは、魚が食ってくるタナを大きくカバーできるという利点があります。

特に、タイが食うタナは、大きく変化して底から中層という広範囲を誘えるので、こういう仕掛けです。食気のない時は底層にいても、時合いとなり食気が出ると中層に変化します。長い仕掛けは、これに対応します。

青物の捕食帯は、表層にイワシでもいなければ基本的に底層で、長い仕掛けでなくとも十分に探れる範囲です。

チョクリ仕掛け短縮改良図

チョクリ仕掛け短縮改良図

 青物用を短くする理由

前述の通り、広範囲を探るタイならば必要ですが、明石沖での青物の捕食帯や遊泳層は、底から5-7mとです。ならば、10m以上の仕掛けは必要ありません。

仕掛けを短縮したい一番の理由は、取り込みまで考えると短いのが扱いやすく、ひとつの仕掛けで2回使えます。

もうひとつの理由は、多くのハリに食ってきたら、巻き上げるのが容易ではないです。鯉のぼりになると、ボート釣りでのキャプテンアングラーは、取り込みは大騒ぎです。10本もハリはいりません。

チョクリ釣りでハマチがたくさん食って、サオはしなる

チョクリ釣りでハマチがたくさん食って、サオはしなる

 活性が高い時の釣れ方

ハマチサイズでもパワーがあり、まず1匹食う。巻き上げようとすると、活性が高い時は追い食いを始めます。時合いのピークでは、スイッチが入り次々に食います。

短くして5本ハリの仕掛けに4-5匹が食ってきます。

そうなると、引きの強さというより、5匹が好き勝手にあちこちを向いて引っ張りまわすので、とにかく重い。ハリスは8号だから安心ですが、それはもうたいへんなことです。

最後は、鯉のぼりになったハマチを1匹づつ手繰り寄せ、ハリを外してイケスに放り込みますが、面白いけれどいやはや何ともです。5本ハリに5匹ですから、10本ハリだと10匹?とんでもないことになります。

群れが大きく、適水温で活性が高い時にスイッチが入ると、チョクリ釣りの威力は、面白さ抜群の釣りです。

イケスの中はハマチでいっぱいになってきた

イケスの中はハマチでいっぱいになってきた

 あとがき

タイ狙いとは違い、青物狙いのチョクリ釣りの威力は、まさに好時合いに遭遇すると爆発的です。初夏の第一波の群れや晩秋のシラスハマチは、チョクリ釣りの醍醐味で、痛快そのものです。

沖で釣るサビキやチョクリの釣りは、タイに青物、そして型の良いアジと好ターゲットが楽しませてくれます。もうすぐ、春のタイの季節。そして初夏には青物も回ってきます。夏は、アジが回遊しますし、楽しい釣りができる仕掛けです。

明石沖ボート釣りでシラスを食うハマチをチョクリ釣りで狙いました。抜群のポイントで、時合いが到来で入れ食い状態になり、最後は5匹の鯉のぼりの釣りとなり16匹の釣果で、早々の9時過ぎに沖上がり。脂がのって臭みの少ない極上のシラスハマチ釣りは、上々です。

今釣れている旬の魚の実釣記録です。狙った潮で釣った胸のすく釣り、まぐれで嬉しい釣り、実力の貧果まで、来年の今日のための実釣記録です。99.9%ひとり気ままに午前中だけの釣りですが、おいしい魚の釣りものを参考にどうぞ。
meikeimaru の失敗から生まれた推論と実戦のノウハウ集です。ボート釣りでの仕掛けやタックル、釣り方など、実釣記録に基づく活きた内容として、情報提供をします。播磨灘で培った私のノウハウですが、参考にしてください。
meikeimaru のボートノウハウとメンテナンス ボートの操船や維持のノウハウや、艇体や船外機エンジンのオイル交換、グリスアップ、定期交換部品などのメンテナンス方法や作業手順をわかりやすくまとめています。