ボート釣り 明石沖のタコを短時間で狙う 2019/6/6

シェアする

 meikeimaruのボート釣り 狙いは、「タコの短時間勝負」

明石沖のボート釣り最新情報をお届けします。

明石タコのボート釣り、どうしても食べたい釣りたいで、時間ができると狙います。どうやら5ハイ前後ならば、短時間で安定して釣れるようになってきた朝の勝負ですが、潮の狙い方を失敗してしまいました。

 概況

2019年6月6日(木)中潮 満潮8:14 干潮6:28

 明石海峡転流7:41 最速 西流9:43 2.6kt

 海況:波穏やか、水温20.6℃

 釣果 タコ 2キロ弱×1ハイ

 仕掛け タコエギ ラインPE3.0号、リーダー12号、オモリ40号

 タコエギに加えて、タコスッテを1本入れた3本仕掛け

 サオ:タコ専用ロッドは、おすすめです。

 リールはパワータイプは必須です。

2kgサイズのタコ

2kgサイズのタコは重みが違う

 状況 釣行(出港帰港)時間 5:30-8:30

6時前から二見沖のタコ釣り開始です。ボート釣りで、潮どまり前後の短時間を狙う釣りはおもしろいです。気楽なボート釣りの良いところなのですが、何を勘違いしたのか、潮の読みを間違えてポイント移動をしてしまい、気づいた時には、時合いを逃してしまいました。こういう失敗をしながらのスキルアップですが、なかなかどうしてうまくならないものです。

東二見港から真っすぐに沖に向かい、水深が12メートルくらいのポイントを狙います。前回、朝一番にポンポンと釣れたので、柳の下の泥鰌気分で狙いました。

潮の流れが1.2ノットと少々速く釣りづらさを感じましたが、下げの東に流れる潮ですから、そのうちに潮が緩み、時合いが訪れたのに、何を勘違いしたのか、あちらこちらを転々として、下げ潮の時合いを逃してしまいました。気づいて、再度上げ潮の流れ始めを狙います。

やっと、大きな手ごたえ。リールの巻き上げは重量感がたっぷりでしたが、途中でバラシ。またまた、バラシをもう一回。潮とポイント選択でミスをして、気が焦っている証拠です。やっと、三度めのチャンスでサオに重みが出ました。今度は、焦らないように12345と数えてから大きくアワセ。重さにデカさが伝わってきます。ミスの連発なので、冷や冷やしていますが、上がってきたのはデカい。タモ入れして慎重に取り込んだのは、2キロ近い大タコです。ホッとしました。

タコも2㎏サイズになるとでかい怖い

タコも2㎏サイズになるとでかい怖い

やはり太い。頭はカップ麺より大きく、足は卵より太い

やはり太い。頭はカップ麺より大きく、足は卵より太い。

潮の流れも出てきたので、こんなスカタンな日は、早めの沖上がりです。

失敗の原因は、時間とポイントの組み合わせができていなかったので、凡ミスをしました。ボート釣りでは、潮時を見て、また明石海峡の潮流の時間を見て、事前にポイントを決めておくことが大事です。時合いに釣れる確率が上がるので、転々とするのは時間の浪費で、釣れる時合いを逃してしまう失敗につながります。また、やってしまいました。ときたま、こんなミスをします。

タコエギ入れ、便利。ペットボトルで作る

タコエギ入れ。これ便利です。ペットボトルで作ります。

タコの釣れ具合は決して悪くありません。前回も大型が混じりましたし、今日は今シーズン最大のサイズです。バラシたのも手ごたえ十分でしたから、タコは良いサイズが釣れるはずです。来月になると数釣りが可能になりますが、今は大きさで楽しむ時です。今日は、単純にmeikeimaru船長のミスで、タコは順調です。

また、二見港の乗合船も良いスタートをしています。おいしい明石タコを狙ってみませんか。

ところで、イワシたぶんカタクチでしょうが、群れが入ってきています。まだ、小さい群れですが、いよいよワクワクするような季節が近づいて来ました。

明石沖のタコのボート釣りには、禁漁区などのルールがありますので、順守してください。6月1日から禁漁区設定がされていますので、禁漁区以外の場所でボート釣りをしましょう。明石市漁業組合連合会の「明石地先におけるタコ釣りに係る漁場利用規程」パンフレットPDFを参考にしてください。

 HOMEへ戻る

今釣れている旬の魚の実釣記録です。狙った潮で釣った胸のすく釣り、まぐれで嬉しい釣り、実力の貧果まで、来年の今日のための実釣記録です。99.9%ひとり気ままに午前中だけの釣りですが、おいしい魚の釣りものを参考にどうぞ。
meikeimaru の失敗から生まれた推論と実戦のノウハウ集です。ボート釣りでの仕掛けやタックル、釣り方など、実釣記録に基づく活きた内容として、情報提供をします。播磨灘で培った私のノウハウですが、参考にしてください。
meikeimaru のボートノウハウとメンテナンス ボートの操船や維持のノウハウや、艇体や船外機エンジンのオイル交換、グリスアップ、定期交換部品などのメンテナンス方法や作業手順をわかりやすくまとめています。