50MHzハンディー無線機 短いアンテナ(SRH920)に交換

シェアする

使い勝手向上のハンディー無線機のSRH920アンテナ

 meikeimaru のボートノウハウ

IC T90 の新型みたいに見える良好なアンテナ

IC T90 の新型みたいに見える良好なアンテナ

meikeimaru のボートノウハウ。テーマは、「ハンディー無線機のアンテナを短いタイプに交換」

ボートで使用されるアマチュア無線の周波数帯の多くが50MHzですが、通信距離もあり、また空いているので便利に利用できます。固定無線機以外にハンディー無線機があると何かと便利です。

ここで、問題なのがアンテナの長さです。ハンディー機でも50MHzのアンテナは長く邪魔です。何とかならないものかと思っていたところ、最近とても短いアンテナを見つけました。ダイアモンドアンテナのSRH920で、全長109mmです。

標準装備のアンテナの長さはとんでもない長さ

標準装備のアンテナの長さはとんでもない長さ

ダイアモンド SRH920 アンテナ

ダイアモンド SRH920 アンテナ

 ハンディー機のアンテナ、短くならないか

ボートでのアマチュア無線の周波数帯は、50MHzを多くが使用しています。固定機のモービル無線機では、ボートはアースが取れないFRP製なので、2m以上の長さがのアンテナが必要です。ハンディー機でも、本体の3倍もある長いアンテナですが、手軽なハンディ無線機に無骨な長いアンテナは邪魔です。

手軽に操作ができるハンディ無線機は便利ですが、50MHz帯では、長いアンテナも致し方ないかと諦めていたところ、10cm少々の短いアンテナを見つけました。それが、ダイアモンドアンテナのSRH920です。それも、2000円と少しの価格でした。

ボールペンと変わらない長さになった

ボールペンと変わらない長さになった

目から鱗どころの騒ぎでない違い、これおススメです

目から鱗どころの騒ぎでない違い、これおススメです

 SRH920で、こんなに短くなりました

標準装備のアンテナは、約26cmもあり、本体の高さが約9cmほどですから3倍も長いへんてこなバランスです。

そして、SRH920は約11cmで、バランスの良いスタイル。15cmも短くなり手に持って、すっきりとしました。

本体の IC-T90 は、50、144、430MHzの送受信をカバーして、HFからUHFまでの広帯域を受信できますので、この長さのアンテナで使用できれば、これは上々です。

自然なスタイルになりました

自然なスタイルになりました

 感度良好

送信距離が長いに越したことはありませんが、出力5Wですので、海上見通し距離で通信ができれば御の字です。受信は、しっかりしています。標準の長いのより受信能力ありそうです。
これならば、ベルトに装着していても邪魔にならない優れものが、低価格で手に入りました。
このSRH920アンテナは、間違いなくお勧めです。

「ボートで使いやすい無線」について。海の上にいる限り、その船の上ですべてを解決しなくてはなりません。通信手段は一般的な携帯電話と無線だけです。自己解決ができないときに、外部との連絡方法は限られ、その連絡手段について考えます。