船舶検査完了

シェアする

 船舶検査完了

今年は船舶定期検査の期限が6月に来ますので、この5月に受験をしました。船舶検査とは、定期検査と中間検査がそれぞれ3年ごとに設定されていて、日本小型船舶検査機構という役所が担当して、ボートの定置場所まで出張してきます。

自動車で言うところの車検と同じですが、車とは内容が大きく違い、内容は簡単なものです。基本的に安全備品が完備されているかのチェックが主体です。例えば、救命胴衣が搭載人員分規定のものがそろっているか。非常信号や火災の対策などなど安全備品のチェックですね。エンジンやその他機械の部分は目視だけで、単純な異常の問題チェックだけです。

これで一安心。3年後まで何もありません。

なぜそんなに簡単なのでしょうか。

それは、何らかのアクシデントが生じたり、最悪それが起因して事故につながると、海の上は海上保安庁が仕切っていますが、非常に厳しい対応が出ます。事情聴取の日数も罰金も車では考えられないくらいに厳しいです。

それは、船長の責任が大きく、自主性を尊重されているからで、例え小さなボートでも必ず船長が存在しますが、船長はそれなりの責任があって、船が安全航行できるように誰に言われることなく、自身で行われなくてはならないと、以前免許取得の際に商船の船長をされていた先生に教わりました。荒天の海で、エンジンが止まったら即座に大きな危険が迫るのは、車の比ではありません。

検査の際には、船の異常がなく定期部品も定期的に交換をして、船の状態は悪くありませんというような自主申告が、船長として、所有者として、書類を含めてあります。ここに、すべてが凝縮されているようなもので、むしろ、役所がすべてを検査してくれる方が気楽なものになります。

何やら堅苦しいもっともらしい話になってしまいましたが、自主性を尊重されるか、箸の上げ下げまでやいのやいのと言われるかの違いなのでしょう。遊びのボートでも「船長」であり、その責任は重大だと考えています。また、そのように対応されているという自覚が必要なのでしょう。

船というものは唯一だと思いますが、好きな名前を付けて国に登録して、世界中で認められる乗り物です。これは素晴らしいことだと思っています。宇宙へ行くロケットも名前が付けられますが、あれも宇宙船という船ですね。ある意味では、特殊な存在で、車のナンバーと同様の船舶番号と船名が登録されています。私の場合は、 meikeimaru ですが、みなさん、格好良いお名前だったり、ほのぼのする様なお名前であったり、といろいろです。こんな海の世界が好きです。

それと、船って税金がないんです。自動車税に重量税は、ものすごく高額ですが、船には何も税金がないです。検査料くらいですか。これも、3年に1回2万円前後ですから、嬉しい話です。でも、燃料のガソリンは、半分が道路維持のための税金が占めていますが、道路を走らないボートも支払っていますので、ここで税金をお支払いしている勘定になるようです。

今釣れている旬の魚の実釣記録です。狙った潮で釣った胸のすく釣り、まぐれで嬉しい釣り、実力の貧果まで、来年の今日のための実釣記録です。99.9%ひとり気ままに午前中だけの釣りですが、おいしい魚の釣りものを参考にどうぞ。
meikeimaru の失敗から生まれた推論と実戦のノウハウ集です。ボート釣りでの仕掛けやタックル、釣り方など、実釣記録に基づく活きた内容として、情報提供をします。播磨灘で培った私のノウハウですが、参考にしてください。
meikeimaru のボートノウハウとメンテナンス ボートの操船や維持のノウハウや、艇体や船外機エンジンのオイル交換、グリスアップ、定期交換部品などのメンテナンス方法や作業手順をわかりやすくまとめています。