落とし込み仕掛けでメジロを釣るVol.4 9/24

シェアする

朝の短時間勝負が思うようにでき、快釣

 meikeimaru のボートで狙う播磨灘の釣りログ

最後5匹目の体高のあり パワフルな引きをしました

最後5匹目の体高のあり パワフルな引きをしました

meikeimaruのボート釣り。ターゲットは、「落とし込み釣りでメジロ Vol.4」

9月の落とし込み釣りで狙う青物は、天候で左右もされましたが、日に日に順調に旬を迎えようとしています。しかし、どうもどこかに何かが噛んでいるような釣行が続いています。今日は、留飲を下げる思いの短時間勝負が決まりました。難をつければバラシが2匹ありましたが、シングルハンドのボート釣りで2時間5匹の釣果は、快釣気分のホッとした朝です。

○ 釣り概況
○ あれっ? イワシがいない
○ 活性高く果敢に喰って来た
○ あとがき

 釣り概況

 2021年9月24日(金) 中潮 満潮 12:37 干潮 6:00 (家島)

 明石海峡転流 6:46 最速 西流 9:52 4.9kt

 海況:波穏やか 水温25.7℃

 釣行(釣り開始終了)時間 出航6:10 7:10-9:10

 釣果 メジロ 62-64cm×5匹

 落とし込み仕掛け ハリス10号
 ロッド フルソリッドロッド H200 電動リール #400

本日の釣果 上出来の短時間勝負成功 メジロ小ながらもうれしい

本日の釣果 上出来の短時間勝負成功 メジロ小ながらもうれしい

大潮あとの中潮、青物には絶好の潮の日、海況も良く、期待通りの快釣ができました。数釣りも楽しいけれど分をわきまえて食べる分で密度の濃い釣りをすると、私の快釣です。9時過ぎに沖上がりができた朝の釣りでした。

※注釈 -40cm未満=ツバス、40cm超-60cm未満=ハマチ、60cm超-80cm未満=メジロ、80cm超=ブリ Wikipedia記載内容に準拠して、記事を書いています。

 出世魚は、成長過程でで呼び名がサイズで変わるのページ

 あれっ? イワシがいない

6:10出航。波もなく、鞍掛島の南の魚礁帯を目指します。どこにイワシがいるやらと、魚礁帯をぐるっと探っていきますが、群れらしきものの反応がありません。どうやらイワシは結構寝坊助の魚で、まだ魚礁周辺の海底でじっとしているのでしょう。と、想像をするものの最初の1匹までは不安感の方が大きいです。

上げの潮も効き始め、いくつかの魚礁周辺流して探っていくと、狙い通りに底層にイワシがいて、オモリを着底させていくと、プルプルと喰ってきます。いたいた、魚探には群れのような反応は出ていませんがイワシはいます。

この潮筋狙いで釣ると、イワシを青物が喰った。サオが絞り込む引きが出ますが、着底後すぐだったのが失敗。底を切る前に走られ、魚礁にハリがかかり根がかり状態で、万事休すのバラシ。一発目からのこの体たらくか、それとも活性の高さなのか、仕掛けを交換して、狙うぞ青物。

釣りの最初の1匹目は、何であれうれしいものです

釣りの最初の1匹目は、何であれうれしいものです

 活性高く果敢に喰って来た

すぐに、次が喰って来ました。セオリー通りのプルプル、バタバタ、バターンバターン、グイーンで、強引を見せ、落とし込み釣りの醍醐味です。1匹目は、このところのレギュラーサイズのメジロ小です。底層で食わすと魚礁帯の根がかりに冷や冷やです。

個体ごとに太り方の違いは食欲か、割りとスリムな2匹目

個体ごとに太り方の違いは食欲か、割りとスリムな2匹目

イワシもいるし、活性も上々、順調に2匹目、3匹目と釣れます。ともに4本ハリの一番上に喰っていますので、イワシの上に青物がいるようで、次はタナを少し上げます。33-35mの水深の底層でイワシを食わせ、25-30m付近で青物を誘いますと、セオリー通りの喰いが出て、こいつはなかなかのパワーです。軟調のロッドで何回か突っ込まれながらも海面に浮いて、次は玉網入れと出した時に、目の前でハリが外れて飛ぶのが……。きゃつめは、脱兎の如く海中へ遁走しました。落とし込み釣りは小さいハリですから、このリスクは付きもの、致しかたなしながら悔しいです。

この腹回りの太さが、そのままパワーに比例します

この腹回りの太さが、そのままパワーに比例します

活性が高いのでしょう、とにかく喰ってきて、次の4匹目は無事に玉網に入ってくれました。そして、イワシをたくさん食べて体高があり、パワフルに引いた5匹目を釣り上げ、満足の目標5匹に達成です。

4匹目のメジロ この前、メジロサイズになったおチビです。

4匹目のメジロ この前、メジロサイズになったおチビです。

釣る毎に1匹づつ締めて血抜きして、クーラーに所狭しと入っています。時刻は、まだ9時過ぎ、続いている活性で、もう少し釣りたい気分ながらも、食べる分は十分に確保した魚。

これで、満足の沖上がりで、帰港の途につきます。

全長2m前後にハリが4本、ハリスは8-10号10cmと太短い仕掛けが特徴

全長2m前後にハリが4本、ハリスは8-10号10cmと太短い仕掛けが特徴

 あとがき

続ければ、まだ釣果は上げられると悪魔のささやきもありましたが、このサイズの1匹はボリュームも大きく、これで充分。毎日寿司を食べ続けられます。寿司と炙りにビールがあれば、至福の晩ご飯を毎日食べれる、釣り人冥利です。帰港後、手の遅い私が三枚に下ろして、クーラーにしまい終わるのに1時間かかりました。10匹釣ったら2時間なので、私の体力的にやはり5匹ですね。

9月は、落とし込み釣りですが、そろそろ同じ青物狙いにしても、釣法を変えようかと。食べる料理の仕方で同じ魚でも違うおいしさのように、釣り方も変えると釣りが面白くなります。ジギングにキャスティングでボーナスポイントのような「サワラ」が釣れると、寿司ネタは広がります。

今釣れている旬の魚の実釣記録です。狙った潮で釣った胸のすく釣り、まぐれで嬉しい釣り、実力の貧果まで、来年の今日のための実釣記録です。99.9%ひとり気ままに午前中だけの釣りですが、おいしい魚の釣りものを参考にどうぞ。
meikeimaru の失敗から生まれた推論と実戦のノウハウ集です。ボート釣りでの仕掛けやタックル、釣り方など、実釣記録に基づく活きた内容として、情報提供をします。播磨灘で培った私のノウハウですが、参考にしてください。
meikeimaru のボートノウハウとメンテナンス ボートの操船や維持のノウハウや、艇体や船外機エンジンのオイル交換、グリスアップ、定期交換部品などのメンテナンス方法や作業手順をわかりやすくまとめています。