落とし込み仕掛けでメジロを釣る 9/21

シェアする

イワシの群れにつく青物を落とし込み釣りで狙う

 meikeimaru のボートで狙う播磨灘の釣りログ

魚探反応には青物とベイトの群れ この後ろにイワシの大きな群れ この後すぐに4匹目が喰う

魚探反応には青物とベイトの群れ この後ろにイワシの大きな群れ この後すぐに4匹目が喰う

meikeimaruのボート釣り。ターゲットは、「家島諸島で落とし込み釣り」

釣り開始から沖上がりまで2時間ながらも、釣り場では風と波に翻弄され、まあ足腰の疲れはまあたいへん。9/20のような空白の時間もなく、調子よく釣れました。

○ 釣り概況
○ うねりが強く、東風で波がきつい
○ 短時間勝負の落とし込み釣り
○ あとがき

 釣り概況

2021年9月21日(火) 大潮 満潮 10:28 干潮 4:52 (家島)

 明石海峡転流 5:38 最速 西流 8:10 4.4kt

 海況:風波強い 水温25.5℃

 釣行(釣り開始終了)時間 出航6:10 7:30-9:40

 釣果 61 63 64 67cm ×4

 仕掛け 落とし込み仕掛け ハリス8号
 フルソリッドロッド H200 電動リール #400

ハマチだメジロだではなく、60cm以上はメジロです。クーラーがとても重い

ハマチだメジロだではなく、60cm以上はメジロです。クーラーがとても重い

※注釈 -40cm未満=ツバス、40cm超-60cm未満=ハマチ、60cm超-80cm未満=メジロ、80cm超=ブリ Wikipedia記載の基準値で記事を書いています。

出世魚は、成長過程でで呼び名がサイズで変わる のページ

 うねりが強く、東風で波がきつい

9/20釣行が、どうにも空白の時間が長く、少々消化不良でしたので、天気も良い翌日に柳の下のメジロを狙いに行きました。

海の天気予報(有料版)で海況の情報を取っていますが、ところが、大外れ。

風は2-3m、波は問題なく、うねりも周期が大きくなく、天気も良いので快適な釣りだと思って沖へ出ると、真正面からのうねりで、ドンダッタドンダッタドーンを繰り返しながら、11-12ノットで走って走れなく、ゆっくり走るかと。この時は、風は北からでしたので、太陽が上がれば落ち着くと思い、鞍掛島の南のポイントに向かうことにしました。

上島を越えるとうねりが小さくなり風波になったので、時間経過で天気予報の通りになるだろうと思いながらも、ドンダッタドンダッタドーンですが、バウが波を拾うまではないです。これが、航行可否の基準の風波かなと改めて認識です。

結果は、釣り場も風波が強く釣り辛い状況ながらも、まあまあ船をコントロールできましたが、うっとおしい波と風です。収まるはずの風波は、ずっと元気よく、帰路は斜め前からの東風と波で、波を随分かぶりました。往復ともに倍近くの時間を要し、釣っている時間以上に航行時間を費やしました。

でも、狙い通りの短時間勝負はうまくいき、イワシの群れも青物も十分に魚礁帯の界隈にいて、風波以外は目論見通りでした。

朝一番のうれしい1匹。お腹が減っていたのか、セオリー通りの喰い方だった

朝一番のうれしい1匹。お腹が減っていたのか、セオリー通りの喰い方だった

 短時間勝負の落とし込み釣り

6:10出航、うねりで巡航速度を出せず、釣り開始は、7時半と出遅れですが、イワシの群れを魚礁帯周辺を探すといますいます、これなら安心です。風波が強いので流し方を考えて試していき、結構な速さでボートは流されるのをコントロールしながら群れを探し、まずイワシ狙いから。

待望の1匹目は、3流し目で喰ってきました。プルプル バタバタ バターンバターン グイーンのセオリー通りの動きで、ハマチ大がメジロのサイズになった、良く太ったのでした。そして、2匹目は間髪入れずの次の流しで、いきなり強引を見せました。落とし込み釣りの醍醐味で、ポンポンと釣れるテンポの良さは、この釣りならではです。

1匹目に続いてすぐに食ってきた2匹目。テンポよく釣れると忙しい

1匹目に続いてすぐに食ってきた2匹目。テンポよく釣れると忙しい

その30分後には、3匹目。同じようにその30分後には4匹目です。30分のペースは、釣り上げ時間と写真撮ったり、魚を血抜きして、水も流し、サオと仕掛けをスタンバイさせて、操船してポイントに戻すをしていると、かなりの高確率です。まじめに忙しく、お腹が減ってきても食べる暇なしで一生懸命に釣る、嬉しい忙しさです。

本日の一番は、最後の4匹目。なかなかどうしてパワフルに底層を這うように泳ぎました。70cmを超えるとさらに力強くなり、この引きのおもしろさが青物ですね。

イワシの群れが小さい時は、15-20m位に仕掛けを止めて待ち受けすると間違いなく、魚探反応以上に喰って来るものです。イワシが喰って来れば、あとは青物の捕食帯の底層近くに落とします。ここが肝です。今日はサワラがいました。イワシが喰いきられて頭だけになっていました。サワラはうまいんですが……。

良く太って、脂がのっている。太りとパワーは比例します

良く太って、脂がのっている。太りとパワーは比例します

4匹目を釣ったのが9時半、昨日の3匹もあるので十分な冷蔵庫のストックを確保ですので、食べる分を釣る2時間勝負はこれで沖上がりです。

強い東風と波の帰路を考えると、煩わしい気分ですが、満足の重量感ある魚で満足の釣行で早上がりです。

4匹目 本日の最長寸で、最初の強引は思わずドラグを少し緩めるくらいだった

4匹目 本日の最長寸で、最初の強引は思わずドラグを少し緩めるくらいだった

 あとがき

ここ当分は、この釣りで楽しめそうですが、ジギングもちらちら頭に出てくるし、例のキャスティングもちらちらします。メジロ小で遊んでばかりでなく、そろそろブリを狙う準備も必要だし、おいしいサワラ狙いもあります。1年で一番忙しい秋から初冬です。

それでも、今週末も落とし込みチャンスが待っているので、今週末も狙い目です。

見た目に華やかさはないけれど、胃袋と心臓。旨味があり美味い。

見た目に華やかさはないけれど、胃袋と心臓。旨味があり美味い。

胃と心臓をしっかりと取りました。開いて良く洗って湯通しをして、スダチ醤油で食べると、臭みもなく、これはうまい。辛口の冷酒か、スパークリングワインの辛口、いやはや最高です。そして、寿司ネタのメジロは、たっぷりと脂がのっていて、お腹がキンキンになるまで食べてしまいました。快釣は、身体に悪いです。

今釣れている旬の魚の実釣記録です。狙った潮で釣った胸のすく釣り、まぐれで嬉しい釣り、実力の貧果まで、来年の今日のための実釣記録です。99.9%ひとり気ままに午前中だけの釣りですが、おいしい魚の釣りものを参考にどうぞ。
meikeimaru の失敗から生まれた推論と実戦のノウハウ集です。ボート釣りでの仕掛けやタックル、釣り方など、実釣記録に基づく活きた内容として、情報提供をします。播磨灘で培った私のノウハウですが、参考にしてください。
meikeimaru のボートノウハウとメンテナンス ボートの操船や維持のノウハウや、艇体や船外機エンジンのオイル交換、グリスアップ、定期交換部品などのメンテナンス方法や作業手順をわかりやすくまとめています。