ボートで今季初の明石タコをエギで釣る 5/14

シェアする

初物のマダコ 潮止まり前後で楽しく釣る

 meikeimaru のボートで狙う播磨灘の釣りログ

5月にしては小型が多いが、楽しくおいしいタコ釣りのスタート

5月にしては小型が多いが、楽しくおいしいタコ釣りのスタート

meikeimaruのボート釣り。ターゲットは、「明石沖のマダコ」

初物を狙いに明石二見沖でタコエギでマダコを釣ります。乗合船の多くは、遠く鹿の瀬の方で狙っていると聞きますが、二見沖の実績ポイントを丹念に回って探ると、タコエギに挨拶に来たのから捕まえました。水温も17℃を超えるようになり、タコの活性も上がったようで、例年通りのGW明けからの活性で、調査釣行は順調でした。

○ 釣り概況
○ ホッとする最初のタコ
○ 潮止まり前後を狙う
○ これからの展開
○ あとがき

 釣り概況

 2021年5月14日(金) 中潮 満潮 10:46 干潮 7:30(高砂)

 明石海峡転流 11:20 最速 西流 9:11 2.2kt

 海況:波穏やか 水温17.1℃

 釣行(釣り開始終了)時間 出航8:40 9:30-12:00

 釣果 マダコ 600-200g 6ハイ

 仕掛け タコエギ仕掛け ラインPE 3号、リーダー12号、オモリ40号

 サオ:リール タコエギロッド+200PG

なんとかかっこが付いた。5月にしては少し小さめ

なんとかかっこが付いた。5月にしては少し小さめ

ゆっくりと遅めの開始で、水深10m前後を探っていきます。完全に潮が止まった時は乗りませんが、緩く潮が動く間は、この時期なりのペースで釣れていきました。この調子ならば、6月7月はどうやら大いに楽しみになりそうです。

 ホッとする最初のタコ

明石二見沖の実績ポイントです。釣れた位置をGPSに入れていますが、これを探っていきます。

緑のエギは、毎年安定した釣果を出してくれる

緑のエギは、毎年安定した釣果を出してくれる

タコエギは、ピンクと白からスタート。程なく、ヌオーッと重みを穂先に感じます。来た来たと、7カウント待ってドンッとアワセを入れると、ズンと重みが出ます。この重みを味わうのがタコ釣りで、頭が良いタコをエギでだますゲーム性豊かな釣りです。今季初物は、300gの元気もの。食いが出なければ、エギの色を変えたり、ポイントを替えたりと、丹念に探っていくと数釣りには程遠いながらも、順調に狙いものが海から顔を出します。

ホッとしました。夏タコは1年ぶりみたいなもので、どこにいるのかからスタートでしたが、実績場のトレースとタコエギのカラーで、初物を頂きました。

釣れると満足度が上がっていくのが、他の釣りより大きいような気がする

釣れると満足度が上がっていくのが、他の釣りより大きいような気がする

ピンク、白、黄色、紫、緑のカラーチェンジのエギでしたが、緑と黄白の組み合わせが今日は良かったようです。これも、日により違うものですから、見つけ出すのもタコゲームのおもしろさです。

下げ潮が1ノットを超え始めると釣りづらくなり、12時に沖上がりとしました。

一番上の緑と黄白が活躍したような

一番上の緑と黄白が活躍したような

 潮止まり前後を狙う

満潮干潮の時刻に潮止まりが一般的ですが、二見沖は明石海峡の影響を大きく受けるので、潮流転流時刻の1時間前としておくのが無難です。だから、本日は転流時刻 11:20 ですから、10時過ぎに潮が止まり、上げから下げに変わります。潮の速さにもよりますが、釣りやすいのは、その1時間半前くらいからです。

今日は、出航が8:30以降しかできないので遅めですが、潮止まりの1時間半前から1時間弱後迄、釣りやすい潮の流れになりタコの乗りも良くなるようです。ですから、この2時間半から3時間が私の短時間勝負タコ狙いの時間帯で、潮が動き始めれば終了です。

頭(腹)のこんなところにはかからず、エギで撮影用に持ち上げた

頭(腹)のこんなところにはかからず、エギで撮影用に持ち上げた

 これからの展開

乗合船は、鹿の瀬方面と聞いていて、二見沖で釣れなかったら足を伸ばそうと思いましたが、二見沖の実績場を丹念に回れば、肴には困らないで重宝できそうです。規制エリアの西端の沖の圏外が meikeimaru のタコ釣り場。圏外の沖か、さらに沖の沖か、ゆっくり探ります。今年のタコゲームは、どのような展開になるのか楽しみですが、順調な感触を得ました。

来週は、雨が降り始め、とんでもないことに梅雨入りなんて冗談が出ていますが、五月晴れの下でタコゲームをしてから梅雨タコです。今年の半夏生は、7/2だそうで、梅雨の晴れ間にタコを釣りたいし、お盆まではタコゲームしたいですね。

これから、潮の小さい日や潮止まり前後は、おいしいタコをいくつか釣りに行きます。

おすすめタコホイホイ とにかく便利。油断をするととにかく脱走する

おすすめタコホイホイ とにかく便利。油断をするととにかく脱走する

 明石沖のボートでのタコ釣りルールのわかりやすい説明

明石沖でのボート釣りでマダコを狙うには、規制などのルールがあります。

 あとがき

夏日の暑い日でしたが、何とか初物を6ハイを釣りました。これで、2-3日の肴になります。数釣らんと釣りではないと豪儀な方もいらっしゃいますが、これで十分です。欲を言えば型物が出てくれれば良いのですが、あくまでも欲です。

茹でてわさび醤油で食べれば、ビールがグイッといけますね。今日は、暑かったので、タコとビールは最高な組み合わせです。その内に干し物作って、たこ飯も食べれるし、串にさして塩焼きすると、居酒屋さんですが、明石タコの串焼きは贅沢でおいしい逸品です。

タコゲーム面白いから是非皆さん狙いましょう。明日、再度狙い同様に釣れれば、今期は安泰かな。

今釣れている旬の魚の実釣記録です。狙った潮で釣った胸のすく釣り、まぐれで嬉しい釣り、実力の貧果まで、来年の今日のための実釣記録です。99.9%ひとり気ままに午前中だけの釣りですが、おいしい魚の釣りものを参考にどうぞ。
meikeimaru の失敗から生まれた推論と実戦のノウハウ集です。ボート釣りでの仕掛けやタックル、釣り方など、実釣記録に基づく活きた内容として、情報提供をします。播磨灘で培った私のノウハウですが、参考にしてください。
meikeimaru のボートノウハウとメンテナンス ボートの操船や維持のノウハウや、艇体や船外機エンジンのオイル交換、グリスアップ、定期交換部品などのメンテナンス方法や作業手順をわかりやすくまとめています。