2021/6月のボート釣りの狙いもの 播磨灘で釣りを考察

シェアする

外洋の魚が播磨灘に回遊してくる夏を迎えます

 meikeimaru のボートフィッシング 夏の始まりを狙う

夏のマダコ釣りが始まります。食べたい一心で暑さも我慢

夏のマダコ釣りが始まります。食べたい一心で暑さも我慢

meikeimaruのボート釣り。タスクは、「夏の始まり6月の狙い物」

水温も上がり、5月末には20℃に手が届こうかとまでなってきて、いよいよ夏の魚を狙う時期になりました。5月下旬、多くのイワシの群れが、海面をざわつかせながら移動するのを見ました。これを追いかけて、播磨灘に外洋から回遊してくる魚が増える時期です。

○ 6月概況予測 現在の水温等々
○ 2020年は、どんな釣果
○ meikeimaruの釣れぬ魚の皮算用
○ あとがき

 6月概況予測

meikeimaru の狙いものの主役はマダイとマダコです。天候が変化しやすく、出航も容易ではない日が多い6月でも、鯛と蛸が釣れ、お腹いっぱいに食べれれば幸せです。特にタコは、ハイシーズンに向けて上り調子の月ですから、楽しい釣りができるかもしれません。大雨で濁り、極端に水温や塩分濃度に変化がない限り、おいしいタコは頂きです。

タイも良型が来るか、おいしい小鯛が来るかですが、今年の課題のマダイ釣りは、サイズを選ばず楽しみな6月です。

竜驤虎視までいかずとも、チャンスあれば手中にしたいのが、播磨灘に回遊してくるサワラ。ボーズ覚悟の釣りで、1匹なんとかジグに喰わしたい。それに、一番大キスが釣れる6月、久しい25cm程は何処にいるものか。

コンテナイケスに泳ぐマダイ このサイズはおいしい

コンテナイケスに泳ぐマダイ このサイズはおいしい

 現在の水温

明石二見沖水温、19℃を超えてきました。昨年並みの水温で上々でしょう。

 兵庫県立農林水産技術総合センターのサイト   以下の水温数値は、抜粋引用です。

 水温

19℃に達すると夏の魚も元気よくなるそうですから、海の中も夏が目の前です。不安は、大雨での水温や塩分濃度の低下です。

兵庫県立農林水産技術総合センター水産技術センターのサイト

兵庫県立農林水産技術総合センター水産技術センターのサイト

 2020年は、どんな釣果

6月はマダコとばかりに狙っていた2019年から、マダイを狙い始めたのが2020年です。

 釣りログ2020年のページ  

 釣りログ2019年のページ

 2020年 6月

マダコとマダイを6月に釣っています。

潮止まりまでタコを釣って、マダイへ転進してのリレー釣りなんて生意気をしました。水温低下がなく出航ができれば、失敗することの少ない時期で、楽しめた釣行をしています。

タコゲームして、一気に男鹿島まで走り小鯛と遊んできた

タコゲームして、一気に男鹿島まで走り小鯛と遊んできた

 meikeimaruの 6月 釣れぬ魚の皮算用

鯉が踊れば泥鰌も踊るの meikeimaruになって、狙いは「マダイ」「マダコ」、家で喜ばれ狙いものの主役です。

もうひとつ、ライトジギングで鹿の瀬周辺の釣行は、この時期まだ少々ボーズ覚悟ですが、狙ってみたい皮算用です。

魚探反応、加島のカケアガリに時合いが来たタイの群れ こうなればうれしい

魚探反応、加島のカケアガリに時合いが来たタイの群れ こうなればうれしい

 マダイ

水温上昇で活性も上がり、苦手の私にもチャンス到来です。産卵後の夏痩せの時期も重なるので、狙わない方もいますが、きれいなマダイは釣りたいです。

狭いボートで長い仕掛けにモタモタしますが、サビキ仕掛けでの釣りはおもしろく、ポイント選択と時合いの見極めは難しいながら、うまくできればボート釣りの醍醐味です。家島諸島や鹿の瀬周辺へ向かい、時合いにマダイが浮き始めるのをひたすら待ち受けます。

マダイ釣りは、この趣きが好きで家島諸島の不幸明媚と併せて楽しい

マダイ釣りは、この趣きが好きで家島諸島の不幸明媚と併せて楽しい

 マダコ

夏が始まる、タコシーズン本番の6月です。そろそろ、生まれたちびっこタコが出現する時期でもあり、ピンポン玉くらいのタコが、果敢にエギを抱いてきますが、リリースサイズです。
好物の甲殻類の多い場所が寄り場で、5月は過去の実績場を探りましたが少々行き詰り最後は失敗、6月は範囲を広げて探ります。

頭の良いタコとの化かし合いは、ゲーム性が豊かで、あの重量感はたまらなく、ボート釣りに至福の時間です。

  明石沖のタコ釣りルールのページ

ひょうきんで狡猾で、とにかく面白くおいしいマダコゲーム

ひょうきんで狡猾で、とにかく面白くおいしいマダコゲーム

 ライトジギング

ジギングでは、150-200gのジグを多用しますが、その半分以下の80g前後の小型のジグで狙っていきます。同時に、中層域をライトジグやシンキングミノーを通すとサワラが喰いつくかもしれない。ライトタックルで、PE1.0-1.2号でリーダーも4-5号と潮の抵抗の少ないラインで狙います。何が喰って来るか楽しみです。

回遊性の魚が6月から播磨灘へ来ますので、ボーズでもいいか!の釣行で、嬉しいことがあるかもしれません。

サワラ、秋の狙いは本番なれど、この時期のゲストはこれまたおいしい

サワラ、秋の狙いは本番なれど、この時期のゲストはこれまたおいしい

 シロギス

近年難しいのが「シロギス」、いるところにいるそうですが、難しい釣りになりました。6月は、型物の釣れる時で、真夏のピンギスが増える前に、男鹿島周辺で型物がお相手してくれたらと願っています。

シロギス、このサイズでも最近は、数釣り難しい

シロギス、このサイズでも最近は、数釣り難しい

 あとがき

「つ抜け」ができればと釣行するものの、どんな魚にしても10匹は難しい。オイチャンになり数にこだわるのも大人げなく、水温が上がり、活性も上がる6月、狙った場所のその潮で、考えた釣り方で釣れると至福の時です。潮が良く、好天の日に、マダコとマダイ、おまけのサワラにシロギスが釣れたらいいな。

今釣れている旬の魚の実釣記録です。狙った潮で釣った胸のすく釣り、まぐれで嬉しい釣り、実力の貧果まで、来年の今日のための実釣記録です。99.9%ひとり気ままに午前中だけの釣りですが、おいしい魚の釣りものを参考にどうぞ。
meikeimaru の失敗から生まれた推論と実戦のノウハウ集です。ボート釣りでの仕掛けやタックル、釣り方など、実釣記録に基づく活きた内容として、情報提供をします。播磨灘で培った私のノウハウですが、参考にしてください。
meikeimaru のボートノウハウとメンテナンス ボートの操船や維持のノウハウや、艇体や船外機エンジンのオイル交換、グリスアップ、定期交換部品などのメンテナンス方法や作業手順をわかりやすくまとめています。