ボートのタコ釣り④ 釣りログ 2018-08-02

シェアする

meikeimaruのボート釣り 狙いは「明石タコ」

 2018-8-2 釣りログ

8/02 海況:穏やか 水温28.0℃ 中潮 満潮11:47 干潮7:26 二見

明石海峡転流 8:50 上げ潮最大 11:19 3.1kt

タコ釣り釣果、ゲストと上々

タコ釣り釣果、ゲストと上々

いよいよ真夏の照り込みの中での、ボートタコ釣りです。

夏本番になると、深場から浅場にタコは入ってきます。例年ならば、数が釣れる時期なのですが、乗合船の釣果状況見ていても30ハイ以上はまれで、トップが20ハイ位が大多数になっています。昨年の半分しか釣れていないようですし、乗合船の竿頭になられる方は、相当に上手な方々で、さらにポイントも、船長の操船も違うしで、私の目標は、その半分も釣れれば上出来です。

厳しいタコシーズンですが、まずまずの 2kg,1.5kgの大物も含めてタコをボートで釣ってきました。

明石二見沖の西端、寄神沖のポイントです。もちろん、禁漁区の外西側です。

タコエギカラーは黄色にピンク、今日はゲストがオレンジに白。どちらが当たりのカラーかですが、水色は濁りが結構入っています。まだ、台風の時の雨が影響しているのかもしれません。濁りが入ると、派手目のカラーならばどちらも同じような結果になるのかと思います。

タコエギのピンクとイエロー今日の当たり

タコエギのピンクとイエロー今日の当たり

現地到着が6時少し前。寄神沖の岸に寄ったところで、赤灯の前辺りになります。ゆったりと下げ潮です。

今日の明石二見周辺の干潮は7:26 明石海峡転流時刻は、8:50

二見周辺の岸寄りの潮の動きは、沖側とは違ってきます。沖側の流れは、明石海峡の転流時刻に近いものになってきますが、岸に寄ったところはそれより1時間早く動きが変化します。

6時現在、ゆったりと下げ潮です。潮速1.2ktから下がっていきます。1.0ktを割るころから、タコの乗りが出て来ました。

ちょうど良いくらいの潮の流れで、タコの寄り場をつかみました。いわゆる、タコポイントです。タコの寄り場をつかむと宝物で、今年も来年も使えます。タコは、縄張りを持って生息していて、その縄張りからタコがいなくなっても次のタコが、その縄張りを自分のものにします。だから、タコポイントは、継続して狙っていけます。

そして、さらに潮速はゆったりとしていき、上げに転じる少し前の0.3ktくらいの流れからタコは釣れなくなりました。そして、干潮時刻の7時半には、潮は上げに転じ西に流れ始め、潮速を増して、0.5ktくらいの流れから再び、タコがタコエギに乗ってくれ、釣れ始めました。

チェックポイント 1

  • 0.3kt以下では、乗りが悪くなり、食いが止まる。そして、再び潮流が0.3ktを超えると食いが始まる。
  • 寄神沖ポイントの転流は、沖側とは違い、干満で動いている。

そして、潮の流れが1.0ktを超えて少々釣りづらくなってきましたので、沖のポイントに向かいます。

禁漁区を抜け、禁漁ラインの南側に出ます。2海里強沖になります。

ここも、既に上げの流れで西に流れてはいますが、まだ0.5ktとゆったりです。このあたりの複雑な潮の流れ方を表現しています。ちょうど良いくらいの潮の流れを再び捉えることができました。潮の流れを狙って、

ここで、ゲストと2人で、数より大きさのタコが釣れ、2kgと1.5kgの形物を釣り、まあ気分は上々です。潮を見て、釣れる狙ったポイントで、形物が釣れるのは、マイボートの釣りの醍醐味です。

2kgと200gのタコの大きさの違い

2kgと200gのタコの大きさの違い

時刻も10時、太陽が上へ上へと上がり始めると比例して、日差しはきつくなり気温も上昇で、釣果もそこそこでしたので、沖上がりで帰港の途に向けました。

今日は、ボートでタコ釣り、二見沖周辺の潮を読んで、楽しく釣りました。

チェックポイント 2

  • 0.3kt以下では、乗りが悪くなり、食いが止まる。そして、再び潮流が0.3ktを超えると食いが始まります。
  • タコの乗りが悪いというのは、食欲が出ないということで、食欲の出る潮があり、それが時合いです。
  • 潮の流れが、0.3-1.0ktに集中をします。
  • 1.0kt以上でも釣れますが、マイボートでは、釣れるようにする操船が容易ではありません。
  • アンカーチェーンを下す方法がありますが、抜本的ではないので、1.0ktまでに集中するのが賢明です。
  • 二見周辺、岸寄りの禁漁区外は、寄神沖から西側になりますが、岸側の潮が先に転流します。
  • 沖、禁漁区ラインより南側は、岸側が転流したあと、明石海峡の転流時刻に近い時刻に転流します。
  • これで、時間割を作ると、岸と沖で2回楽しめます。

暑い時のタコ釣りです。十分に冷たいものを持っていきましょう。

潮が転ずる潮止まりの時間帯は、釣れませんので休憩時間にして、冷たい素麺いかがですか。前日にさっと湯がいて、良く冷やして、クーラーに入れて持っていくと、元気が出ます。これ、おすすめです。

タコ釣りの解説です。ボート釣りで明石タコを誰でも釣れるポイントを説明。釣って楽しく食べて楽しいタコ釣りですが、タコ釣りのストーリーがあります。それを理解して、タコゲームでタコに勝つことが、おいしいタコをたくさん食べれます。
明石沖のタコ狙いのボート釣りには、明石市漁業組合連合会のタコ釣り等に係る漁場利用規程があり、兵庫県の第1種共同漁業権の対象になるタコは、アワビやサザエと同様に法規制があります。2021年タコ釣りルールが掲載されました。

 本日使用のリグ

ロッド・リール=SHIMANO ライトゲームM200 炎月100PG ラインPE0.8
ロッド・リール=DAIWA タコ X150 SHIMANO SC小船800 ラインPE3.0

今釣れている旬の魚の実釣記録です。狙った潮で釣った胸のすく釣り、まぐれで嬉しい釣り、実力の貧果まで、来年の今日のための実釣記録です。99.9%ひとり気ままに午前中だけの釣りですが、おいしい魚の釣りものを参考にどうぞ。
meikeimaru の失敗から生まれた推論と実戦のノウハウ集です。ボート釣りでの仕掛けやタックル、釣り方など、実釣記録に基づく活きた内容として、情報提供をします。播磨灘で培った私のノウハウですが、参考にしてください。
meikeimaru のボートノウハウとメンテナンス ボートの操船や維持のノウハウや、艇体や船外機エンジンのオイル交換、グリスアップ、定期交換部品などのメンテナンス方法や作業手順をわかりやすくまとめています。