ボート釣り 明石沖ツバスのライトジギング 釣りログ 2018-08-11

シェアする

meikeimaruのボート釣り 狙いは「ライトジギング」

 2018-8-11 釣りログ

8/11 海況:穏やか 水温27.5℃ 大潮 満潮8:45 干潮15:52 家島

明石海峡転流 5:30/10:06 上げ潮最大 7:38 3.4kt

ライトジギングのツバス釣果

ライトジギングのツバス釣果

いよいよ、本格的な青物シーズンの始まりです。ツバスの群れが播磨灘に入ってきました。

これまでにハマチやメジロが上がっていますが、このツバスの群れが来ると、いよいよ本格的なシーズンインです。この夏の暑い日の中で、ツバス釣りをジギングやサビキで釣り始め、秋になるとハマチにメジロ、そしてブリを釣ることになります。

いわゆる出世魚で、当才魚をモジャコ、25cmを超えて40㎝未満の1-2才物をツバス、2-3才の60cm未満をハマチ、3-4才で60cmを超えて80cm未満をメジロ、5才になり80㎝を超え8kgくらいになってブリと呼ばれるようになります。関東だと、ワカシ、イナダ、ワラサ、ブリとなり、地方により名前が変わりますが、ブリはブリでしょう。

私はこの時期、ライトジギングで釣ります。

メジロが多く出てくると、ジグならばメジロやブリに対応できるリグに替えていき、10月中旬くらいからアジをエサにした、のませ釣りに変更をして、大物の期待を持って釣り始めます。

さて、ツバスのライトジギング開始です。
meikeimaruの出航は、夜明け前の5時。航海灯点灯ですが、もう辺りは明るいので、安心してポイントへ向かえます。
5:30が転流時刻ですので、ポイント到着の頃には上げ潮が動き始めているでしょう。今日のポイントは、高倉東です。高倉瀬ブイの東側にあるカケアガリのポイントで、ツバスの群れが集まって来ます。25m-15mの水深で、深くありませんので釣りやすいポイントと言えます。

魚探反応は、単発の反応で、エサとなるベイトである小イワシや豆アジの反応もまばらです。こんな反応で食うのか多少なりとも疑問が出ますが、信じなくてダメですね。

来ました。巻き上げて、ひらひらとフォールを繰り返していると、「コツン」とアタリが出ました。1匹目のツバスが食ったジグは、様子見でマイクロジグの60gを使用しましたが、マイクロジグは頼れます。あとで、マイクロジグにガシラも来ました。青物狙いでガシラは、マイクロジグならではです。

次は、ほんの軽いワンピッチジャークで食ってきました。

魚探には、大した反応も出ないのに状況は悪くありません。

ボートを潮に乗せて流すたびにアタリが出ます。潮の流れは、2.4-2.6knotでしっかりとしてきました。潮速が速くなったので、マイクロジグから80gのジグに変更して、フロントとテールの両方にフックを付けて、スローにジグを動かしていきます。

見事にツバスの群れが続きます。中には、結構シャープでありながら重さが出てきた引きをするような「ハマチ見習い」クラスもいます。来月初旬には、これらが、「ツバス大、ハマチ小」の大きさになり、もっと楽しませてくれて、お腹も膨らませてくれるようになります。

潮の流れが緩み、2knotを切るとアタリが遠のき、1.8knotを切るとまったく反応を示さなくなり、ステージは終了です。

この時点で、ツバス9匹でしたが、楽しいツバスのライトジギングです。3匹巻き上げでばらしていますので、確保率75%は今日の反省材料です。ひとりのボート、ワンオペのつらさですが、これはこれで面白く、気楽なんです。

時刻は、まだ9時。今日は、これで沖上がりで、meikeimaruを帰港に向けます。

80g以下のジグを使用

80g以下のジグを使用

 ライトジギング チェックポイント

  • 剛ではなく柔で、ロッドもリールも、ラインにジグも軽め柔らかめで準備します。
  • ターゲットは、ツバス、ハマチ。
  • ラインは、PE1.2まで。リーダーも基本は24Lbクラスでセットします。
  • ロッドにリールは、マイクロジギングと大きな差はなく、ルアーとルアーの動かし方が違います。
  • ジグは、80gまでを使用。よって、水深は30m位までのポイントとなります。
  • 80gジグで、カラーを用意して、フォールで狙えるスタイルのジグが好みです。
  • マイクロジギングは、赤い色系魚を狙う方向で、ライトジギングは青い色系魚が狙い。しかし、どちらにもどちらも食って来ます。
  • 軽いジグを使用します。軽いジグがヒラヒラフォールするのが肝のライトジギングですので、潮の抵抗を受けないラインは必須です。魚に負けるような細いラインを使用するのはご法度ですが、潮に負けては何にもならないので、ぎりぎりを使用しますが、ここでドラグ設定が重要です。きっちりと合わせましょう。
リールドラグの簡単で確かな設定方法を説明します。実釣では、どれだけ釣り人が設定したドラグを感覚的に覚えておくかがキーで、その場その場に応じた対応が必要になります。その方法と感覚を覚えることが肝です。

 ライトジギング アクションポイント

  • 軽いワンピッチジャーク、ほんのりした感じのジャークです。
  • 3mリトリーブ、すかさず2mフォール、この繰り返しです。1mずつ上がります。
  • 底を取ったら、ロッドを大きく上まであおる、そして、ロッドを下ろしていきジグをフォールさせ、その間にリールを1回転巻く。これの繰り返しです。自分では、ヒラヒラフォールと名付けていますが、これは食ってきます。「コツン」とアタリが出るので、すかさずアワセを入れます。ツバスだけでなく、ハマチもメジロも来ます。
  • フォールの場合は、アタリがある、ここで食って来るを予測してラインを見ます。

スロー系ジグも使用

スロー系ジグも使用

ライトジギングは面白いです。数釣りならば、サビキやチョクリに絶対に分がありますが、小さく軽いジグをヒラヒラと漂わせ、コツンと来るアタリを取り、柔らかめのロッドとリールのドラグ音。これは、絶対に面白いです。

  本日使用のリグ

ロッド・リール= ダイワ BLAST BJ63HS シマノ STELLA 3000HGM

ラインPE1.2号 リーダー フロロ6号

今釣れている旬の魚の実釣記録です。狙った潮で釣った胸のすく釣り、まぐれで嬉しい釣り、実力の貧果まで、来年の今日のための実釣記録です。99.9%ひとり気ままに午前中だけの釣りですが、おいしい魚の釣りものを参考にどうぞ。
meikeimaru の失敗から生まれた推論と実戦のノウハウ集です。ボート釣りでの仕掛けやタックル、釣り方など、実釣記録に基づく活きた内容として、情報提供をします。播磨灘で培った私のノウハウですが、参考にしてください。
meikeimaru のボートノウハウとメンテナンス ボートの操船や維持のノウハウや、艇体や船外機エンジンのオイル交換、グリスアップ、定期交換部品などのメンテナンス方法や作業手順をわかりやすくまとめています。