タチウオ釣り | ボート釣りで、タチウオをテンヤ仕掛けで狙う。その3

シェアする

meikeimaruのボート釣り 狙いは「タチウオ」

 2018-10-22 旬に狙うタチウオ 釣りログ

タチウオ、大漁の釣果

タチウオ、大漁の釣果

10/22 海況:北風あるも穏やか水温22.8℃ 

大潮 満潮 7:26 干潮 12:38 家島 明石海峡転流 7:21 下げ潮最大 10:21 2.3kt

家島諸島男鹿島のタチウオ釣りの第3弾です。

好調が続いていますので、旬に集中して釣行しました。釣れる時に釣らないと、一瞬にして不調になることがあり、連続の好調にあやかり、今日は一人で指3-3.5本サイズを18匹でした。

6:00出航です。今回は、出航後、まずは家島諸島男鹿島を目指す途中で、上島の地の石に立ち寄り、秋のタイの様子を見に行きますが、魚探には何も反応が出ません。それでもタチウオの前にタイでもと思って、タイラバで狙いました。

水深30m弱のカケアガリを集中的に狙うものの、生体反応を得ません。風と潮が異なる方向で、ボートを潮に乗せるのに手間がかかるし、反応もない状態で時間を無駄にしそうです。

昼までの時間をタチウオに使う方が賢明と考え、男鹿島に向かうことにしました。タイは、また改めて狙うことにします。

1時間近くを上島で費やしましたので、男鹿島のポイントへ入ったのは、8時前になりました。

いつも通りのポイントへボートを持って行き、潮の流れ方を見ます。朝のうちの北風で、潮に対して斜めに動きますが、修正が十分にできる範囲内です。約1ノットの潮の流れに乗せて50m前後の水深を探っていきます。

2回流しても反応が出ません。コツンともアタリがないと不安にかられますが、少しずつ流すラインを変化させて探っていくと、やっと40mのタナでアタリが出て、うまくフッキングができました。

指3.5本の良形が朝日に輝きながら上がってきました。

1匹目が釣れ、サイズも良いので一安心して、それ行けです。

ここから、流す潮筋もわかり、9時過ぎに下げ潮に転じた後も、順調なペースと言うより休む暇もなく釣れ続き、沖上がりの11時まで、うれしい釣りができました。

タチウオの歯は鋭い

タチウオの歯は鋭い

 今日のアタリパターン

  • コンコンと小突き、テンヤを追跡しながら、さらにコンコンとアタる。
  • コンコンと小刻みの後にグイーンと引っ張り込む。
  • いきなりグイーンと引っ張り込む。

男鹿島のタチウオは、コンコンの小刻みのアタリの時は、フッキングがしにくいです。うまく合えば、テンヤフックをかけられますが、空振りが多いです。

グイーンと大きく本アタリが出るように、コンコンの小刻みなアタリの時に誘うのが確実性が高いです。最近、グイーンと出るような大きなアタリは、ポイントによっては少なくなってきているようですが、この感触が面白いです。

今日は、かなりの確率で着底後、いきなり食ってきました。それに、いつもはイワシの腹を目指して噛みついてきますが、しっぽを食って来るパターンが多かったのも、今日の特徴でした。まったく、奥が深いタチウオ釣りです。

タチウオテンヤが口にがっちりかかる

タチウオテンヤが口にがっちりかかる

 今日の誘いパターン

  • デッドスロー(電動リール速度3)の巻き上げより、少し早い巻き上げ速度(電動リール速度5)が、コンコンの小刻みアタリが出ました。
  • コンコンとアタリが来たら、リールを止めて、サオ先を少し上げて誘い、一旦止めて間を取り、サオ先を下げて送り込むと、大きなアタリに変化します。
  • コンコンと突っつくアタリで、如何にイワシを食わすかで、間を取ることが大事です。

いずれも、ここぞとばかりにアワセどころは、シャープなアワセを入れます。そうすると、グンと重みがサオに乗りますが、誘いを入れる、アタリを読む、アワセのタイミング、フッキングの痛快感、これですね。この釣りの面白さです。

 エサのイワシ入手

  • 普通は、釣具屋さんやエサ屋さんで冷凍イワシのパックを300-400円くらいで買います。
  • この時期、スーパーにイワシ売っています。150円で、少し小振りですが3倍入っています。また、このスーパーのイワシは、生ですから新鮮で光っています。
  • スーパーのイワシ、新鮮なので食いは良いです。お試しを。
  • 生で柔らかすぎるというなれば、塩をかけて締めるのもひとつの手です。

新鮮なイワシパック

4匹ほど使いましたが新鮮なイワシパック

人気のある釣りですね。面白くて、美味いのです。今日は、8時から11時までの3時間で18匹。10分に1匹のペースですから、これはとても面白いパターンですね。潮上へ都度ボートを移動させて、潮に乗せて流し、エサを付けて釣って、獲りこんでの一連が10分/匹ペースならば、これはずっと釣れ続いているハイテンションの、とても楽しいパターンになります。

今が旬のタチウオ釣りです。ぜひ、皆さんもいかがですか。

尚、家島諸島でのボート釣りには、家島坊勢漁協の年間入漁証が必要ですので、注意ください。

釣り味はおもしろく、食べておいしい、ボートからのタチウオテンヤ釣りの釣り方、仕掛けに道具、誰にでもわかる簡単明解な解説を含めて、実際のポイントでのやり取りをご紹介します。

  本日使用のリグ

シマノ ライトゲーム Type73 H200 シマノ 電動PLAYS400

ラインPE2.0号  リーダー ナイロン10号2ヒロ さらに12号1ヒロ。

タチウオテンヤ40号 + ケミホタル

今釣れている旬の魚の実釣記録です。狙った潮で釣った胸のすく釣り、まぐれで嬉しい釣り、実力の貧果まで、来年の今日のための実釣記録です。99.9%ひとり気ままに午前中だけの釣りですが、おいしい魚の釣りものを参考にどうぞ。
meikeimaru の失敗から生まれた推論と実戦のノウハウ集です。ボート釣りでの仕掛けやタックル、釣り方など、実釣記録に基づく活きた内容として、情報提供をします。播磨灘で培った私のノウハウですが、参考にしてください。
meikeimaru のボートノウハウとメンテナンス ボートの操船や維持のノウハウや、艇体や船外機エンジンのオイル交換、グリスアップ、定期交換部品などのメンテナンス方法や作業手順をわかりやすくまとめています。