小アジ釣りのポイント調査

シェアする

meikeimaruのボート釣り 青物のエサの小アジを探す

小アジを探す

小アジを探す

ボートから青物を狙う釣り方

・エサ釣り。

・ルアー(主にジギング)釣り。

・サビキ、チョクリ仕掛け釣り。

・落とし込み釣り。

・アジの泳がせ釣り。

になりますが、兵庫県の条例で船からの撒き餌釣りは禁止ですので、明石沖で狙う場合エサ釣りは該当しませんから、4つの方法になります。

そして、ハマチの兄貴たちのメジロの大きいクラスからブリになると、サビキ、チョクリ釣りは容易ではなくなりますので、ジギングか、アジの泳がせ釣りの3つに絞られます。しかし、落とし込み釣りは、エサになるイワシの群れがいないと釣れませんので、晩秋は難しくなります。

どれも、甲乙つけがたい面白い釣りですが、10月に入ると meikeimaru は、ひたすらアジの泳がせ釣りいわゆるのませ釣りをしています。なんと言っても駆け引きが面白く、一度これでブリを釣ると、もう病みつきです。

通常、釣りのエサにしてもルアーにしても釣具屋さんに行けば、大概はそろいます。春のメバル釣りの生きエサの「活きイカナゴ」も売っているエサ屋さんがあります。しかし、小アジは扱っている店は僅かです。乗合船の釣り船などでは、仕入れのルートがある場合もありますが、一般的に自前の調達しかありません。

どんなにこの釣り方が面白いと言っても、エサになる小アジが確保できなくては、この釣りそのもが成り立ちません。

イケスの活きアジ

イケスの活きアジ

小アジを探す

そこで、重要なのはどこへ行ったら小アジが釣れるかということです。小アジの場合、群れがいれば難しいことはなく、容易に釣れてくれるので、群れのいる場所を知っていれば、これは鬼に金棒です。

例年のノウハウでどこへ行けば釣れるのか、ある程度は知っているつもりですが、実際に探らないと怪しいです。それも、一か所だけではなく、何箇所かは把握したいです。今確認しておけば、10月いっぱいの確保は何とかできるでしょう。水温が変化する11月になると、居なくなる可能性が大きく、また探さなくてはなりませんが、それもノウハウのひとつになります。

というようなわけで、今日は北西の風が強くなるという予報でしたので、沖へ出て、北西の風を浴びるのも面白くないので、近場でアジの調査日にしました。

単純なことで、例年調達をするポイントを回って、サビキ仕掛けを入れるというパターンですが、おいしい小アジがおみやげになるので、結構ワクワクしながら出かけました。

 神戸製鋼周辺

小アジのポイントが神鋼の周辺内外に何箇所かありますが、いつも割と安定して群れがいます。意外と狭いポイントのため、船が集中すると場所取り合戦になるので注意が必要です。大きな乗合船も来ますので、操船は慎重にお気をつけなさってください。
通常、アミエビの撒き餌が無くても安定して釣れるのですが、大量に撒かれるとバランスが崩れます。

 上島

居ます居ます。小アジの群れが居ます。しかし、ここのアジは、突如としていなくなりますので、安心しているといけませんが、上島ですから少し離れたポイントですので、船が少ないのが良いです。

 県漁礁

広いポイントで、小アジがいるのですが、どこにいるのかと探してしまいます。まずは、いつも通りのポイントに群れていて、ここでは魚探で探すと見えてきます。潮が通るポイントですので、流しながら釣って、また潮上に戻ります。探すと結構います。

 天川河口

係留禁止のブイの周辺に群がります。10月いっぱいは、安定して1日中確保ができます。11月に入ると、居なくなる場所の典型みたいなところです。

今年は、小アジが調子が良いのでしょうか。安定して、すべてのポイントで確保ができます。これで、10月いっぱいは、安心です。

 おかっぱり番外編、二見漁港各波止

朝9時までと、午後3時以降は、確実に漁港内各波止で釣れますね。一か所がダメでも探っていけば、必ずアジはいます。8月中旬から夜明けに豆アジが釣れ始め、9月に入ると安定して小アジを釣れるようになりました。ただし、ここはおかっぱりからの釣りですので、アジを運ぶ手段が必要です。

さて、問題は11月に入ってからの確保です。今までいたのにどこへ行ったのか?と、思うほどに小アジがいなくなります。例年、何とか探し出しますが、釣りの帰路に調査を重ねながら、アジの確保です。

聞いた話ですが、神戸方面の大型釣具店で活き小アジを扱っているそうですが、ボートまで持っていくのが悩ましいですね。以前、どこかで、1匹破格の50円で売っている漁船があると、これまた聞きました。見たことはありませんが、活きが良いのなら10匹あれば、勝負できます。だと、500円ですから結構リーズナブルですが、いかがなものでしょうか。

海水ポンプで循環させるイケス

海水ポンプで循環させるイケス

小アジを釣って、元気良く1日生かしますが、ボートのイケスに入れていますと、ボートの揺れと、イケスの水流で小アジは小さいだけに翻弄されてしまい、弱ります。私は、小アジ用のイケスをコンテナで作っています。そして、ポンプで海水を循環させ、エアーポンプで空気を送り込んでいます。こうすると、1日でも翌日でも元気です。改めて、のませ釣りの記事でご紹介します。

今釣れている旬の魚の実釣記録です。狙った潮で釣った胸のすく釣り、まぐれで嬉しい釣り、実力の貧果まで、来年の今日のための実釣記録です。99.9%ひとり気ままに午前中だけの釣りですが、おいしい魚の釣りものを参考にどうぞ。
meikeimaru の失敗から生まれた推論と実戦のノウハウ集です。ボート釣りでの仕掛けやタックル、釣り方など、実釣記録に基づく活きた内容として、情報提供をします。播磨灘で培った私のノウハウですが、参考にしてください。
meikeimaru のボートノウハウとメンテナンス ボートの操船や維持のノウハウや、艇体や船外機エンジンのオイル交換、グリスアップ、定期交換部品などのメンテナンス方法や作業手順をわかりやすくまとめています。