ハマチ ブリ釣り | ボート釣り、アジの泳がせ仕掛け(のませ釣り)で青物の大型を狙う。その5

シェアする

meikeimaruのボート釣り 狙いは「アジで青物」

 2018-11-24 釣りログ

メジロとハマチの釣果

メジロとハマチの釣果

11/24 海況: 穏やか水温19.6℃ 中潮 干潮 4:09 満潮 11:29 家島

明石海峡転流 5:00 上げ潮最大 8:26 6.9kt

明石沖でボート釣りのブリやハマチの大型青物を狙います。

アジの泳がせ仕掛け(のませ釣り)ほぼ1か月ぶりです。このところ、チョクリ仕掛けで2回ほど狙いましたが、今日は朝一番にアジを釣り、のませ釣りでブリ釣りです。

もう終盤戦ですから、数が出る釣りではなく、大きさ勝負になってきています。目標はブリ、それもメーターオーバーです。

日の出前の6時に meikeimaru 出航です。

朝もやの立ち込める明石沖を目指す

朝もやの立ち込める明石沖を目指す

まずは、アジの確保から始めましたが、アジ釣りに時間を費やしてしまい、さらに速い潮が逆の流れで航行スピードが出ず、ポイントのカンタマへの到着は、もう8時前になってしまいました。

活きアジはエアーレーションで大事にする

活きアジはエアーレーションで大事にする

さあ、アジを泳がせます。水深60mから40mのカケアガリを狙います。潮が速いので一気に登って行き、もたもたしているとオモリが底を引きずってしまいます。オモリが底を引きずったら、まず釣れません。基本は、1m-2m底をオモリが切った状態を維持します。

 潮の流れが速い時の注意点

  • 明石沖で速い時は4ノット前後の速さで船は流れます。速足どころか軽く走っている速さですので、オモリが軽いと、ラインの抵抗により確実に浮き上がります。
  • オモリを調整してください。3ノット前後の場合は40号を使用していますが、50号や60号を選択してください。
  • 太いラインは、潮の抵抗が大きく、これも浮き上がる条件になります。ブリ狙い用のPE3.0号が限界です。
  • 底が取れなかったら、巻取りしてやり直しです。水深以上にラインを出せば、釣れないばかりかトラブルの素です。
  • ボートの場合、複数で釣るのでしたら、同船者とラインやオモリを合わせます。乗合船では、船長の指示を受けてください。
  • ボートでは、ラインの角度を見て、前進後進をかけて、潮の流れに同調させます。

ポイントのカンタマで、ボートを乗せる潮筋を何回か探るうちに、魚探にベイトの反応が出てきました。潮の流れがピークに近づいてきて、時合いが来る前触れでしょう。

魚探反応にベイトが出てきた

ベイトの反応が出てくれば釣れるぞ

来ました。アタリです。ゴツゴツ感の後、食い上がりをしたようでふわっと軽くなりました。ラインを巻取り過ぎて失敗のすっぽ抜けをしてしまいました。

食い上がりの対応は、慌てなければいいのですが、待望のアタリですので…。いやはやまだまだ未熟です。

もう一度潮上にボートを移動させ、45mくらいの水深でアタリが出ました。ゴツゴツと来て、ギューッと絞り込んでいきますので、快心のアワセを入れると、気持ちの良い引きを味合わせてくれます。緩めにしていたドラグを締め込んで巻き上げます。玉網に入ったのは、61cmのメジロ。時合い到来です。

再度潮上にボートを移動させ、次のアタリを待ちます。60m、50mと登って行き、同じく45mでアタリが出ました。これも、ゴツゴツと食ってきて、次の瞬間走りギューッとサオを絞り込みます。たまらない感触ですが、メジロではじわっとしか滑らなかったドラグが、力強い走りにラインが出ます。待望のブリのようです。今日は、通常12号を使うハリスを食いが出るように10号にダウンさせています。強度はあるのですが、ブリとなるとドキドキ感です。魚がこちらを向いた時に巻き上げ、少しずつ魚との距離を縮めて行きますが、元気にファイトしてくれます。走った後にアワセを強く入れていますので、しっかりとハリがかりしていて、慌てなければ問題がないレベルです。釣りあげたのは、80cm少々のブリサイズの小振りな小ブリでしたが、良く太っているのでパワーがあったようです。うれしい1匹です。

 本日の青物パターン

  • はっきりとしたアタリが出るパターンでした。くわえて、飲みこんで、走る、というパターンです。
  • 最初の食い上げで、すっぽ抜けさせてしまったのは、弛んだラインを巻取り過ぎたことで、慌てずゆっくりと巻き上げればよかったのですが、未熟でした。
  • 走るまで待てばOKです。違和感が強く出ない限り吐き出すことはないのが青物ですから、待てば必ず走ります。
  • 走ったら、大きくアワセを入れて、ハリをカンヌキ(口元)にかければ、もうこっちのものです。

ブリ用ヘビータックルで待つ

ブリ用ヘビータックルで待つ

今日は、潮の流れも良いのですが、この後が続きません。どの船も釣れ具合が止まったようで、あちらこちらをうろうろしているような動きになってきました。
ブリにメジロですから、2匹でも十分な釣果なので、10時半に沖上がりとしました。クーラーボックスに入りきらないシッポを出したまま帰港します。

ボート釣りのアジの泳がせ釣り(のませ釣り)で狙うブリやハマチは、手順さえ踏めば、必ず釣れます。アジが泳いで誘ってくれますが、アジ任せでは釣れないので、アジに積極的に働いてもらいます。同時に、釣れる潮で釣れるアジを泳がせれば、確実です。

  本日使用のリグ

シマノ ライトゲーム SS moderato Type73 H255 シマノ 電動PLAYS800

ラインPE3.0号  リーダー ナイロン14号

ハリス 10号 ハリ ヒラマサ12号

今釣れている旬の魚の実釣記録です。狙った潮で釣った胸のすく釣り、まぐれで嬉しい釣り、実力の貧果まで、来年の今日のための実釣記録です。99.9%ひとり気ままに午前中だけの釣りですが、おいしい魚の釣りものを参考にどうぞ。
meikeimaru の失敗から生まれた推論と実戦のノウハウ集です。ボート釣りでの仕掛けやタックル、釣り方など、実釣記録に基づく活きた内容として、情報提供をします。播磨灘で培った私のノウハウですが、参考にしてください。
meikeimaru のボートノウハウとメンテナンス ボートの操船や維持のノウハウや、艇体や船外機エンジンのオイル交換、グリスアップ、定期交換部品などのメンテナンス方法や作業手順をわかりやすくまとめています。