ボートの12Vバッテリー電源で、炊飯、湯沸かしができる。

シェアする

暖かい飲み物とごはんを海の上で食す

meikeimaruのボートノウハウ

海の上で食事するときに「熱い湯」が欲しいです。飲み物もカップ麺も自由になります。おまけにご飯が炊けたらこんなに良いことはないですね。この際の湯沸かしや炊飯は、ガソリン燃料満載のボート上では、電気が求められます。

その電源は、12Vのバッテリーとなり、発電はすべて船外機エンジンが担っています。ガソリンエンジンにとって、電気は大事で、エンジン用のスターティングバッテリー(右舷バッテリーストレージ)と、その他の電源用のハウスユースバッテリー(左舷ストレージ)を分けて搭載して、配線も独立させました。

GPS、魚探、無線に照明等々を使用していますが、食事の楽しみ用に湯沸かしと炊飯というようなことも、この電源から供給を受けています。照明がハロゲン灯からLEDに進化した現在では、湯沸かしと炊飯というのは飛びぬけて電力が必要な機器です。それでも、これをうまく利用すると、船内で楽しい時間を過ごすことができます。

ハウスユース専用バッテリー80A×2並列

ハウスユース専用バッテリー80A×2並列

バッテリー電源での炊飯と湯沸かし

 電力供給ができるか

炊飯器は、100V電源で、消費電力は210Wですから、DCACインバーターで賄えそうです。

210W÷12V=17.5A 電圧変換効率のロスを考えても最大20Aでしょうから、バッテリーで何とか可能です。私のエンジンは、YAMAHA F115Aなので、オルタネーターの発電量は28Aしかありません。最大28Aのオルタネーター発電量では、アイドリング回転など低回転では不足になり、バッテリーからの持ち出しになりますが、1回や2回の炊飯ならばOKです。

エンジンの発電量は、それなりの回転数で最大値を作っていますので、アイドリング程度では発電量は少なく、エンジン自身も10Aくらいは電気を使いますが、おいしいご飯のためにバッテリーに頑張ってもらいます。

スターティングバッテリー(エンジン+標準装備の電装品)が105A×1と、ハウスユースバッテリー(後付けの電装品すべて)が80A×2=160A、運用は可能です。もしもハウスユースバッテリーが空になっても、別系統のエンジン用があるので、始動から航行に支障はありません。

エンジンの発電量が小さいのがウイークポイントで、使い過ぎれば当然じり貧傾向ですが、エンジン始動前の電圧確認で、12.5Vを下回ることはありませんし、エンジン始動中は13.5V以上を維持しています。持ち出しに使った電力は、帰路の高回転でかなり充電ができているのでしょう。シーズン中のメンテナンス作業の日やマリーナ滞在で、必要あれば充電をしていますが、それほどナーバスに考えるほどではなさそうです。

 炊飯器

ボートで釣りをしていると、揺れる船内で絶えず身体のバランスをとっているので、全身運動を続けているからでしょうか、とても、お腹が空きます。夜明けに出航して、ポイントまでの時間に朝ご飯。たいがいはパンかおにぎり。家で用意したり、コンビニですが、9時にはお腹が減って、カップヌードルの小さいのを食べてしまいます。そして、お昼前にはランチタイム。これまでは、コンビニ弁当でしたが、何か面白くなく・・・。

そこで見つけたのが、この炊飯器コイズミライスクッカーミニ。

小型炊飯器

小型炊飯器20分で炊ける

この炊飯器最大で1.5合まで炊け、熱々のご飯が毎回食べれます。0.5-0.7合くらいしか食べませんが、無洗米と水を入れてタイマーセットしておけば、炊飯器ができたよと呼んでくれます。

byPixabay

タマゴ大好きの私は、好物の卵かけ御飯でして、あとは何か適当なおかずがあれば十分です。まあ、コンビニ弁当を買って来て食べるよりは手間がかかりますが、これもボートでの海遊びのひとつです。釣れても釣れなくても楽しいランチタイムになりました。

この炊飯器、なかなかのおすすめの一品で、私の稼働率は高いです。しかし、真夏はさすがにその気にならず、家でおにぎりを作り冷蔵庫で冷やしたおにぎりや、素麺か冷やしうどんでした。これはこれで、夏の対策に抜群です。

 湯沸かし

商品名は「ワクヨさん」と言います。

湯沸かし「ワクヨさん」

湯沸かし「ワクヨさん」

12V電源で、110W 8.5Aですから余裕があります。最大400ccのお湯が20分くらいで沸騰します。カップヌードルの普通サイズならば1人前、ミニサイズならば2人前のお湯の量ですし、コーヒーやみそ汁程度の量ならばすぐに湧きます。お湯が手に入れば、様々な使い方ができますので、重宝します。本体を固定するホルダーが付いていますので、湯沸かしの際の固定方法も簡単で、航行中に使用ができます。

元々、車での使用に作られたものなので、シガーソケットの利用で普通にお湯を沸かすことができる設計です。11月に入ると、朝のうちは結構寒さを感じるもので、朝のコーヒーや朝食にカップヌードルにみそ汁は、温かいありがたさを感じます。おすすめです。

byPixabay

大型のボートやキャンピングカーなどでは、当たり前の装備ですが、小型ボートでは、これでも立派な装備です。本音は、電子レンジが使用できると一番なのですが、電子レンジの電源供給となると、もっと大きなボートのエンジン発電量が必要ですし、meikeimaru でとなると、中型の発電機を別途備える必要が出ますので、これは少々難しく、できる範囲での楽しみをしています。

通常のバッテリー1個ですべてをとなると不安が出ますが、バッテリを1個の増設をして、DCACインバーター300Wクラスで可能です。湯沸かしならば、シガーソケットがあれば車と同様に可能です。ただし、電気使用容量を確認して、使い過ぎにはお気を付けください。また、電気機器増設の際は、電源ケーブルの容量だけは気を付けてくださいますようお願いいたします。

今釣れている旬の魚の実釣記録です。狙った潮で釣った胸のすく釣り、まぐれで嬉しい釣り、実力の貧果まで、来年の今日のための実釣記録です。99.9%ひとり気ままに午前中だけの釣りですが、おいしい魚の釣りものを参考にどうぞ。
meikeimaru の失敗から生まれた推論と実戦のノウハウ集です。ボート釣りでの仕掛けやタックル、釣り方など、実釣記録に基づく活きた内容として、情報提供をします。播磨灘で培った私のノウハウですが、参考にしてください。
meikeimaru のボートノウハウとメンテナンス ボートの操船や維持のノウハウや、艇体や船外機エンジンのオイル交換、グリスアップ、定期交換部品などのメンテナンス方法や作業手順をわかりやすくまとめています。