家島諸島男鹿島へタイ狙いのボート釣り

シェアする

小タイの数釣りの期待、潮が想うより動かず苦戦

 meikeimaru のボートで狙う明石沖の釣りログ

タイのこの色合いはとてもきれい

タイのこの色合いはとてもきれい

meikeimaruのボート釣り。ターゲットは、「タイを釣りたい」です。

密を避け、外出もできるようになり、ひとりぼっちのボート釣りは海の上でウイルスも来ないでしょう。そこで、先日のタコのように大きな期待を持って、タイを狙いに男鹿島に行くものの、潮が動かず苦戦。時合い到来もないままにだらだらと時間が過ぎて、おしまいの時間になってしまいました。なんとか、30cmを2匹確保できたものの次回期待のタイ釣りでした。

釣りの記録なので、苦戦も記していきます。

 目次

○ 釣り概況
○ 最初の1匹
○ 時合い、だったのかな
○ この釣りのチェックポイント
○ あとがき

 釣り概況

 2020年5月29日(金)小潮 満潮 4:10 干潮11:07(家島)

 明石海峡転流 11:01 最速 東流 6:57 2.8kt

 海況:波穏やか 水温19.1℃

 釣行(釣り開始終了)時間 出航5:30 6:30-9:30

 釣果 タイ 30cmクラスの2匹

 仕掛け タイサビキ仕掛け ラインPE1号、リーダー6号、オモリ30号

 サオ:M200 リール:両軸タイプ100PG

2匹で本日は終わってしまいました

2匹で本日は終わってしまいました

meikeimaru のタイ釣りサビキ仕掛け

meikeimaru のタイ釣りサビキ仕掛け

調査釣行を1回しましたが、同様の内容ですね。随分とご無沙汰な男鹿島周辺です。タイが食って来る潮がつかみきれませんので、こうやって苦戦をしてしまいます。明け方に満潮になり、そこからの下げ潮は良いはずなんですが、今日は潮が動かなかったと言い訳。

 ホッとする最初の一匹

最初の1匹目はまあ順調でしたが、この後に苦戦が待つ

最初の1匹目はまあ順調でしたが、この後に苦戦が待つ

上島方向に流れる下げ潮が、ゆっくりと流れています。しかし、さほど強くない北風に押されて反対方向にボートは流れます。後進をかけながら船位を保ち、40-50m水深の変化ある場所を見ていきます。魚探反応は、魚はみんな底にいます。これでは食ってきません。食い気が出れば浮いてくるはずです。

約1時間は、海の中から何の手ごたえがなかったですが、魚探には中層に反応が出てきました。そうすると、タイ独特のアタリ、グングンと嬉しい動きを知らせてきました。

30cmクラスのタイです。メバルなら尺あれば大喜びですが……。

 時合い、だったかな

8時過ぎの下げの六分から七分くらい時合いどころで、2匹目が食ってきました。同様のサイズ、小さいサイズながらも数が出れば、おいしい食べごろです。

その後、魚探反応の良いカケアガリで、2回ほどアタリが出るもののハリがかりせず、悔しい思いが続いたところから、様子が変わり始め、タイはどこかへ消えてしまいました。今日のはっきりしない潮の流れだと、8時半頃が時合いだったのかもしれません。ほんの僅かな間でした。

9時半まで、カケアガリを釣り続けましたが反応はなく、これよりはさらに潮が緩くなるので、切りよく沖上がりにしました。

仲良くイケスを泳ぐ

仲良くイケスを泳ぐ

 この釣りのチェックポイント

海の魚は潮で食い気、いわゆる活性が変化します。特にタイは、その傾向が強く時合い到来にならないと食いません。

ボート釣りの場合は、絶えず魚探反応を見極めていく方法です。

ポイントに入って、しつこく待ち構える根気が必要で、マキエを聞かせてのエサ釣りとは違うので、サビキ仕掛けに食ってくる時合いを待ちます。

本日のサビキ仕掛けの全長は11mと長い仕掛けですが、食って来たハリは上の方です。それだけ食い気が出る時は、上ずってきますので長い仕掛けで広くタナを探ります。これは、肝です。

長いサビキ仕掛けにマグネットは必須

長いサビキ仕掛けにマグネットは必須

 あとがき

調査釣行と同じようなものになってしまいました。

飛び切り上等の快晴でした。来週は、もう6月です。鮎師が心躍る季節ですね。海もいよいよです。6月初旬はタコ狙いの潮ですが、その前に小ダイの数釣りが一区切りをしたのですが、元々下手くそなタイ釣りで、昨年はタコと青物に没頭していたので、久しぶりの釣りは勝手が違います。

2匹ではお腹がいっぱいにならないので、狙います。

今釣れている旬の魚の実釣記録です。狙った潮で釣った胸のすく釣り、まぐれで嬉しい釣り、実力の貧果まで、来年の今日のための実釣記録です。99.9%ひとり気ままに午前中だけの釣りですが、おいしい魚の釣りものを参考にどうぞ。
meikeimaru の失敗から生まれた推論と実戦のノウハウ集です。ボート釣りでの仕掛けやタックル、釣り方など、実釣記録に基づく活きた内容として、情報提供をします。播磨灘で培った私のノウハウですが、参考にしてください。
meikeimaru のボートノウハウとメンテナンス ボートの操船や維持のノウハウや、艇体や船外機エンジンのオイル交換、グリスアップ、定期交換部品などのメンテナンス方法や作業手順をわかりやすくまとめています。