ボート釣り 家島諸島上島北のハマチ落とし込み釣り

シェアする

潮が効いて活性が上がり、朝の時間でハマチを釣る

 meikeimaru のボートで狙う播磨灘の釣りログ

ハマチ大です。標準的な体形で、パワフルです

ハマチ大です。標準的な体形で、パワフルです

meikeimaruのボート釣り。ターゲットは、「ハマチの落とし込み釣り」

猛暑の今夏。朝の涼しい時間帯の潮で青物を狙い、ハマチとツバスをイワシの落とし込み釣りで釣り、暑くなる前に沖上がり。イワシの群れに、ハマチとツバスが付いていて、しばらくは狙えそうな釣況です。

○ 釣り概況
〇 朝の潮で青物を狙う
〇 先日とは違う群れの様子
○ あとがき

 釣り概況

 2020年8月19日(水) 大潮 満潮 8:56 干潮 4:18(高砂)

 明石海峡転流 10:24 最速 西流 7:56 3.4kt

 海況:波穏やか 水温 26.0℃

 釣行(釣り開始終了)時間 出航6:00 6:30-9:00

 釣果 50-55cmサイズハマチ×3匹
    34cmサイズツバス× 2匹

 フルソリッドロッド MHタイプ PE1.2号 リーダー6号

 落とし込み仕掛け ハリス8号

ハマチとツバス おいしい釣果に恵まれました

ハマチとツバス おいしい釣果に恵まれました

家島諸島上島周辺のイワシの群れを探し、朝の時間帯の上げ潮で青物狙いの落とし込み釣りです。イワシの群れについて食欲旺盛な青物狙いは、落とし込み釣りが効果的なようです。まずイワシがサビキ仕掛けを食ってきて、そのイワシをハマチが食ってくるという合理的な釣りで、とにかく面白い釣りです。朝の潮で釣って、暑くなる前に沖上がりができる釣果に恵まれました。

 朝の潮で青物を狙う

9時には潮が緩むはずですので、それまでが狙いどころです。6:30釣り開始。水深20-22mくらいのポイントですが、朝寝坊のイワシは群れを形成していません。青物もいるものの、底層をうろついています。

しばらくすると、イワシの群れが動き、青物も中層集餌を始め、いよいよ時合いが来ました。

最初のイワシに食いついてきたのは、これはでかい。止まらない。イワシを食ってパワフルなハマチはメジロ並みに引くのですが、これは本物のメジロ。根回りで絡むのが嫌で、強引に止めたらバレました。ちょっと残念。7号ハリスで無理するとこうなるかと、8号ハリスに変更。

イワシがついて、プルプルとしているのが暴れ出し、その後、青物が食いついてきて、頭を振って飲み込み、走り始めグイーンと穂先が突っ込むというようなシーンが、手に取るようにわかるサオの動きと手応えが、落とし込み釣りのおもしろさです。

ハマチとツバスの混合の群れのようです。交互に食ってきて、釣果が増えます。8時半に潮の流れが緩くなり、イワシの群れが見えにくくなり、探し回るものの移動したようです。彼らもプランクトンを捕食するので、潮が緩むと消えます。

9時前、どうやら時合いは過ぎたようですし、ハマチ3匹のツバス2匹で、十分なおいしい肴が手に入りましたので、これで沖上がりです。

ハマチは、なかなかのファイターです

ハマチは、なかなかのファイターです

ハマチも大きな玉網の方が取り込みやすいです

ハマチも大きな玉網の方が取り込みやすいです

 先日とは違う群れの様子

先日、2週前にここでハマチを釣りましたが、体長は同様なものの体高が違います。太ってなく、普通のハマチ大です。50cm後半のサイズですから立派なものですが、あの太ったボリューム感がないので、別の群れですね。ここで、たらふく食べると移動するのでしょうか。

いずれにしても、イワシが回遊している間は、とっかえひっかえ青物の群れも回遊するいうことでしょう。潮に乗って泳いでいけば、彼らなら明石海峡まで1時間とかからないので、いろいろ巡るのかもしれません。近場のポイントですから、しばらくは、どんな具合か様子を見れるでしょう。

ツバスはコンテナイケスで元気に泳ぎます

ツバスはコンテナイケスで元気に泳ぎます

合理的な落とし込み仕掛け イワシが食ってハマチが食う

合理的な落とし込み仕掛け イワシが食ってハマチが食う

 あとがき

このポイントは、ホームポートから近く、ここでこのクラスが釣れると、鹿の瀬方面まで足を伸ばす必要もなく、航行時間も短く早く、おまけに燃料も少なくて済み、理想の釣り場です。

不思議なことに同様にイワシを食っていながら、ジグに強い反応を示さないのも鹿の瀬と違います。水深やタナの違い、また潮の流れが大きく違いますので、釣り場ごとの釣り方が必要なようです。小アジの群れが、岸寄りに集まってくると、のませ釣りやチョクリ釣りで、ボートを出してすぐ、目の前のポイントで青物が釣れるようになってきます。さすがにブリとなると、カンタマなど鹿の瀬周辺ポイントになりますが、しばらくは周辺で楽しめ、うまい肴が手に入ります。

ぜひ、皆さんも美味しい魚を狙ってください。

HOME

今釣れている旬の魚の実釣記録です。狙った潮で釣った胸のすく釣り、まぐれで嬉しい釣り、実力の貧果まで、来年の今日のための実釣記録です。99.9%ひとり気ままに午前中だけの釣りですが、おいしい魚の釣りものを参考にどうぞ。
meikeimaru の失敗から生まれた推論と実戦のノウハウ集です。ボート釣りでの仕掛けやタックル、釣り方など、実釣記録に基づく活きた内容として、情報提供をします。播磨灘で培った私のノウハウですが、参考にしてください。
meikeimaru のボートノウハウとメンテナンス ボートの操船や維持のノウハウや、艇体や船外機エンジンのオイル交換、グリスアップ、定期交換部品などのメンテナンス方法や作業手順をわかりやすくまとめています。