ボート釣りでタコと小鯛のダブルゲームは楽しい

シェアする

違う時合いを狙って、タコゲームと小鯛釣り

 meikeimaru のボートで狙う明石沖の釣りログ 

しっかりと重いタコがそろうポイント

しっかりと重いタコがそろうポイント

meikeimaruのボート釣り。ターゲットは、「明石タコと家島の小鯛」

明石二見沖で、朝の満潮前のタコを狙い型物連発を釣り、潮止まりで家島諸島男鹿島に移動して、下げ六分の時合いで小鯛釣り。ふたつの時合いで、梅雨の晴れ間にダブルゲームを楽しみました。

本格的な鯛釣り師には、笑われそうな小鯛の連発ですが、稀に来る大きさ以外は小鯛に遊ばれています。ゲーム感覚で釣って、おいしく食べてです。きょうは、タコとタイの狙いです。

 目次

○ 釣り概況
○ 型物のタコを狙いポイント変更
○ 男鹿島で小鯛を狙う
○ 狙う時合いでダブルゲーム
○ あとがき

 釣り概況

 2020年6月20日(土) 大潮

 満潮 5:40 干潮 14:38 (二見) 満潮 7:57 干潮 15:19 (家島)

 明石海峡転流 9:31 最速 西流 7:17 2.4kt

 海況:波穏やか 水温 22.7℃

 釣行(釣り開始終了)時間 出航 5:30 6:00-12:00

 釣果 タコ 1.8KG-300g 12ハイ 小鯛 25cm以下 計 4匹+おまけ

明石タコの獲物、1.8kg-300gまでそろいました

明石タコの獲物、1.8kg-300gまでそろいました

小鯛なれどおいしいおみやげ、このチョクリゲームも面白い

小鯛なれどおいしいおみやげ、このチョクリゲームも面白い

meikeimaruのタコゲーム仕掛け図

meikeimaruのタコゲーム仕掛け図

meikeimaruのタイチョクリ仕掛け図

meikeimaruのタイチョクリ仕掛け図

今日の課題はふたつ。6月はちびっこタコが増えるものの、どこかに潜んでいる型物を釣りたい。その後、男鹿島へ移動して小鯛をおみやげに加えたい。この欲張りスタイルでの釣行です。

タコは、2KGには満たないものの1.8kgの型物に1kg前後クラスが4ハイと型物がそろい、2時間弱で満足するずっしり釣果でした。

 型物のタコを狙いポイント変更

順調な2020年シーズン。それでも6月となるとちびっこタコがたくさん出てきます。いつのお気に入りポイントもチビッ子がたくさんいます。カンタマ方面の水深がある釣り場は型物もそろうのでしょうが、二見沖で狙いたい。いつもの寄神沖ですが、神戸製鋼に寄ったポイントへ入り、これが大正解で型物がそろいました。

水深18mのポイント。朝の北風で釣りづらいながらも、来ます来ます、800-1kg超が出ます。さらに、久しぶりのずっしり感で1.8KGの型物が出て、満足の釣果です。小さいのでも300gはあり、リリースサイズ皆無で上々のポイントです。

今日も絶好調の白色系コンビのタコエギですが、秘密兵器のグロー系ワームを集寄替わりに使いました。ケミホタルとグローワームが怪しげに発光してタコを誘ったのか真偽はわかりませんが、短時間勝負の本日絶好調は怪しげの発光体の効果か?例のタコホイホイが12ハイで満タンです。次回も使ってみます。

8時に男鹿島目指して、移動です。まだ、時合いには間があることでしょうが、1時間近い移動です。

明石タコが良いペースで釣れる

明石タコが良いペースで釣れる

ワームとケミホタルの怪しげな光りに効果が……

ワームとケミホタルの怪しげな光りに効果が……

 男鹿島で小鯛を狙う

いつもの短時間釣行ではなく、今日はダブルゲーム。梅雨の晴れ間に誘われて、タコの釣果に余裕を感じながらタイを待ちます。

満潮が過ぎて下げに入っているものの当分は潮が効いてくるまで、魚探反応の魚は底にいます。浮いて来るまでは釣りになりそうもなく、ここは待ちます。

10時半、初めてのアタリが出ますがハリがかりせず、3回続くと憮然とします。幸運はタコで使い果たしたか。食ってくるのは、小メバルと小ガシラ。でもうまい。

11時前から良い反応が出てきました。25cm前後の小鯛ですが、うまそうに太陽に光っていて、若いタイは本当にきれいです。もう少し前、10時くらいには時合いが来ると思いましたが、今日は後ろ倒しです。これが、難しいところでいつ食い気が出てくる潮かをまだまだ見極めることができないので、じっと待つしかありません。

この釣りは、ある意味ゲーム感覚。チョクリやサビキの仕掛けを動かしているとアタッてきて、それがハリがかりへと導き、面白いです。エサ釣りにはない感覚で楽しめます。

結果、小鯛4匹で短い時合いは終了でしたが、楽しいダブルゲームを終えて、12時に沖上がりです。

タイはきれいな色合いです

タイはきれいな色合いです

 狙う時合いでダブルゲーム

二見沖の潮止まりは、満潮ではなく明石海峡の転流時刻の1時間前。9:31転流なので8時半ごろでしょう。よって、タコゲームの時間帯は6-8時の2時間集中。そして、家島諸島の満潮時刻は7:57、するとタイの時合いは10時から11時かなと考えました。移動時間含めて、ダブルゲームができます。

アジが回ってくれば、朝の時間帯で鹿の瀬でアジを釣り、転進二見沖へ。というパターンや、キスも候補魚です。タコは潮の緩むときが狙い目、他の魚種とダブルゲームが組みやすいです。中アジやタイ(小鯛と言えども)のおみやげは、タコと併せて家族受けバッチシですので、これリコメンドです。

明石タコ、大きく足を広げて威嚇しているのかな

明石タコ、大きく足を広げて威嚇しているのかな

 あとがき

いつもの短時間集中の釣行ではなく、たまにダブルゲームをすると面白いですが、ちょっと疲れた体たらくです。

新しい大きなタコが来ましたので、在庫の冷凍ものを干しました。これで、うまいタコ飯が作れます。シーズン中は、必ず在庫を持っていて、いろいろ料理に使うと便利で楽しい晩ご飯です。

小鯛を蒸し器に並べて、蒸し鯛を作りました。ふっくらとしてとてもおいしい出来栄えです。小鯛ならではの料理で、ちょっと凝りそうです。たこ飯にタコカレー、それに蒸し魚、またマイブームが増えました。

梅雨の晴れ間は、釣りです。

今釣れている旬の魚の実釣記録です。狙った潮で釣った胸のすく釣り、まぐれで嬉しい釣り、実力の貧果まで、来年の今日のための実釣記録です。99.9%ひとり気ままに午前中だけの釣りですが、おいしい魚の釣りものを参考にどうぞ。
meikeimaru の失敗から生まれた推論と実戦のノウハウ集です。ボート釣りでの仕掛けやタックル、釣り方など、実釣記録に基づく活きた内容として、情報提供をします。播磨灘で培った私のノウハウですが、参考にしてください。
meikeimaru のボートノウハウとメンテナンス ボートの操船や維持のノウハウや、艇体や船外機エンジンのオイル交換、グリスアップ、定期交換部品などのメンテナンス方法や作業手順をわかりやすくまとめています。