ファーストエイドキットは釣りにボートに必須アイテム

シェアする

ボートにはファーストエイドキットは常備

 meikeimaruのボートノウハウ

長く釣りをしていると、多かれ少なかれケガをします。もちろん、その程度の差もありますが、まあ痛い目は結構あります。

by Pixabay

 目次

〇 最低限の救急セットの必要性

〇 通販でファーストエイドキットを購入

〇 ボートに最小限常備しておきたいセット

〇 保管場所は、わかるように表示する

何と言っても、釣り場というのは、基本的に足場が悪いです。ボートの上は狭くて揺れる。ひっくり返れば、何かしらのケガにつながることがあります。また、扱うものは、釣り針や刃物があります。これらのうっかりは、あるんですよね。そして、魚の歯、ひれ、エラブタなどなど、魚も怖いものを持っています。

思いがけないことが起きた時の救急セットは、結構大事な持ち物です。

ファーストエイドキット各種

ボートに常備の救急セット

最低限の救急セットの必要性

一番簡単な救急品は、バンドエイド等のキズテープです。これと、きれいなタオルが最低限のレベルですが、いかがでしょうか。

ボートの場合は、陸上と違い船上の搭載品だけで解決をしなくてはなりません。先の救急セットは保険のつもりで必要です。

消毒と止血。傷の大きい小さいにもよりますが、ちょっと切ったのレベルでも、キズテープを持っているかいないかで、その後の釣りに影響します。キズテープもサイズの違いやワイドタイプ、防水タイプと各種ありますが、100円ショップでもいろいろ販売されています。

通販でファーストエイドキットを購入

様々な釣行に使える簡単なファーストエイドキット

最小限のセットでも十分通販で2種類購入しました。赤いケースのは簡単な消毒とキズテープのレベルですが、これでも小型な三角巾や包帯にガーゼ迄セットで、300-400円レベルだったです。小さく心強いです。

大きめの包帯や三角巾も含む救急セット

白十字製救急セット

大きいのは、白十字製のしっかりとした大きめの三角巾や包帯にガーゼ等がセットになっています。これが1000円くらいでしたが、心強い装備品です。

ボートに最小限常備しておきたいセット

 ボートに最低限常備しておきたい救急セット

  • キズテープ(各種)
  • ガーゼ
  • 包帯
  • 三角巾
  • 消毒薬(マキロン)
  • 傷用塗り薬
ボート用として十分な救急セット

meikeimaru の常備

薬以外は、小型の赤いケースのセットでも300円で揃っていますので、これで十分です。通販で手軽に買え、あとはマキロンがあれば、簡単なファーストエイドキットの出来上がりです。

あとは、自前のセットで薬やマキロンを持っています。虫刺されのかゆみ止め「ウナ」は、私の標準装備品です。夏はいるんですよ。ボートの中に。痛いのも嫌ですが、かゆいのも嫌です。

白十字製のセットは、さすがに専門メーカーだけあって、包帯やガーゼに三角巾などが、大きいしっかりした製品がセットになっていますが、こんなものを使う機会がないことが一番です。

保管場所は、わかるように表示する

ファーストエイドキット保管場所

棚に表示をして保管

保管は、すぐに取り出せる場所で、私の場合は、キャビンの上の棚に「FIRST AID KIT」の表示をしています。さっき、置いたものをどこだっけと探す年になってきたので、こういうことも結構大事です。

備えあれば憂いなしです。

by Pixabay

 HOMEへ戻る

今釣れている旬の魚の実釣記録です。狙った潮で釣った胸のすく釣り、まぐれで嬉しい釣り、実力の貧果まで、来年の今日のための実釣記録です。99.9%ひとり気ままに午前中だけの釣りですが、おいしい魚の釣りものを参考にどうぞ。
meikeimaru の失敗から生まれた推論と実戦のノウハウ集です。ボート釣りでの仕掛けやタックル、釣り方など、実釣記録に基づく活きた内容として、情報提供をします。播磨灘で培った私のノウハウですが、参考にしてください。
meikeimaru のボートノウハウとメンテナンス ボートの操船や維持のノウハウや、艇体や船外機エンジンのオイル交換、グリスアップ、定期交換部品などのメンテナンス方法や作業手順をわかりやすくまとめています。