海上の霧にお手上げで、航行不能でリターン

シェアする

 霧にお手上げでした

霧で方向感覚がなくなる

霧で方向感覚がなくなる

早起きをしたものの霧でポイントに進めず釣りができない、残念な一日でした。

雨が上がったら霧が出ました。東播磨港沖までは快適な航行でしたが、こんな感じになってきて、突っ込んだら東西南北左右がわからなくなるほどの霧でした。写真の位置は、まだ周囲が見えるのですが、この先に魔界のような霧があります。海の上に私だけならGPSで進めますが、相手が見えない。この霧の中を急ぎなのか全力で走っている船もいます。信じられないようなことですが、この先の霧にズボーン突っ込んだら周囲が見えなく、方向感覚がなくなり、まさに魔界が存在しています。この時期、春から初夏にかけての海水温がまだ上がりきらないこの時期には、雨がりのように湿度が高くなると、ひどい霧が発生します。

こりゃいけない。Uターンです。Uターンをして霧の無いエリアまで戻るのも怖い。改めて時間をおいて3回突入を試みましたが、霧に前をふさがれ、まるでヘッドライを点灯せず、照明のないトンネルに入り視界を失った感ですが、暗くはなく明るいのに何も見えない幻想的な世界です。退避している場所が少しは晴れてきたと思い、3回試みましたが、とてもとても太刀打ちのできる状況ではありませんでしたので、本日の釣りは断念して、やむなく帰港の途につきました。タコのエリアは、晴れていましたので釣りはできますが、気持ちがダメです。こういう時は、帰るのが一番安全です。

霧の中に入ると完全に方向感覚を失います。GPSがあるので、自分のポジションは理解できますが、向きがわからないのです。キャビンの中は明るく、普通に見えるのですが、窓の外は乳白色に埋め尽くされ、どちらを向いているのか全く見当がつきませんですから、お手上げです。他船のエンジン音が響いてくると、もういけません。航海灯だけでなくあらゆるライトを点灯させて自分の存在をアピールしないわけにはいきません。車で走行中に霧が出るのがありますが、あれも怖いですが、さらに海上の霧は数倍怖いです。

今年これで3回目の霧でUターンです。レーダーが欲しいですね。レーダーがあれば小心者の私はUターン引き返しの時に逃げ出せるとは思いますが、釣りのポイントまで霧の中を行く気にはならなく、霧の中で釣りをするなんて、考えもつきません。

最近のボート用レーダーは、レーダーで得られた画像とGPS地図画像を組み合わされて、非常にわかりやすい設定になっているそうです。見えないものを見る力は、医療からセキュリティーに交通関連、あらゆる分野で進化しているので、未来はどんなことになるのでしょう。

そういうことで、高倉瀬付近で下げ潮に乗じて青物狙いと目論んでいましたが、釣りログのページではなくweblogのページでのこんなぼやきになってしまいました。

今釣れている旬の魚の実釣記録です。狙った潮で釣った胸のすく釣り、まぐれで嬉しい釣り、実力の貧果まで、来年の今日のための実釣記録です。99.9%ひとり気ままに午前中だけの釣りですが、おいしい魚の釣りものを参考にどうぞ。
meikeimaru の失敗から生まれた推論と実戦のノウハウ集です。ボート釣りでの仕掛けやタックル、釣り方など、実釣記録に基づく活きた内容として、情報提供をします。播磨灘で培った私のノウハウですが、参考にしてください。
meikeimaru のボートノウハウとメンテナンス ボートの操船や維持のノウハウや、艇体や船外機エンジンのオイル交換、グリスアップ、定期交換部品などのメンテナンス方法や作業手順をわかりやすくまとめています。