ボート釣りで、タチウオをテンヤ仕掛けで狙う須磨沖

シェアする

大阪湾のタチウオポイント 須磨沖でテンヤ釣り

 meikeimaru ひとり気ままなボートで狙う播磨灘の釣りログ

タチウオはきれいで、朝日に輝く

タチウオはきれいで、朝日に輝く

meikeimaru ひとり気ままなボート釣り。ターゲットは、「須磨沖のタチウオ」

未だ家島諸島男鹿島には、タチウオは現れません。そこで、大阪湾のタチウオを狙いに須磨沖に釣行です。潮と波の翻弄され、片道90分超の航程ですが、季節の魚を釣ったものの、指3本サイズで少々あれッですが、アタリと引きのタチウオの楽しさを味わえました。

明石海峡大橋を越えて、大阪湾に入る久々の航程

明石海峡大橋を越えて、大阪湾に入る久々の航程

○ 釣り概況
○ ホッとする最初の一匹
○ 釣り方いろいろなれど定番スロー巻き
○ あとがき

 釣り概況

 2020年10月26日(月) 長潮 満潮 7:38 干潮 12:42(高砂)

 明石海峡転流 7:28 最速 東流 10:21 2.7kt

 海況:波穏やか 水温 22.0℃

 釣行(釣り開始終了)時間 出航 5:40 7:20-10:00

 釣果 タチウオ F3×8

 仕掛け テンヤ仕掛け ラインPE 2.0号、リーダー8号、テンヤ40号
 サオ:フルソリ Hタイプ リール:電動400番

タチウオの釣果、F3なれど嬉しいおいしい肴

タチウオの釣果、F3なれど嬉しいおいしい肴

目標15匹に、少々下手っぴで、2年ぶりのタチウオ狙いでエサの分量がわからず、エサ切れを起こしました。最近、生エサを使う釣りが少なく、こういう結果を招きましたし、何とも体たらくです。しかし、2時間半の釣りを楽しく過ごせました。8匹あれば、細いながらも塩焼きにソテーと楽しめます。秋晴れの海で良い釣りができました。

おっかない口に、意外にかわいらしい目

おっかない口に、意外にかわいらしい目

 ホッとする最初の一匹

夜明け前、暁闇の海を東へ大阪湾を目指します。明石海峡の潮波に翻弄されましたが、ここへ来ると、タチウオが釣れると思うと、ワクワクしてきます。

大阪湾のタチウオの寄り場、すり鉢状になった不思議なポイントです。水深は80-100mと深く、私は電動リール必須です。

タチウオテンヤ40号にイワシをつけ、90mの海底に沈め、すぐに巻き上げです。アクションいろいろですが、基本はゆっくりとタナを探しながら巻き上げます。電動リールを超スローで動かしていくと、水深80mでアタリ。穂先を引き込みます。さて、このアワセのタイミング、どうするかと悩みながらも、穂先が大きく入ったところで、グイッとアワセ、重みが乗った。気持ち良く重たい引きを見せたのは、いわゆる指3本サイズ。2年ぶりのタチウオが、とてもうれしい。

歯に気をつけないと、ひどい目に遭います

歯に気をつけないと、ひどい目に遭います

ゆったりと流れる下げの潮で流し、のんびりと探っていき、順調に釣果が出ると嬉しくなります。サイズって選べないですから、こんなところですが、1匹ずつが価値観あります。

乗合船で竿頭は30匹以上ですが、どうやら現状は、のんびり屋の私でも3時間で10匹位のペースでしょう。本日の釣果は、晩ご飯と肴に3日は楽しめ、満足です。

今日の大失敗。釣具店でエサの冷凍イワシを2パック買いましたが、エサ切れをしてしまいました。使用量がわかっていなく、久しぶりの狙いで誤算です。まあ、10時まで釣りましたので、帰路の航程考えれば昼前後に帰港はこんなところかもしれません。もう30分釣って10匹にしたかったですが……。

エサ切れまで、順調でした。心が折れるような喰い気がなくなったような隙間ができずに、ワクワクと釣りができました。通常深くても50m前後で釣っていると、100m近い水深は随分遠い海底という感覚です。仕掛けの上げ下ろしで倍の時間かかります。電動リールだからまだしも、ジギングはとても私にはとんでもないです。でも、ジギングのタチウオ、面白いでしょうね。

このイワシを狙って、喰いに来たところをかけます

このイワシを狙って、喰いに来たところをかけます

 釣り方いろいろなれど定番スロー巻き

釣り番組で様々な技法が言われますが、素人の私は「超スロー定速巻き」が基本です。

着底前にサミングをして、確実に着底を確認、ゆっくりと超スローで巻きます。電動リールの速度「4」です。手巻きならば、1/4回転毎秒でしょう。

今日は、ほぼ80-70mの間でゴツゴツとアタリました。グイーンと持って行くようなアタリならば、はっきりわかるもののアワセのタイミングは、悩ましいです。大概は、グングングーンと大きくなったところでアワセを入れています。これでかからなければ、再度15m位落とし直します。これでアタリが出なければ、エサがないので回収。このやり取りを楽しむのがタチウオ釣りで、没頭します。

「超スロー定速巻き」が基本は、間違いないでしょう。

今回、食い込みの抵抗感を少なくさせたく「フルソリッドロッド」を使用しました。抵抗感がなくなり食い込みは良いのでしょうが、デメリットの手感度が少なく、コツコツと来るのがわかりにくくなりました。食い込みやバラシは確実に良いとしても、手感度を犠牲にするのは問題ありで、次回は、チューブラータイプを使うでしょう。

テンヤは、40-50号 ケミホタルに短いワイヤーは効果的

テンヤは、40-50号 ケミホタルに短いワイヤーは効果的

水深90mではしませんが、ジギングもやったった感が抜群の釣りでしょう

水深90mではしませんが、ジギングもやったった感が抜群の釣りでしょう

 あとがき

タチウオテンヤ釣りは、ワクワクする釣りですね。釣り人が騙されている感覚になりそうです。それだけ面白いからでしょう。

お気に入りの家島諸島男鹿島に未だ姿を見せないタチウオ。昨年同様に、今年も来ないのか、それとも遅れているだけか。須磨まで、明石海峡の周辺から潮波引き波が強いと、往復3時間半の航程は、これだけでパワー使います。静かな男鹿島で釣りたい。

今釣れている旬の魚の実釣記録です。狙った潮で釣った胸のすく釣り、まぐれで嬉しい釣り、実力の貧果まで、来年の今日のための実釣記録です。99.9%ひとり気ままに午前中だけの釣りですが、おいしい魚の釣りものを参考にどうぞ。
meikeimaru の失敗から生まれた推論と実戦のノウハウ集です。ボート釣りでの仕掛けやタックル、釣り方など、実釣記録に基づく活きた内容として、情報提供をします。播磨灘で培った私のノウハウですが、参考にしてください。
meikeimaru のボートノウハウとメンテナンス ボートの操船や維持のノウハウや、艇体や船外機エンジンのオイル交換、グリスアップ、定期交換部品などのメンテナンス方法や作業手順をわかりやすくまとめています。