ボートでジギング 明石沖で忘れ物のメジロを狙う

シェアする

朝の時合いでメジロをジギングで釣る

 meikeimaru ひとり気ままなボートで狙う播磨灘の釣りログ

メジロを玉網に入れて、ホッとする嬉しさ

メジロを玉網に入れて、ホッとする嬉しさ

meikeimaru ひとり気ままなボート釣り。ターゲットは、「ジギングで明石沖でメジロ」
昨日10/18は久しぶりのジギング釣行。釣果は何とか作れましたが、メジロが釣れずに不完全燃焼でした。本日、2時間釣行で9時沖上がりを目標に、昨日釣り忘れたメジロを釣りたく、出航しました。

○ 釣り概況

○ 活性は低いがメジロが喰った

○ 潮速すぎる流れか、ベイトが消えた

○ あとがき

 釣り概況

 2020年10月19日(月) 中潮 満潮 11:22 干潮 4:57 (高砂)

 明石海峡転流 6:01 最速 西流 9:21 6.8kt

 海況:波穏やか 水温 22.6℃

 釣行(釣り開始終了)時間 出航6:00 7:20-9:30

 釣果 メジロ68cm×1

 ジギング ラインPE 2号、リーダー 8号、ジグ160g
 ロッド 2号ライン用ミディアムタイプ

メジロが1匹なれど、狙って釣った太ったうまそうな肴

メジロが1匹なれど、狙って釣った太ったうまそうな肴

昨日は、船数が多くてあまりにもエンジン音と魚探の超音波で騒々しく、活性が低かったのかと思いましたが、今日も朝の時合いに入ったものの、活性の高い感じは受けません。潮が効いてくれば、多少のハマチのモジリも見えるのですが、スイッチが入らないようで、少し早めのジグアクションを入れて、緩急の動きで期待のメジロが喰ってきました。

 活性は低いがメジロが喰った

夜明け前の6時出航。途中二見港周辺の小アジの状況を見つつ、昨日と同じポイントの明石沖カンタマを目指します。小アジは、芳しくないようですね。乗合船は、岩屋港に行った模様。

7時過ぎにカンタマに到着。船数も少なく広々していて、期待感十分な海ですが、ここからが長いジギング体操になり、どんどん薄着になります。潮も3ノット以上でボートを流し、十分に効いているのでしょうが、魚の活性がピリッと感じず、ジグに触りにも来ません。水深50-30mのカケアガリを潮筋見ながら流しますが、1時間反応なしです。

ジグは、160gの赤金からスタートして、今はピンクシルバーのお気に入りジグ。

魚探反応にはベイトがしっかりと出ていますが、青物の反応が見えません。まあ、回遊待ちかなと思っていますが、一抹の不安です。8時過ぎに二見界隈の乗合船が、岩屋港から戻ってきました。小アジの確保が容易でないので、ご苦労されているようです。ジギングは、体力勝負ですが、エサの心配がありません。

ジグは、ピンクシルバーに喰った。持つと重い

ジグは、ピンクシルバーに喰った。持つと重い

8時半前、ボトムから2回目のフォール&ジャークでアタリ、ズンッと喰ってきました。重く一気にドラグを鳴らし、走ります。ドラグを締めてもラインを出す力持ちは、メジロです。

これを1匹捕れば、今朝の目標達成です。腕に力を入れて、ロッドを支え、リールのウインチ巻です。ブリならなおさらですが、サオで上げて巻き取ろうとしても、大物は隙をなかなか作らないので巻きが少なく、それより、ドラグがズルズルッと出るくらいで、ベイトリールを巻き続ける方が、距離を縮めやすく、ハンドルを回してドラグが滑っていても、ラインを出されるより多く巻き取っていれば、こちらの勝ちです。ケースバイケースですが、ロッドのバッファとリールのドラグを信じて巻きますが、ブリだと苦労します。

取り込んだのは、68cmの太ったメジロ。狙って釣った満足の1匹です。

ハマチならかわいいが、メジロになるとイケスの中ででかい

ハマチならかわいいが、メジロになるとイケスの中ででかい

 潮速すぎる流れか、ベイトが消えた

その後、しばらくすると、賑やかだった海の中のベイトが消えました。何の反応もなくなり、ガラガラの海の中です。潮の流れが速くなると、ベイトは隠れるか潮の緩いところに移動するのでしょうが、これではどうにもなりません。潮の流れは、ある程度速くないと青物は喰ってきませんが、速すぎるとベイトが消えます。過去にも、明石海峡の潮速最強が、5ノット後半以上になる日は、潮が速い時間帯は釣れにくく、喰わないのではなく、ベイトを追いかけて移動してしまうのでしょう。

魚探反応、ベイトで賑やかだったが、その後消えた。青物の反応はない

魚探反応、ベイトで賑やかだったが、その後消えた。青物の反応はない

やはり、そうでした。乗合船も多くが移動をしています。潮の緩い、淡路島寄りへ行っているのでしょう。

メジロも釣ったし、予定の2時間も過ぎた9時過ぎに、深追いをしないで沖上がりとしました。

 あとがき

ジギングは面白いです。そして、のませ釣りの小アジの確保が容易ではない時でも、タイムロスをしません。朝の潮で狙う短時間勝負は、ジギングの機動性の高さでしょう。それにしても、狙い通りにうまくいき、昨日とで今週の肴には事欠きません。うれしいですね。

潮の流れが速くなければ喰いませんが、速すぎればベイトが移動してしまうので、見極めは大事です。

面白いジギング、是非皆さん狙いましょう。

今釣れている旬の魚の実釣記録です。狙った潮で釣った胸のすく釣り、まぐれで嬉しい釣り、実力の貧果まで、来年の今日のための実釣記録です。99.9%ひとり気ままに午前中だけの釣りですが、おいしい魚の釣りものを参考にどうぞ。
meikeimaru の失敗から生まれた推論と実戦のノウハウ集です。ボート釣りでの仕掛けやタックル、釣り方など、実釣記録に基づく活きた内容として、情報提供をします。播磨灘で培った私のノウハウですが、参考にしてください。
meikeimaru のボートノウハウとメンテナンス ボートの操船や維持のノウハウや、艇体や船外機エンジンのオイル交換、グリスアップ、定期交換部品などのメンテナンス方法や作業手順をわかりやすくまとめています。