ボート釣りで青物を狙うジギング 明石沖で快釣。

シェアする

今シーズン初のボートジギングで、強引を堪能する

 meikeimaru ひとり気ままなボートで狙う播磨灘の釣りログ

フォールでジグのテールで口にしっかりフッキング

フォールでジグのテールで口にしっかりフッキング

meikeimaruのひとり気ままなボート釣り。ターゲットは、「明石沖でジギングのハマチとメジロ」

今シーズン初めてのジギングで、ポイントやタックルと時合いの不安があったものの、過去実績のトレースで釣果に恵まれました。ただし、体力勝負のジギングは、mid60には厳しく10時まで勝負でしたが、十分な食材確保になりました。
ジギングは、やはりおもしろい。

○ 釣り概況

○ 最初の1匹への不安

○ 時合い

〇 釣りのキーポイント

○ あとがき

 釣り概況

 2020年10月2日(金) 大潮 満潮 9:59 干潮 4:13(高砂)

 明石海峡転流 5:35 最速 西流 8:21 4.5kt

 海況:波穏やか 水温 24.2℃

 釣行(釣り開始終了)時間 出航5:30 6:30-10:00

 釣果 メジロ 65-72cm×3 ハマチ42-47cm×7

 仕掛け ジギング ジグ100-150g ラインPE1.5-2.0号、リーダー7-8号

 ロッド:ライトタイプ、ミディアムタイプ
 リール:スピニング4000番 ベイト300番

秋晴れの朝、ジギング初物は予想以上のうれしさ

秋晴れの朝、ジギング初物は予想以上のうれしさ

過去実績の明石沖鹿の瀬北端に近い「カンタマ」。70m以上の水深から一気に20m台のまでのカケアガリが、毎年の実績場。シーズン初期は高倉瀬の東側のシャローが良い場合もあるので、少々不安ながらも10月からはカンタマと決めての狙いです。淡路野島沖方面に乗合船の船団が見えますが、私は今日はここ。

潮が効くと魚の活性は高く、ナブラには程遠いもののモジリは散見でき、その周辺で確実に食ってきます。10時以降も続ければ、まだまだ釣果は増えましたが、ハイ、身体が動きませんでした。

俺の勝ち!

俺の勝ち!

 ホッとする最初の一匹

シーズン最初の狙いは、緊張感に包まれます。落とし込み釣りで青物の姿を十分に見てきましたが、今季初めてのジギングは不安です。

10月中旬までは、高倉瀬の東や南に実績がですが、験の良いカンタマに向かうと、ベイトと青物の魚探反応があります。

魚探反応、ベイトに青物の心躍る海中が見えました

魚探反応、ベイトに青物の心躍る海中が見えました

これは釣れそうだと、6:30釣り開始。40mラインで150gジグを落とし、フォール中心のゆっくりめの動かし方で様子を見ますが、食ってきません。

ライトタックル、ジグ100gシルバーに変更して、船を流す潮筋を微妙に変えながら探っていくと、ジグをからかいにくる違和感が出てきて、次のボトムからのジャークでゴツンと来ました。大事なジギング初物は、レギュラーサイズのハマチです。

なんにせよ、ホッとする最初の1匹で、心の重みが楽になりました。ジグにまとわりつくのでスレですが、食い気が出てきたので、時合いに入るでしょう。

食い気が強く、口にフッキングの確率が高い

食い気が強く、口にフッキングの確率が高い

 時合い

ハマチ連中が、表層のベイトを食べに水面に顔を出すモジリが出始めました。流している潮筋周辺ですから、狙いのポイントは間違えていないようです。

海峡の最速潮流は8:21で、現在7:30。潮の流れは、3ノット弱。時合いで、ここからハマチを5匹連続。おもしろいのなんの。ジグは、軽い100gのシルバーに交換して、フォール主体で食ってきます。

時合いは7:30から10時前の沖上がりまで続いた

時合いは7:30から10時前の沖上がりまで続いた

8時過ぎ、食いが少々止まったと思ったら、ガツンときていきなりバレました。サワラにアシストラインを噛み切られました。これ悔しいんですよね。フックを付け替え、潮上に戻り再開。

イワシをたくさん食べていて、腹がパンパンに膨らんでいるが、まだジグを食う

イワシをたくさん食べていて、腹がパンパンに膨らんでいるが、まだジグを食う

水深50mから流して行くと、ズンと来たのがかなりの抵抗。ハマチ主体と思ってPE1.5号のソフトロッドに4000番のスピニング。良く曲がりおもしろいんですが、持つかなあで、走らせたり巻いたりで70cm前後のメジロ。このメジロが3匹。ライトタックルで取り切りました。

ライトタックルでの潮切れの良い細いラインは、軽いジグを動かせます。メジロが食ってくると賭けですが、これもおもしろさです。

10時前、十分な10匹の釣果に恵まれ、ひとり気ままな私の身体はもう疲労困憊。これで、沖上がり。不安の今季初物は良き釣果に恵まれ秋晴れの楽しい朝でした。

メジロ 良型です。嬉しい一本です。

メジロ 良型です。嬉しい一本です。

 釣りのキーポイント

潮の速い釣り場は、PEラインの太さは重要と考えます。重いジグならば差は小さいでしょうが、軽いジグで食わす時には、細いラインが功を奏します。

 タックルの選択

今回は、最初PE2号で160gのジグから開始しましたが、ロッドを変えて1.5号100gで釣りました。最初のままでも釣れたでしょうが、いろいろ試すのもノウハウですし面白さです。ライトタックルは楽しい釣りになります。

ブリを狙うならば、2号以上を使いますが、まだハマチ主体はライトタックルです。

スピニングのライト、ハード、キャストのタックル

スピニングのライト、ハード、キャストのタックル

 この釣りの面白いところ

ジグアクションがはまると、満足感で面白い。

私は、フォールで食ってくると面白くてたまりません。ジグの重みがフワッと軽くなり、糸ふけを取ってゴツンと来る感覚がまさにゲームです。ここで、ライトタックルだとメジロで、ハードでもブリだと動かないなんて当たり前。

鉛の偽物を食わすおもしろさです。

ジグは、シルバー系80-160gをメインに使用

ジグは、シルバー系80-160gをメインに使用

 あとがき

ジギングは、一本勝負の雰囲気、単純なタックルで釣る醍醐味です。ジグがフワッとなりガツンと来る、またいきなりゴンッなどのアタリは、筋肉がだるくなる体力勝負に栄養を与えてくれます。

いろいろな釣り方で狙える青物ですが、年末まで一番多くの釣行が、ジギングです。
ジギングは痛快に面白く、次の釣行が待ちきれません。

面白いです。是非皆さん狙いましょう。

今釣れている旬の魚の実釣記録です。狙った潮で釣った胸のすく釣り、まぐれで嬉しい釣り、実力の貧果まで、来年の今日のための実釣記録です。99.9%ひとり気ままに午前中だけの釣りですが、おいしい魚の釣りものを参考にどうぞ。
meikeimaru の失敗から生まれた推論と実戦のノウハウ集です。ボート釣りでの仕掛けやタックル、釣り方など、実釣記録に基づく活きた内容として、情報提供をします。播磨灘で培った私のノウハウですが、参考にしてください。
meikeimaru のボートノウハウとメンテナンス ボートの操船や維持のノウハウや、艇体や船外機エンジンのオイル交換、グリスアップ、定期交換部品などのメンテナンス方法や作業手順をわかりやすくまとめています。