電動リールの電源端子をボートに設置

電動リールの電源を常時安定供給させる

 meikeimaru のボートメンテナンス

一気に巻き上げるような、こんなチョクリ釣りには便利な電動リール

一気に巻き上げるような、こんなチョクリ釣りには便利な電動リール

meikeimaru のボートメンテナンス。テーマは、「電動リール電源の設置」

電動リールの電源は、通常専用のバッテリーを使用しますが、重く持ち運びが不便で、充電の必要もあります。電力不足になれば使えません。ボートの電源を使用して、安全に一定の電力供給の電源端子を設置しました。

〇 電動リールの電源
〇 ボートのバッテリーから供給
〇 安全対策
〇 あとがき

 電動リールの電源

meikeimaruで電動リールを使うのは、青物の落とし込み釣り、チョクリ釣り、のませ釣り、タチウオ釣りなどの釣り方に一部使用しています。どちらかというと、喰ってかければ、太仕掛けで一気に上げてしまう釣り方ですね。ルアーは勿論、マダイもマダコも手巻きリールを使用しますので、使用頻度はそう多くはありません。基本的に手巻きリールが好きなんですね。

一般的には、電動リール用のバッテリーを使用されるのが多いのでしょうが、自分用の電源を確保しているマイボートですので、ボートの電気を電源とします。

電源供給には必要な、釣り座の足元に煩わしいバッテリーやケーブルはなくなる

電源供給には必要な、釣り座の足元に煩わしいバッテリーやケーブルはなくなる

 ボートのバッテリーから供給

以前は、シガーソケットを電源として、電動リールのワニ口クリップを経て接続していました。使用頻度がそうは多くなく、この程度のことでした。しかし、使い勝手も悪かったので、今回、作り変えました。

使用しないときはこんな感じです。 汎用のシガーソケットを取付

使用しないときはこんな感じです。 汎用のシガーソケットを取付

2個のBOXを使用して、右BOXがサブバッテリーから配電盤へのターミナルから給電され、ヒューズやらスイッチを兼ねたブレーカーが入っています。設置場所は、右舷のバッテリーロッカーの中ですので、通常の釣り座にも、サブバッテリーにも直近です。

左BOXが、電動リールの電源ケーブルのワニ口クリップを取り付ける端子で、使用しない期間が長いので、ふたができるようにしています。電源端子には、無酸素銅の圧着端子を流用しました。

左BOXのふたを開ければ、電源端子が現れる

左BOXのふたを開ければ、電源端子が現れる

ここからリールのケーブルは、ハッチの外の釣り座に最短で向かう便利な位置です。

ボートパーツで電動リール用埋込電源ボックスというのがありますが、今回の左BOXだけのことで5000円以上です。前作は見栄えも悪かったですが、ハンドメイドで大幅にコストダウンできれいに完成しました。

右BOXの電源は、ソケットを1個取付、他にも流用できる汎用性が持たせて、今後も何かの給電元にできます。

電源端子にワニ口クリップを取り付ければ、準備OK

電源端子にワニ口クリップを取り付ければ、準備OK

 安全対策

電動リールは、電子ブレーカー内臓で回路保護をしていますので、本体の心配はありませんが、電源ケーブルでのショート対処の必要があります。

原則的に濡れる電源ケーブルですから、電気ショートの可能性が考慮することは必要で、電源ケーブルの接続先で、電気遮断ができるようにします。

従来の電源もヒューズを設置しましたが、今回も右BOXに10Aのヒューズを+-配線に設置しています。同時に、電源スイッチを兼ねてブレーカーを設置しましたので、サブバッテリーの電気経路に影響を及ぼすことはないでしょう。

電動リールの電源ショートで、周辺機器の電源に影響を作るリスクを避けます。

右舷船尾のバッテリーロッカーからケーブルを出す。釣り座の直近

右舷船尾のバッテリーロッカーからケーブルを出す。釣り座の直近

 あとがき

テストはしたものの使用するのは、8月の青物落とし込み釣りからですから、まだまだ先のことです。便利なアイテムをしっかりと製作できました。

元来、ライトタックルで手巻きリールのドラグ音と、そのやり取りが好きなので、電動リールは未だに廉価品を2機種持っているだけで、使用頻度は少ないですが、仕掛け回収の便利さは実感です。

今釣れている旬の魚の実釣記録です。狙った潮で釣った胸のすく釣り、まぐれで嬉しい釣り、実力の貧果まで、来年の今日のための実釣記録です。99.9%ひとり気ままに午前中だけの釣りですが、おいしい魚の釣りものを参考にどうぞ。
meikeimaru の失敗から生まれた推論と実戦のノウハウ集です。ボート釣りでの仕掛けやタックル、釣り方など、実釣記録に基づく活きた内容として、情報提供をします。播磨灘で培った私のノウハウですが、参考にしてください。
meikeimaru のボートノウハウとメンテナンス ボートの操船や維持のノウハウや、艇体や船外機エンジンのオイル交換、グリスアップ、定期交換部品などのメンテナンス方法や作業手順をわかりやすくまとめています。