ブリの若魚。ツバスは晩夏から秋のおいしい魚で、私の好物な肴

シェアする

 meikeimaruの食いしん坊 肴は「若魚ツバス」

おいしいツバスをたくさん食べる

釣りは好きですが、食べるのはもっと好き。だから、食べれる分だけ釣り、時にたくさん釣った時も、確実に全部食べてしまいます。日々食べ続けているようなものですが、今年は台風が大潮のたびに来る夏から秋、魚料理が減っています。好物のタコが終わり、もうひとつの好物の青物の季節だが、冷蔵庫に在庫がまったくありません。

ツバスは、あっさり味がうまい

ツバスは、あっさり味がうまい

食べたいから釣りをしているというところでしょう。だから、ある程度釣ると、早くおいしく食べたいから沖上がりをしてしまいます。ふつう、皆さんまだまだ釣り続ける時間帯でも、そこそこの釣果で帰港です。

ブリは、いわゆる出世魚で、80cm以上に成長するとブリと呼ばれる大物です。

全国で様々な名前で呼ばれますが、ブリだけはブリのようですね。関西では、その下のサイズ60-80cm未満をメジロ。関東のワラサだ。40-60cm未満をハマチ(イナダ)。40cm未満をツバス(ワカシ)と呼びます。

ライトジギングでツバスを釣る

ライトジギングでツバスを釣る

播磨灘で、晩夏から初秋に向けてツバスの群れが、イワシを太平洋から追いかけて回遊してきます。青物シーズンの開幕であり、毎年楽しみにしていて、メーターアップの晩秋のブリが目標の毎シーズンですが、夏のツバスが結構な好物です。
晩秋の脂がたっぷりとのったブリはうまいです。ブリトロはうまい。同じ時期に釣れる、イワシやその子のシラスをたっぷりと食って太ったハマチは、臭みも少なく脂ものりも良く一番うまい。しかし、夏のツバスが、これまたおいしい。あっさりとして臭みもなく、大きくないので調理も速い。それでも、ちゃんとしたブリの若魚のおいしさを持っています。

釣り人の中に、「ツバスなんて」と軽視する人がいます。そんなもんいくらでも釣れるだろうと言います。他人が楽しく狙って釣って、好物の魚なんだからほっといてほしいのですが、サイズが小さいツバスをバカにする人が、意外にいるものです。しかし、そんな人がブリを釣った話は聞かない。

臭みの少ない若魚ツバス

臭みの少ない若魚ツバス

魚をおいしく食べるならば血抜きは必須です。生きている間にエラの一部を切り、そのまま泳がせ失血死をさせます。全部抜け出るわけではないですが、心臓が止まる前にこの作業をしないと、身に血が回りおいしさが減ってしまいます。難しい神経締めなどは、なかなかできませんが、手早くこれで十分です。

次にしっかりと冷やして持ち帰ります。ツバスと言えども、イケスでたくさん泳いでいると壮観なものですが、魚は確実にストレスを大きく受けて変化しているはずですので、おいしく食べるのならば、おいしく食べる作業が必要で、ひとりのボート釣りでも、帰港までにできるところまでしておくと、間違いないです。

ツバスのあっさあり刺身

ツバスのあっさあり刺身

定番は、やはり刺身。1日置いた方が美味いということを聞きますが、これは好みで私は新鮮で光っているのが、暑い季節には最高の御馳走です。わさび醤油、しょうが醤油、それに塩。大葉を切って薬味にして、まあおいしいのがツバスの刺身です。脂っこくないので、ビールにぴったりの肴になります。

ツバス丼

ツバス丼

これをごはんに乗せて、わさび醤油をかけまわしたツバス丼。腹いっぱいに食べてしまうのが、大きな問題点。このごはんを寿司飯にすると、また違った味わい。酢の味わいが違う丼になります。

オリーブオイルとニンニクを効かせたソテー。白身の魚のようにきれいに見えないのが難点ですが、食味は申し分なしです。

ツバスの干し物は絶品

ツバスの干し物は絶品

そして、絶品は干し物。三枚おろしの切り身に塩を振り、この季節の太陽に一日干す。天日に干すと塩が回り、旨味がギュッと出てきます。あとは、単純に焼くだけ。このまま食べて、素晴らしい肴になるし、お弁当に入れれば、塩味の効いたおいしいおかずになる。小さいと言ってもそれはブリとの相対関係。絶対的な大きさは中型魚だから身も厚いし、食べ応えのある干し物となります。簡単に作れるのが一番。これは、ぜひにもお試しあれ。

潮汁。三枚に下ろした後の背骨で出汁を取り、生姜を効かせた塩味で作るのが好み。脂っこくないツバスが間違いなく一番です。汁を肴にするのが好物ですが、晩ご飯の仕上げには絶品な旨さです。

今年のツバスは、時期が遅れて播磨灘に入ってきています。明石海峡周辺では、早い時期から釣れていましたが播磨灘にこだわる私が釣ったのは、9月になってからでした。台風などの影響で出航可能日が少なく、10月は、台風18号19号の影響と潮回りで2週間以上のご無沙汰をしています。そろそろ、ツバスの群れもハマチサイズに成長してきたところで、食べたいから釣りたい。

 HOMEへ戻る

今釣れている旬の魚の実釣記録です。狙った潮で釣った胸のすく釣り、まぐれで嬉しい釣り、実力の貧果まで、来年の今日のための実釣記録です。99.9%ひとり気ままに午前中だけの釣りですが、おいしい魚の釣りものを参考にどうぞ。
meikeimaru の失敗から生まれた推論と実戦のノウハウ集です。ボート釣りでの仕掛けやタックル、釣り方など、実釣記録に基づく活きた内容として、情報提供をします。播磨灘で培った私のノウハウですが、参考にしてください。
meikeimaru のボートノウハウとメンテナンス ボートの操船や維持のノウハウや、艇体や船外機エンジンのオイル交換、グリスアップ、定期交換部品などのメンテナンス方法や作業手順をわかりやすくまとめています。