晩夏のハマチ料理、脂がのってとてもおいしい

シェアする

meikeimaruの食いしん坊 肴は「ハマチ」

 イワシを食べて大きくなったハマチは、とてもおいしい

ハマチの刺身は定番

ハマチの刺身は定番

前回釣ってきたのは8/14で、このブリ一族は出世魚で、まだ「ツバス」と呼ばれる40cm未満の魚でした。「ひと潮一寸」と言われるように成長の速い魚ですが、そのひと潮14日間が過ぎ、今回釣ったのは、確実に成長をして「ハマチ」と呼ばれる40cmを超えていました。

イワシをたっぷり食べて大きくなってくると、釣る時のパワーは一段上がり面白くなり、食べれば脂がのってさらに旨味が出てきます。刺身で食べる時に、わさび醤油につけると、サーッと脂が広がります。ただし、天然物ですから、その脂分がしつこく感じない旨味として味わえます。

今回のハマチは、いろいろな料理になりました。まあ、家庭料理ですので、見栄えが悪いのが難点ですが、素材が抜群のため、そのうまさは見栄えの悪さを大きくカバーしています。

ハマチの南蛮漬け

ハマチの南蛮漬け

ハマチの素材で料理がたくさん

・定番の刺身
・干物(翌日1日天日干し)
・ムニエル風ガーリック味(粉つけて、オリーブオイルにニンニク片入れて焼く)
・塩焼き
・南蛮漬け(野菜たっぷり)
・骨などアラは、潮汁。

ハマチのムニエル風ガーリック味

ハマチのムニエル風ガーリック味

と、随分とできあがったものですが、生もの以外の大半は翌日に宅急便で娘宅に送られていきました。晩ご飯までに間に合うそうで、細君が朝からパタパタと準備をしていました。さらには、何枚かの半身はお裾分けでした。
随分といたはずのハマチ君も寂しくなってしまいましたが、これで次の釣りへの条件が整いました。

この干し物、簡単で旨味成分120%に変身するなかなかのものです。

ハマチを干す

ハマチを干す

 干し物作り方手順

・豪快に半身、それに塩をまぶす。塩加減は好みで様々です。
・骨付きの2枚か3枚におろすは好み。骨周りは特にうまい。
・お天気の良い日に片側半日ずつの、天日干し。
・干す時に塩により水分が出るので、ザルに乗せる。
・1日干すと縮まりますが、お好みに焼いて、熱々ご飯で食べるととてもうまいです。

ハマチの干し物を焼く

ハマチの干し物を焼く 熱々ごはんにピッタリ

ツバスやハマチの1匹物の干物は贅沢ですが、簡単ですから、ぜひお試しください。何よりもおすすめです。

刺身以外は、皮付きのままです。3枚におろすまでが手間がかかりますが、そこまでできれば難しいものはなく、おいしいものが作れるハマチ料理です。これがブリになると、すごいものです。1m近いブリがキッチンにドカンといる姿は、普通の家庭のキッチンではない光景です。

晩夏から晩秋までは、釣り人冥利のうまい魚がたくさん食べられます。1年で、一番うれしく楽しい時期です。

今釣れている旬の魚の実釣記録です。狙った潮で釣った胸のすく釣り、まぐれで嬉しい釣り、実力の貧果まで、来年の今日のための実釣記録です。99.9%ひとり気ままに午前中だけの釣りですが、おいしい魚の釣りものを参考にどうぞ。
meikeimaru の失敗から生まれた推論と実戦のノウハウ集です。ボート釣りでの仕掛けやタックル、釣り方など、実釣記録に基づく活きた内容として、情報提供をします。播磨灘で培った私のノウハウですが、参考にしてください。
meikeimaru のボートノウハウとメンテナンス ボートの操船や維持のノウハウや、艇体や船外機エンジンのオイル交換、グリスアップ、定期交換部品などのメンテナンス方法や作業手順をわかりやすくまとめています。