アナゴを釣り、シロギスのボート釣りは苦戦 6/25

シェアする

アナゴは順調、シロギスはどこかいな

 meikeimaru のボートで狙う播磨灘の釣りログ

幻のように見えるシロギス

幻のように見えるシロギス

meikeimaruのボート釣り。ターゲットは、「アナゴとシロギス狙い」

とんとご無沙汰の釣りログですが、さぼっていたわけでなく釣れない日々を過ごしていて、スランプはまだ抜けれません。5月末に変と感じ6/1に止めのタコ釣りで、釣況は如何様にも変わっていないようです。6/7にタイを気持ち良く釣った後、スランプに突入です。タイが釣れない。タコは、回復しない様子。では、大きく狙いを転換させて、アナゴを釣った後にシロギスの様子を見に行き、スランプ脱出へと目論んだものの、シロギスはいないんです。

6月は、意外に狙いものに見放される記憶があり、タコ狙いで楽しんでいる月なのですが、そのタコが不調なので、万事休すです。

○ 釣り概況
○ アナゴにシロギスのリレー釣り
○ シロギスの見通し
○ あとがき

 釣り概況

 2021年6月7日(月) 中潮 満潮 8:18 干潮 5:35 (家島)

 明石海峡転流 10:02 最速 西流 8:00 2.6kt

 海況:波穏やか 水温 21.8℃

 釣行(釣り開始終了)時間 出航 6:00 6:30-10:00

 釣果 シロギス ピンサイズ 4匹 アナゴ 40cm超 3匹

シロギスが寂しい釣果 つ抜けは欲しい

シロギスが寂しい釣果 つ抜けは欲しい

手持ちサオで胴付1本ハリのキス仕掛け

手持ちサオで胴付1本ハリのキス仕掛け

目の前のありあわせのリグで作れる、簡単な仕掛けで喰って来るアナゴ

目の前のありあわせのリグで作れる、簡単な仕掛けで喰って来るアナゴ

アナゴは夜のうちに係留場所で釣り、シロギスに望むもスランプは脱出できず。しかし、どこかに出口はあるでしょうし、こういう時にいろいろ考えるのもボート釣りのスキルアップでしょう。

 アナゴにシロギスのリレー釣り

夜釣りはしないが私のボート釣り。暗い海に出航するのは、夜明け前以外は大の苦手でしていませんが、ボートの係留場所ならば航行不要で釣りができます。そこで、スランプの気分転換のアナゴ釣り。アオイソメをエサに目の前で釣れる、アナゴがいれば簡単な釣りです。

出航前の夜中に出かけて、はっきりとわかるアタリと、なかなかの引き味を味わっておいしいのを3匹。久しぶりのおいしいアナゴを手に入れ、満足の番外編です。

元気よくくねくねと泳ぎ回るアナゴ、これがたまらなく美味い

元気よくくねくねと泳ぎ回るアナゴ、これがたまらなく美味い

出航6時、家島諸島の上島周辺の砂地で、キスを狙います。石ゴカイを多用しますが、時期によって細すぎる時があり、アオイソメを今回は使います。エサと一緒に売っている石粉を使うと滑らずハリにさせます。

シロギス釣りのおもしろさの、あのブルルンルンルーンという軽快なアタリを味わいたく、手持ちサオで狙います。ゆっくりとした上げ潮に乗って流しますが、なかなか軽快なアタリが出てきません。ブルンブルン程度は、ガッチョかテテカミです。何年も前ですが、ガッチョも20cmを超える型がそこそこ釣れましたが、キスの低迷と同時に消え、まあ、網漁の影響もあるでしょう。イイダコも消えましたし、海の事情は大きく変化していますね。

やっと来ました、プルルンルン程度ですがシロギスのアタリです。水温も21℃以上になっていますので、元気よくアタリが出る時期なのに、か細いです。そんなシロギスを4匹釣ったとこで潮が止まり始め、ガッチョが来ます。

今日は、残念ながらこれで退散です。下げ潮が効くまで2時間かかるでしょうから、アナゴもあるので、10時過ぎに沖上がりとしました。

寂しいシロギス ガッチョは反省をさせて海に返した

寂しいシロギス ガッチョは反省をさせて海に返した

 シロギスの見通し

これで終わりとはいかなく、ひとつ目の実績場は何かが悪かった、潮か時期かいないのか。ふたつ目の実績場の男鹿島を探って、答えを見つけたいです。小物いじめの感がありますが、ベラが混じるとそれなりに楽しい釣りですし、ホットプレートに並べて一気に焼いて、フーハーしながら食べるのも好きで、私は、「つ抜け」ができれば楽しい釣りなんで、再度狙います。

いろいろな海の事情でシロギスが減ったのは間違いなく、6月は二見から江井島沖で型ものが釣れる時期でしたが、今はタコの禁漁区にウロウロ入ると間違えられるので、これもできません。家島の釣り許可を得ていても、釣り船のように島々の奥深くの釣りは許可されていないので、鞍掛島、男鹿島の周辺小さな島々の網の入らない砂地が良策でしょう。

東端の上島、ここから西が家島諸島の海域で、どこかにシロギスもいるはずだ

東端の上島、ここから西が家島諸島の海域で、どこかにシロギスもいるはずだ

 あとがき

マタイは、産卵期の後で食いが渋い時と聞きましたが、まあそういうことにします。確かに潮の動きで時合いが来るはずが来ないが続きました。そんなことを言っていてもダメで、そろそろ半夏生も近づいたので、タコの様子を見に行き5ハイも釣れれば大喜びでしょう。しかし、シロギスはリベンジ。どこかにいるはずですので、

アナゴは、売り物のような開きはできないですが、3枚におろして白焼きをわさび醤油で頂きました。番外編の夜釣りですが、まだまだ釣りたくなる飛び切りのおいしさでした。

スランプに入ると、数打ちゃ当たるができないひとりのボート釣り、課題は山ほどですが、過去にないスランプ脱出まで勝負どころです。

今釣れている旬の魚の実釣記録です。狙った潮で釣った胸のすく釣り、まぐれで嬉しい釣り、実力の貧果まで、来年の今日のための実釣記録です。99.9%ひとり気ままに午前中だけの釣りですが、おいしい魚の釣りものを参考にどうぞ。
meikeimaru の失敗から生まれた推論と実戦のノウハウ集です。ボート釣りでの仕掛けやタックル、釣り方など、実釣記録に基づく活きた内容として、情報提供をします。播磨灘で培った私のノウハウですが、参考にしてください。
meikeimaru のボートノウハウとメンテナンス ボートの操船や維持のノウハウや、艇体や船外機エンジンのオイル交換、グリスアップ、定期交換部品などのメンテナンス方法や作業手順をわかりやすくまとめています。